ABROADERS

  • HOME
  • 3分でわかる世界一怪しいテーマパーク:スイティエン公園の3つのおすすめポイント【教えて!噂の彼氏の海外事情】

3分でわかる世界一怪しいテーマパーク:スイティエン公園の3つのおすすめポイント【教えて!噂の彼氏の海外事情】

Posted on 2017年12月14日
0
1105

今回はスイティエン公園に男3人で遊びに行ってきましたー!!

世界一怪しいテーマパーク:スイティエン公園

こんにちは!ベトナム在住1年半の藤澤です。


今回はスイティエン公園に男3人で遊びに行ってきましたー!!


ところでスイティエン公園って何?


スイティエン公園とは、世界一怪しいテーマパークと(日本で)言われているテーマパーク。噛み砕いていうと、仏教をテーマにしたテーマパーク。と言いながら、怪しいお化け屋敷やら、ワニ釣りやら、怪しいマスコットやら、、、いろいろある怪しいテーマパークです。(以前、日本ですこし有名になった「奇怪遺産」という写真集の表紙にもなった場所です。)


実は私、今回スイティエン公園へ行ったのは3回目。会社のお客様の案内や日本からの友達の案内などで今まで3回も行っておりました。(なかなか3回も行く日本人は少ないですw)そんなスイティエン公園にちょっと詳しい僕が3つのおすすめポイントをまとめました。


スイティエン公園へ行ったことある人も、行ったこともない人もまた違うスイティエン公園の一面を知れるかと思うので、知りたい方はぜひ最後まで読んでみてください。


目次


1, フォトジェニックである


2, バギーのクオリティが高い


3, モノレールが楽しい

1, フォトジェニックである

まずはこれ。フォトジェニックである。(フォトジェニック =写真写りが良い、写真向きであるという意味の語。)


最近流行りのインスタ映えする場所が満載のスイティエン公園。


例えば、大きい手があったり、大きい狛犬がいたり、地球の上に神が乗っていたり、、、(大きさ比較のため上の3つの写真には人がおります。)見るものほとんどが(特に日本人にとって)奇妙な場所だらけ。他の場所にはないインパクトのある写真を撮ることができます。これには、女子だけではなく男子もテンションが上がりますね。。。それはもう、逆立ちするくらい

2, バギーのクオリティが高い

スイティエン公園を入って右奥、いちばん奥。そこにバギー乗り場があります。価格は、15分で100,000VND。他のアトラクションと比べ少し割高になるのですが、、これがすごい。乗り込む時は、フルフェイスのヘルメットをかぶって、バギーに乗り込みます。いざアクセルを押し込んで見ると、スピードが一気にグンと上がる。体感(スピードメーターがないので適当ですが)時速40キロに2秒で達するくらいの加速度。そしてコースが良くも悪くも狭いので、カーブの遠心力が楽しい。ぐあんぐあん飛ばして、カーブで遠心力に逆らって、またアクセル踏んで。。。バギーの馬力があってこその迫力。僕はスイティエン公園のアトラクションでいちばん好きです。ぜひおためしあれ。

3, モノレールが楽しい

スイティエン公園には、ジェットコースターや振り子アトラクションなど様々なアトラクションがあります。そしておそらくですが、置かれているほとんどのアトラクションが以前別の場所で使用されていた中古品だと思われます。したがって、園内は一昔前に戻ったような雰囲気があります。(=怪しいテーマパークと呼ばれる理由はここにもあると思います。)と、そんな良い意味でノスタルジックになれるスイティエン公園を俯瞰できる最もおすすめなアトラクションがモノレールです。モノレールに乗ると、怪しい音楽でお迎え。そして動き出すと、これがめちゃ遅い!笑 遅すぎて笑うくらい遅いです。そんなモノレールから見える景色は、ワニ園、廃墟感のある遊園地、奇妙な仏像、大きな池などなど。遅いスピードで楽しむ園内の怪しい雰囲気はまさにここでしか味わえない。僕は結構好きです。よければおためしください。(写真はモノレールから撮った風景)

まとめ

はい、以上がスイティエン公園の3つのおすすめポイントでした。そして今回、男3人ビール片手でスイティエン公園を回ったのですが、なんともゆるい、楽しい1日でした。いやあ、面白かった。お2人、ありがとうございました。そして、三点倒立お疲れ様でした。


なんとこちらのスイティエン公園、ホーチミンの中心市街地からタクシーで40分ほどでいけます。楽しい、近い、怪しい。そんなStrangeなスイティエン公園へ一度訪れてみてはいかがでしょうか :)

経験した日: 2017年12月14日

このノートに関連するタグ

Ambassadorのプロフィール


藤澤亮太

福井で生まれ育つ。高校時代にダンスと出会い、「誰もよりも面白いムーブをしたい」と仲間と一緒に考え続けていた結果、誰よりも面白い人生を歩みたいと考えるようになった。現在、ベトナム。趣味は写真と筋トレ。

藤澤亮太さんが書いたノート


ベトナム に関するノート