ABROADERS

  • HOME
  • Craft Bangkok 2018に行ってきました【突撃!隣の彼女の海外ライフ】

Craft Bangkok 2018に行ってきました【突撃!隣の彼女の海外ライフ】

Posted on 2018年04月20日
0
832

クラフト製品を集めたイベントがあったので、週末に行ってきました!
実はバンコクには市内からアクセスのいい展示会場がいくつかあり、国際旅行フェア(お得な航空券が買えたり)や、ブックフェア(タイ語、英語、インディペンデント系の出版社の本、かわいい文具などが買えたり)といったイベントがほぼ毎週のように開催されています。

まずは、定番の伝統工芸品

クラフトと言えば、伝統工芸品を思い浮かべるのではないでしょうか。
タイには、ベンジャロン焼き、セラドン焼きなどの陶器や、山岳部の少数民族が織る布製品などが有名ですが、今回の展示会では、影絵芝居の影絵や、竹細工で精巧に編まれたバックなど、初めてみる工芸品もたくさんありました。
竹細工のクラッチバックが素敵だったのですが、なんとお値段5万円以上で手が届かず、、ただ、それだけの値打ちがある素晴らしい作品でした。

伝統工芸品だけじゃない、普段使えるかわいい雑貨がいっぱい

工芸品のようなものばかりでなく、タイダイ染めの洋服や、セラミックをつかったオリジナルのアクセサリー、タイのハーブを使ったアロマ製品など、手作りで、他では手に入らないものもたくさんありました。私は目をつけていたタイのローカルブランドのカゴバックをゲットしました。現品限りだったので、ディスカウントで!

こういった展示会では、思いがけずお気に入りのものに出会えたり、普段より安く購入できたり、楽しいものです。旅行でタイに来るときにも、何かイベントが開催されていないかチェックしてみるのもおすすめです!

経験した日: 2018年04月20日

Ambassadorのプロフィール


あき

1990年生まれ、仙台出身、立命館大学卒業。4回生時に1年間休学し、東南アジアをバックパックで回る途中、インドとカンボジアそれぞれでインターン。卒業後は、ITベンチャーに就職し、入社1年目でタイ現地法人の設立に携わる。2015年より自身の拠点もタイに移し、現地責任者として奮闘中。 また「はたらく、あたらしく」を考えるメディア Work Style Laboを立ち上げ、「既存の概念に捉われないはたらき方」を実現するため情報を発信している。

あきさんが書いたノート


タイ に関するノート