2016年のアジア情勢を振り返る、読んでおきたい記事9選

2016.12.30

ABROADERS事務局です。

2016年も残り1日。皆さんにとって、今年はどのような年になりましたか?

今回は、世界重大ニュースに沿って2016年のアジア情勢を振り返ります!

 

3月:ミャンマー軍事政権の崩壊

アウン・サン・スーチー氏とこれからのミャンマー

まさに、ミャンマーは現在大変換期。

過去5年間で変化した点から、今後さらに変化しそうな4つのポイントをお伝えします。

s1

劇的に変化し続ける、ミャンマー。過去5年で変わったこと、5つ

【ミャンマー大変化の予想4選】これから5年でミャンマーのここが変わる!

 

6月:イギリス、EU離脱

移民大国、シンガポールの多様性とは?

日本でも移民政策が検討される中、アジアでいち早く移民大国として急成長してきたシンガポール。

母国が違う人たちと暮らすことの、本当の意味を探ります。

 erisa5_7

シンガポールの「多様性」に2年間どっぷりつかってみて、分かってきたこと

 

10月:プミポン国王の崩御

タイ国民から絶大な信頼を得る、プミポン国王

t1

タイで働くつっちーさんによるリアルレポートです。

即位約70年と世界最長を記録し、「お父さん」と呼ばれ、国民から親しみを持たれているプミポン国王。

国王の崩御から見る、タイ人と国王の関係性とは?

 ■タイ・プミポン国王のご崩御に際して、タイ当地で感じたこと

 

11月:世界が揺れた、トランプ大統領誕生

どうなる?アジア外交 トランプ大統領とアジアの関係性

133777649_14155875320631n

トランプ氏が大統領に選ばれたことによって、アジアにおいて中国の勢力が強まることが懸念されています。

タイとアメリカの関係性にフォーカスして、アジア外交を紐解きます。

トランプ大統領誕生 アメリカとタイ外交の3つの分岐点

 

12月:電通事件 ワーク・ライフ・バランスの見直し

外資系と日系企業の、働き方に対する考え方の決定的な違いとは?

1mos

過労死やうつ病、日本の社会構造から浮き彫りになった「働き方」に対する課題。

働き方について、外資系企業と日系企業ではどのような捉え方の違いがあるのでしょうか。

海外生活を通して変化した、日本の「頑張る」文化とワーク・ライフ・バランスへの捉え方

 

女性の社会進出が進むフィリピン

top1

近年、リゾート地や語学学校、明るい国民性で大人気のフィリピン。

女性の管理職の割合はアジアでNo.1です。

なぜフィリピンは女性の台頭が進んでいるのでしょうか。

 ■「アジアで最も男女平等」なフィリピンで、女性がのびのびと働ける3つの理由

 

増える海外就職者 現地採用のメリットは?

ty1

外務省の調査によると、28年度(2015年)は在留邦人が過去最高数値に。

12年間勤めた日系大手企業を退職し、現地採用としてシンガポールで転職したYagiさんが、現地採用と駐在の違いを教えてくれました!

【メリット・デメリット】現地採用として働くことを考察する

 

 

2017年に向けて

今後の未来を決めるような重大な事件が、立て続けに起こった2016年。

社会が常に変化する中で、自分たちがどのような働き方や生き方がしたいのか、考えていく必要があるのではないでしょうか。

 dai21

「ミャンマーの人気お土産ベスト1」から始まる、グローバルキャリア

 

2016年、ありがとうございました!2017年もABROADERSをどうぞよろしくお願いいたします!

 

コメントを残す