ABROADERS

  • HOME
  • 海外就職をするきっかけになる3冊【教えて!噂の彼氏の海外事情】

海外就職をするきっかけになる3冊【教えて!噂の彼氏の海外事情】

Posted on 2017年08月23日
0
1944

今回ひょんなことからお勧めの本を教えて欲しいと言うお願いがあり、良い機会だと思いブログにまとめました。特に海外就職のきっかけになりそうな3冊を紹介します。

海外就職するきっかけを作る本

こんにちは!今回、海外就職のきっかけになりそうな本をまとめてみました。


読書はもともと好きではなかったのですが、高校くらいからある本をきっかけにアマゾンで中古の本を買って読むようになりました。


現在の読書量はだいたい1ヶ月で 10冊ぐらい。(ベトナムへも日本の本を70冊ぐらい持ってきています。)難しい本を読むのは得意じゃないので、簡単な本を好奇心に任せてザーッと読むのが好きです。最近は漫画でわかるビジネス本シリーズをキンドルで読んでます。


では海外就職のきっかけ作りになる3冊。


いきましょうー!


 

Love & Free

18歳の時に読んだフォトブック”Love & Free”


世界への興味を広げてくれた最初の本。


 


フォトブックの文字通り、写真が多く、文章量が少ないので、読書が苦手な人でも楽しんで読めます。


もともと読書が好きではなかったのですが、この本をきっかけにいろいろな本を手に取るようになりました。ちょっと照れるような言葉もカッコイイ写真と一緒に書いてあって、俺も著者の高橋歩さんみたいな旅で生きる人生にしたい!と火をつけてくれた一冊です。


ちなみに高橋歩さんのつくった沖縄の自給自足村「ビーチロックビレッジ」に大学時代で1ヶ月滞在したりもしました。


 


著者高橋歩の他の著書"WORLD JOURNEY”"ISLAND STORY”もオススメです!


 


若いうちに読んでおいた方がいいです。中高生のみなさん、是非!!


●Love & Free


http://amzn.asia/7nXEFPN

一冊の手帳で夢は必ずかなう

これも18歳の時に読んだ本”一冊の手帳で夢は必ずかなう”。


目標から逆算して日々の行動に落とし込む、自分の大事にしている言葉を常に携帯し見返す、など、この本から学んだことを今でも大事にしています。


 


海外就職をするまでの2年間くらいをモヤモヤと過ごしていたのですが、そんなときも失敗しながらもこの本を読んで、ちょっとずつ行動してました。


 


余談ですが、何も目標がなくてもなんとなく日々は忙しく過ぎて行くと思います。だらっとした日々、疲労感、充実感で目標がなくても生きていけちゃいます。でもそっから目標を持って、逆算して、日々振り返って。。簡単じゃないけどそれを教えてくれました。(偉そうなこといってすみません)


定期的に読み返したい一冊!


 


●一冊の手帳で夢は必ずかなう


http://amzn.asia/cbAt4GJ

未来に先回りする思考法

最近読んだ本”未来に先回りする思考法”


人類の発展はテクノロジーが牽引してきたという原則から今後の将来を先読みする考え方がかれています。


著者が展開する論理に納得、共感しつつ、今後の生き方を考えさせられる一冊。


 


海外就職が〜という詳細な記述はありませんが、人と違う「レアなキャリア」を積むことは、大事だと感じました。


 


ベトナムの現在の会社で日本ではなかなか若いうちでさせてもらえないマネジメントの経験をさせてもらっています。


 


今のキャリアを生かして今後の人工知能に取られないような働き方をしていきたいです。少し難しい本ですが、とても勉強になります。


●未来に先回りする思考法


http://amzn.asia/6jGotA9


 


以上、海外就職をするきっかけになる3冊でした。どれもおすすめなので、是非読んでみて下さい!!僕も久々に読み返します。

経験した日: 2017年08月21日

Ambassadorのプロフィール


藤澤亮太

福井で生まれ育つ。高校時代にダンスと出会い、「誰もよりも面白いムーブをしたい」と仲間と一緒に考え続けていた結果、誰よりも面白い人生を歩みたいと考えるようになった。現在、ベトナム。趣味は写真と筋トレ。

藤澤亮太さんが書いたノート


ベトナム に関するノート