ABROADERS

  • HOME
  • どうやって探す? シンガポールにある日本人コミュニティ

どうやって探す? シンガポールにある日本人コミュニティ

Posted on 2016年02月04日
0
12160

日本は東京でも雪が降るなどかなり冷え込んでいるようですが、こちらシンガポールは雨季なので比較的涼しく……と言っても、毎日30度近い日が続いています。シンガポールの新年は、まだ街中にクリスマスイルミネーションが残っており、季節感もないため、「年が明けた」という実感がまったくないものでした。

元旦は祝日ですが、年末31日まで仕事をして

その後またすぐ始業する企業が多いようです。

その代わり、2月の旧正月はかなり盛大に祝われます!

satomi5_2

ガーデンズ バイ ザ ベイでは、旧正月に合わせたイルミネーションのイベントが

 

シンガポールと日本の長~い関係

satomi5_1

シンガポールフライヤー(世界最大の観覧車)は、中華系が重んじる「風水」で最高の立地にあり、幸福を運ぶとされている

 

昨年はシンガポール建国50周年でもありましたが、

今年は日本とシンガポールの国交樹立50年を迎える年でもあり、

今後更に交流が活発になるのではないかと思います。

 

人口の3人のうち1人は外国人と言われるシンガポールですが、

現在、シンガポールに住んでいる日本人の数は約3万6千人と言われ、

日系企業数も1000社以上、年間の日本人訪問者数は80万人を超え、

在留邦人数は全世界で11位となっています。

(外務省 海外在留邦人数調査統計 平成27年版調べ)

 

私が昨年シンガポールに住み始めてから、

外を歩いていて日本人を見かけなかった日は

今まで一度もありません!!!

 

移住先としてシンガポールを選んだ理由のひとつに

多国籍国家だということがあるのですが、

さまざまな人種がいるせいか、

生活をしていてあまり「異国」ということを感じることがなく

とても暮らしやすいように思います。

 

satomi5_4

世界の奇祭のひとつ、ヒンドゥー教の苦行「タイプーサム」は、道路が封鎖されて行われます

 

それでもやはり単身でシンガポールに渡り、

ましてや現地採用で生活を始めるとなると、

何か困ったことがあった時に頼れるのは同じ日本人!!

 

私の場合は、たまたまアメリカに留学していた時の友人や、

シンガポール生活の長い知り合いがいたので本当に心強かったのですが、

誰も知り合いがいなかったら、

分からないことだらけで困ることも多かったと思います。

 

今回は、そんなシンガポールにおける

日本人のコミュニティーについてお届けします。

日本人コミュニティ―を探すには!?

 satomi5_3

常夏の国ですがスケートリンクがあり、フィギュアスケートを習っている学生も見かけます

 

シンガポールの情報を得たり、

日本人の知り合いを探すのに役に立つのがこちらのサイトです。

 

街角情報PICKUP

http://www.singaweb.net/bbs/frame.html

 

satomi5_5

 

在星日本人、日本人旅行者のためのサイトであり、

たくさんの情報を得られます。

 

中でもサークルの掲示板では、

同学年の集まりや、同じ大学の卒業生、出身地、趣味、スポーツ、

来星して間もない人向けのグループなどがあり、

定期的に集まりがあるようです。

 

人気があるのはやはり同年代の集まりやスポーツチームのようですが、

現地採用の集まりや、特定の資格の勉強会、

また、シンガポールは東南アジア諸国への旅行にとても行きやすいため、

海外旅行の情報を交換する会などもあるようです。

 

これを見ると、シンガポールには

本当にたくさんの日本人のコミュニティーが

あることが分かります!!!

 

ジャンルも様々なので、

必ずひとつは自分にあったグループが見つけることができ、

共通の話題をもった人たちの集まりであるため、

入っていきやすいのではないでしょうか。

 

100年の歴史ある日本人会

 

その他にも「シンガポール日本人会」という在星日本人の組織があり、

会員同士の交流や生活のサポート、情報の提供を行っています。

 

satomi5_6

 

日本人会に入会するための申込書は

日本人会館にも置いてあるようですが、

ホームページからのダウンロードも可能です。

就業先の企業が法人会員の場合は

入会金が免除となるため入会されている方が多いようですが、

外資系などに勤務していて個人で正会員となる場合は

入会金としてS$1000、両者共通でデポジットS$200+月会費がかかるようです。

 

ホテルやゴルフ場、旅行に行く際などに特典があったり、

会員限定のイベントも開催されているようです。

 

 

その他に情報を得るのに活用できるのが、

マンゴスティン倶楽部』という日本語情報誌です。

 

satomi5_7

 

毎月5日に発行され、

日系スーパーやレストラン、日系書店で配布されています。

生活情報や、グルメ情報、美容院やネイルサロンから

習い事まで幅広い情報が載っていて、

写真もたくさんあるのでとても見やすいです!

 

また、シンガポールではコンドミニアムに

バーベキューピットがついているところが多いので

バーベキューをする機会がよくあるのですが、

友人から誘ってもらったバーベキューパーティで

同じ大学出身の方と会ったり共通の知り合いがいたりと、

コミュニティーが狭いため、どこかしらで繋がっています。

 

さまざまなバックグラウンドをもった方と知り合える機会が多く、

目的をもって渡星して来ている方も多いので、

良い刺激を受けることができます。

 

知らない土地での生活が不安な方でも、

シンガポールならすぐ周りに馴染めるはず!

 興味がある方はぜひ、

ご自身に合いそうなコミュニティーを探してみてくださいね!

ライター

粟飯原 聡美/Satomi Aihara 

1989年生まれ、千葉県出身。海外旅行が大好きなことから英語に興味をもち、大学では英語学部で国際関係について学ぶ。在学中にオーストラリア、アメリカに滞在した経験から海外で働くことに憧れを抱くように……。卒業後に勤めた日系航空会社を3年半で退職し、転職、シンガポールで現地採用として働く。現在、多様な文化の交差点にて新たな夢を模索中。

このノートに関連するタグ

Ambassadorのプロフィール


さとみ

1989年生まれ、千葉県出身。海外旅行が大好きなことから英語に興味をもち、大学では英語学部で国際関係について学ぶ。在学中にオーストラリア、アメリカに滞在した経験から海外で働くことに憧れを抱くように……。卒業後に勤めた日系航空会社を3年半で退職し、転職、シンガポールで現地採用として働く。現在、多様な文化の交差点にて新たな夢を模索中。

さとみさんが書いたノート


シンガポール に関するノート