ジェットエントリー REERACOEN
週刊ABROADERS
ABROADERSに挑戦
アジア最新情報

【シンガポール】中国の社長 社員に親孝行を強要

UPDATE:2015.11.22

【シンガポール】中国の社長 社員に親孝行を強要

香港中文大学の今年度の調査は、約80%の社員が彼らの給与の一部を両親に毎月与えていることを明らかにしましたが、広州市のある社長はこの行為を義務的なものにしました。

Guangzhou Daily の記事によると、このビューティーサロンチェーンの社長は給与額の一部を両親に与えることを社員らに義務付けており、既婚社員は彼らの給与の5%を、独身社員は10%を手渡すことが期待されています。さらに、この企業は社員の親に定期的に電話をかけ、彼らが正しい額を受け取っていることを確認しています。

この政策は多くの物議を引き起こしました。親への金銭の授与を雇用主が社員に強要することは理不尽であると多くの人々が考える一方で、このサロンの経営者側は、親孝行は中国の重要な伝統的価値であり、彼らが企業文化に取り入れたい要素でもあるため、それは正当化されると信じています。

興味深いことに、子供に両親の世話を求めるルールを設けたのは、このサロンが初めてではありません。2013年、中国本土は両親のもとへの定期的な訪問を子供に求める法律を追加しており、一方、台湾では両親をサポートしない人々に懲役刑が言い渡される可能性があります。

参考:HumanResources

http://www.humanresourcesonline.net/mainland-boss-helps-employees-show-filial-piety/

  »
presented by

コメントする

ABROADERSの更新情報をいち早くお届け

ABROADERSの最新情報は、Facebookで随時UP中です。
「いいね!」を押して、最新情報をゲットしよう!