ABROADERS

  • HOME
  • コスパ最高!インドネシア・バリ島のオススメお土産ベストセレクション3つ!

コスパ最高!インドネシア・バリ島のオススメお土産ベストセレクション3つ!

Posted on 2017年08月17日
0
2960

こんにちは、岸野 彩花です。


お土産選びは旅の楽しみのひとつですよね。世界的リゾートであるバリ島には素敵なショップがたくさんあり、いろいろな本でも特集が組まれるほど。可愛くて種類豊富なバティックや美しい銀細工などを吟味して選べば、一生の思い出にもなります。


しかし、バリ島らしさとコストパフォーマンスの両方を求める方には断然、地元のスーパーマーケットでのお土産ハンティングがオススメです!


 


そこで今回は、スーパーマーケット大好きマン(略してスーパーマン)の私がリピート買いしているバリのおすすめのお土産をご紹介します!


 


 

1.買っておくと安心!ばらまき土産に最適なキャンディ

キャンディはスーパーで多く売られている、定番のばらまき土産ですね。しかもバリで売っているアメはどれもおいしくて本当にオススメです! お土産に買ったつもりが、滞在中に一袋全部食べてしまうなんてことも……。


特におすすめなのは、Kinoのマンゴー味!(写真下部中央)


ソフトキャンディなのですが、マンゴー本来の味がしっかり味わえると、家族や友人にも大好評です。


ちなみに、このシリーズはドリアン味もあるので話題作りには面白いかと思いますが、こちらもガチのドリアン風味なので、渡す相手はよく考えましょう。


 


 

2.定番はバリコーヒー、リピートはホワイトコーヒー!

バリ島といえばバリコーヒーも有名ですね。バリコーヒーは、粉にお湯を注ぎ、粉が沈殿してから上澄みを飲む珍しいタイプのコーヒーです。


バリ住民が日常的に飲んでいる大袋の商品のほうが安いのですが、この写真の商品は手頃なサイズで、裏側には英語の飲み方の説明記載もあり、梱包もしっかりしているのでスーツケースで大惨事が起こる心配もなくお土産にオススメです。


 


そして、バリコーヒー以外にもぜひ試していただきたいのがホワイトコーヒーです。


これは粉にお湯を注いでかきまぜてそのまま飲むインスタントタイプのものなのですが、これが優しい甘さのカフェオレ風味で、日本人は絶対大好きだと思います(笑)!


デンパサール市内の大半のスーパーには置いてありますし、様々なフレーバー商品もあるので、ぜひご検討ください(回し者ではありません)。


 


 

3.美白に効果大!?クズイモを使ったローカルコスメ

私がバリに行って最もリピート買いしているのは、ローカルスキンケアコスメです。


現地スーパーマーケットには石鹸やスクラブ、クリームなど様々なローカルコスメが多く売られていて、選ぶのに迷ってしまいます。パパイヤやマンゴーの香りのものを買えば、帰国後もお風呂でバリ気分に浸れて、幸せな気持ちになれます。


 


そんなローカルコスメの中でも私が特に気に入っているのが、Bengkoang(ブンコアン)という、日本ではクズイモと呼ばれるマメ科の植物を原材料としたスキンケアアイテムです。


美白作用があると言われるこの植物は、バリ美人たちにも注目されていて、スーパーでもこの植物の写真をパッケージに使用しているコスメが見られます。「パパイヤのほうが可愛い! イモはインスタ映えしない!」という意見もごもっともかもしれませんが、そんな理由で試さないのはもったいない!


このブンコアンを使ったコスメの効果は絶大……!? 真夏の日光に当たり過ぎたと思っても、夜にブンコアンを使ったスクラブやマスクを使うと、2~3回で色が白くなるような……気がします(笑)。私はもうかれこれ2年くらい使い続けていて、無くなるとインドネシアに行く友人に頼んで買ってきてもらうほどです。


Krem Maskerと書いてある写真右上の商品はクリームタイプのパックで、ミニサイズもあるので、友人へのお土産にもオススメです。


ここに書いたほとんどの商品が500円前後で買えるバリ島ローカルコスメ。ぜひ、お試しください!


 


 

最後に

今回は、スーパーマーケットで買えるコスパ最高のバリ土産の数々を紹介いたしました。もちろん、この他にも多くのプチプラお土産が埋もれているはずです。


バリを訪れる際には、ぜひ涼むついでにスーパーに立ち寄られてみてください。きっと思わぬ発見や素敵な出会いがあることでしょう。


 

経験した日: 2017年08月15日

Ambassadorのプロフィール


岸野彩花

宮城県出身。東京外国語大学インドネシア語専攻。東南アジアの活気と多様性、とにかくおいしい食べ物に魅了され、東南アジアに渡る度に一回り大きくなって帰国する。弱い立場におかれやすい子どもへの支援に関心をもち、府中市やインドネシアでボランティア活動に携わる。

岸野彩花さんが書いたノート


インドネシア に関するノート