海外就職を近づけよう!マレーシアのキャリアコンサルタントとの無料相談会を実施!

2016.05.09

 mare-sia就職最終 

「海外就職をするために必要な準備は?」

「自分の今までのキャリアだと、海外ではどんな働き方が可能?」

「実際にマレーシアで働くとしたら、どんなキャリアプランがあるの?」

など、海外就職に興味があるけど、実際のところどうしたら? と思われている方は多いのではないでしょうか。

そんな方たちを対象に、マレーシアで働くキャリアコンサルタント・内藤兼二さんとのSkype相談会を開催します!

内藤さんは、海外生活6年目。中国、タイ、ベトナムでの会社経営に携わり、現在はマレーシアでReeracoen Malaysiaを立ち上げ、海外就職を目指す人たちのサポートに従事されています。

豊富な海外経験をお持ちなので、海外生活のリアルな楽しさも厳しさもしっかり教えてもらうことができます!

抽選で限定10名様です。

マレーシアでの働き方について色々相談してみたいという方は、ぜひ奮ってご応募下さい(※マレーシアにおける就職相談がメインです)。

応募方法

スクリーンショット 2016-04-12 14.34.10

(締め切り:5月24日)

ご回答いただいた方の中から抽選10名様に当選のご連絡を致します。

※メールをもって当選の発表とさせて頂きます。

 

キャリアコンサルタント・プロフィール

DSC08000

内藤 兼二(Naito Kenji)

Reeracoen Recruitment Co.,Ltd.Malaysia

1982年生まれ。2006年に立教大学卒業後、リクルートキャリアの人材紹介部門に入社。九州支社・東京本社で法人営業に従事した後、2010年上海、蘇州、天津、大連で支社の立ち上げに参画(当時最年少)。

中国全体の企画部門責任者を就任。2013年には同社のベトナム現地法人の事業立て直し、タイ現地法人の立ち上げを主導。2014年4月に本社に帰任。同社就職Shop首都圏の責任者に従事。

しかし、アジアで活躍をしたいという思いからリクルートキャリアを退職し、2015年1月からネオキャリアに入社。マレーシア現地法人の立ち上げ責任者に。

2014年11月に会社登記し、Reeracoen Malaysia(ネオキャリア・マレーシア法人)代表取締役に就任。オフィスを2015年3月に開設。語学は大の苦手だったが、片言の中国語・英語とボディランゲージで乗り切ること早6年目。

 

※内藤兼二さんのインタビュー記事はこちら

<以下インタビュー記事より抜粋>

「仕事は生きるための手段であって、人生のすべてではない。だから「あなたがどう生きたいのかを決めたほうがいい」ということはキャリアアドバイスの中でもお伝えするようにしています。私個人は、死ぬときに「人生楽しかったな」と思って死にたいんですよね。やりたくないことをやらされてばかりの人生なんて、嫌じゃないですか。

アメリカの有名な研究に、90歳以上の方に「過去90年の人生を振り返り、後悔することはありますか?」という質問をしたところ回答の9割が「もっとチャレンジしておけばよかった」だったというのがありますが、これはほとんどの方が加齢と共にチャレンジしなくなっているということです。

もっと挑戦すればよかったと思って死んでいくのは嫌なので、自身のやりたいことや生きる道を決めたうえで、キャリアを決めた方がいい。5年先・10年先のことは分からない世の中です。10年後には今ある仕事の半分はなくなっているとも言われています。

まずはどう生きるか決めて、そのうえで仕事を決めて、ご縁があったお仕事を一生懸命頑張る。そうすれば道は開かれていくと思っています。そういう意味で「今を生きる」ことが本当に大事だと思います」」

 

コメントを残す