クリスマス・ネイルが激安!?中国でのネイルアート体験レポート!

2016.12.27

ニーハオ!上海留学に来ているshokoです!

今月で上海生活4ヶ月目を迎えました。時間が経つのが早くてビックリです。

上海の冬はとても寒く、毎朝2度を前後する中、登校しています。

PM2.5の影響で空気が悪いことで有名な中国ですが、冬は夏よりも更に数値が高くなり、喉、鼻、目がやられてしまいます。毎日が、寒さとPM2.5との戦いです。

 

ところで先日、こちらでネイルアートを初体験してきました。今回は、中国のネイル事情や中国人女性のメイク観についてお伝えします!

 

中国人女性はメイクをするのか!?

皆さんは中国人女性について、どのような印象をもっていますか?

「中国人女性は美容やメイクに興味がなさそう」それが過去の私の考えでした。

でも、実際に中国に来てから現地の女性を見て驚き! アイテープをして目を二重にしている女性や、目や鼻を整形している女の子が街中にたくさんいるのです!

 

1

街中ではこんなにもたくさんの種類のアイテープが売られています

 

電車に乗ると目の前に立つ子がアイテープをしていたり、目があからさまに不自然な子が座っていたり……。上海の中心部に行けば行く程、おしゃれをしている女性を多く見かけます。

化粧っ気のないイメージだった中国人女性が、日本人と同じように二重にするためにアイテープを使っていることが私には衝撃的でした!

 

もしかして、美意識は日本人女性とたいして変わらないのだろうか。

そんな疑問を抱きながら、上海で中国式ネイルアートにも挑戦してみました!

 

ネイルのお店が怪しい雑居ビルの中に!?

街中で美容院はよく見かけるものの、不思議とネイルのお店はあまり見かけません。一体どこにあるのだろう、と友人に連れて行かれた場所は、なんだかとても怪しい感じの雑居ビル。

ひとりで入るにはなかなか勇気が要りますが、中に入ってみるとネイルのお店がズラーっと並んでいて、女性客で賑わっています! 

 

2

 

中国には男性ネイリストが多い!?

まずは日本と同様、ネットで探し出した希望のデザイン画像を、店員さんに見せます。

店員さんに「このデザインできる?」と聞くと「できるよ!」と答えてくれましたが、最初のうちは半信半疑で、本当に希望通りに仕上がるのか不安でした。

 

3

 

 

爪の長さの調整、甘皮の処理など、ジェルを塗る前の自爪の下準備は女性の方が担当してくれましたが、その後のストーンやラメなどのネイルデザインはなんと、男性が担当でした!

 

 

4

 

日本ではなかなか男性のネイリストは見かけませんよね? 他のお店を見渡しても男性ネイリストが結構いて、ネイリスト=女性という固定概念が覆されました!

私は今まで女性ネイリストにしかしてもらったことがなかったので、担当が男性に代わった途端、不安が大きくなりました(笑)。しかし、そんな私の不安とは裏腹に、男性ネイリストはとても慣れた手つきで進めていき、私の爪も写真と同じデザインにどんどん近づいていく様子を見て、途中からは安心して見ていました。

店員さんに「ネイルは学校で勉強したの?」と聞いてみると「勉強していない!」と即答。自己流なのでしょうか。それにしてはとても上手です! 

 

中国のネイルはコストパフォーマンスが高い!?

でき上がったのがこちら!

 

5

 

12月ということもあり、オーダーしたのはクリスマスカラーにツリーやリースなどのデザイン。なんと小指には3Dアートで、リースの横に雪のイメージでデザインしてくれました!

もち込んだ写真以上の可愛さに仕上げてくれて、とても満足しました。

 

気になる価格ですが、なんと90元(約1400円)

お店やオーダー内容によって違いますが、友人は以前、別のお店で50元(約800円)だったそうです。ネイルはだいたい3~4週間もつようで、剥がれたりストーンが取れたりすることもあまりないそうです。

 

日本だったら単色塗りでも5000〜8000円、ラメやストーン、3Dアートなどを注文すると12000〜16000円くらいすると思います。日本では値段が高くて、定期的に通うのが厳しく、クリスマスなどのイベントの時だけしかネイルはできませんでした。

中国だとこんなにコスパが高いネイルができるのか!」と中国人女性が羨しくなりました。 

 

6

 

同じお店でまつげエクステもできるようです。これも男性が担当していました。

こんなに人目を気にせず、オープンにまつげエクステをする光景は日本ではなかなか見られませんね!

 

 

国の発展度合いと、女性の美容に対する意識は比例するそうです。

日本のドラックストアで化粧品を爆買いする中国人女性が多く出現したのは、中国人の美に対する意識が高まっている象徴なのかもしれませんね。

 

海外旅行でネイルをする方は少ないかと思いますが、その国ならではのネイル体験をするのも面白いはず。中国に来た際にはぜひ、中国式ネイルを体験してみてくださいね!

 

ライター

shoko

1991年生まれ。小学生の頃から国際協力に興味をもち、高校時代タイでボランティア活動に参加。貧困はボランティアで解決できないことを目の当たりにし、雇用を生み出す方法を考え始める。大学時代は、京都でゲストハウス巡りや、東南アジアでのバックパック旅行を経験。卒業後は経営を学ぶために中小企業で2年半、営業に従事。現在は退職し、シンガポール就職を目指し上海留学中。おいしいもの、ファッション、美容、音楽が大好き。特技は思い立った瞬間に行動すること。

 

【お知らせ】アンバサダー募集中!
あなたもアンバサダー(コンテンツ・ライター)として、アジアのリアル情報を発信してみませんか? 詳細はこちら!

 

コメントを残す