ジェットエントリー REERACOEN
週刊ABROADERS
ABROADERSに挑戦
アジア最新情報

【イギリス】アデコのトレンド調査で”スマートワーキング”という働き方が浮上

UPDATE:2015.11.22

【イギリス】アデコのトレンド調査で”スマートワーキング”という働き方が浮上
アデコグループは、2015年のワークトレンド調査の結果を公表しました。カギとなる結果は、職探しや採用プロセスにおいてSNSの役割がどんどん重要なものになっているという事。さらには、”スマートワーキング”と呼ばれるような新しいトレンドも出現し、これまでの企業と従業員の関係の在り方を問い直すものとなっています。
この調査は26か国において3万1千人以上の求職者と4100人以上のリクルーターを対象に行われ、彼らの求職や採用活動におけるソーシャルメディアの利用に関する意見や経験を参考に取り入れたものです。

SNSに関しては、リクルーターにしても求職者にしてもLinkedInがやはり最も使用率が高いという結果となりました。(リクルーター:61% ・求職者:34%)求職者にとっては、より多くのSNSで活動していればいるほどリクルーターからのコンタクトの可能性が増えると言います。1つのSNSで活動しているだけではリクルーターから連絡がくる可能性が16%だったのが、5つSNSを使うだけで46%に増えると言う結果になったのです。

今後の新しいワークスタイルを考える上で、”スマートワーキング”という言葉がカギになってくるという事も明らかになりました。求職者の多くが、そしてリクルーターのほぼ半分がこの”スマートワーキング”という言葉やコンセプトを聞いたことが無いと言いますが、彼らの多くがその働き方に強い興味を示していました。スマートワーキングとは働く場所を自分で選択する(自宅など)という考え方です。この考え方の出現によって、企業と従業員のこれまれの関係の在り方が変わる時もそう遠くないかもしれません。

http://www.onrec.com/news/statistics-and-trends/adecco-work-trends-study-job-seeking-goes-mobile-along-with-the-workplace

Adecco Group, the world’s leading provider of HR solutions, today publishes its 2015 Work Trends Study.

  »
presented by

コメントする

ABROADERSの更新情報をいち早くお届け

ABROADERSの最新情報は、Facebookで随時UP中です。
「いいね!」を押して、最新情報をゲットしよう!