ABROADERS

  • HOME
  • マレーシア生活レポ!現地在住日本人女子の美容・お化粧事情とは?

マレーシア生活レポ!現地在住日本人女子の美容・お化粧事情とは?

Posted on 2019年08月16日
0
1127

お久しぶりです、日野恵美です。


先日、眉毛のアートメイクを施術してもらいました。マレーシアではEmbroidery(エンボイドリー)と呼ばれています。


 


 

アートメイクを始め、美容サービスも当地で充実!

エンボイドリー、ざっくり言うと眉毛タトゥーなのですが、これをすると汗をかいてもシャワーを浴びても美眉がキープされ色落ちしないのです! 当地では、特に中華系の人が眉毛とアイライナーのアートメイクを入れているのをよく見かけます。中には、リップにもエンボイドリーを入れる人がいるのだとか……。
私はこれによって眉毛を左右対称に上手く描けないという悩みと、朝のメイクの時間を短縮したいという希望を一挙に解決できて、心の底からやって良かったです!


日本だとアートメイク(エンボイドリー)は医療行為に当たる為、医師の診察が必要だと聞きます。マレーシアでは美容の一環なので身構える必要は無いですが、どこのお店がいいかのリサーチは重要かつ必須です。日本人の技術者さんがいるお店もあるので、色々調べてみたら良いと思います。


マツエクやジェルネイル、シミ取りなども、日本人や韓国人、ローカルのアーティストさんがたくさんいるので自分にあったところを見つけてみてください。


 


ちなみに、私はGardens MallにあるBEAUTY GENE Professionalというところで、全3回・トータルでRM1700リンギ(約48,000円)くらいかかったと思います。100本のアイラッシュのサービス付きでした。


探せばもっと安くできるところもあると思いますが、日本人のプロの方にカウンセリングから仕上がりのシミュレーションまで丁寧にやっていただけたので、ここに決めました。


 


 

本題!メイク道具は何を使ってる?

日差しが強く、室内ではエアコンの冷風がキツいマレーシアですが、私は基本、日本にいた時とほぼ同じ物を使っています。Threeやcanmake、SKⅡ、KATEなども当地で購入できますが割高なので、やはり日本発のコスメは日本で買うのが無難だと思います。


個人的に愛用しているのはLUNASOLのアイシャドウで、Suria KLCCで買いました。他にもMax Factorのアイシャドウで日本では廃盤になったものを当地で見つけたり、ロレアルのラインがかなり充実していたりして値段も手頃なので、プチプラコスメとして購入しています。
韓流の影響も強く、韓国コスメのお店もショッピングモールに行けば必ずあるので、コスメフリークでも当地での生活は困らないと思います。


デパコス購入は個人的にマレーシアで買うのが気楽です。日本の百貨店のようにBAさんと話さないといけないというプレッシャーがないので、高級店でもふらりと入れる気軽さが好きです。
あとは欲しいものが決まっているのなら、免税品店で購入するのもいい選択だと思います。


 


 


 

KLでのメイク用品選びはここに行け!

1.Watson
マレーシアのマツキヨ的存在のドラッグストアです。そこらじゅうで見かけます。メイクから日用品まで何でも揃うので、私はメイク用品購入にはここを一番利用しています。最新コスメも、日本から撤退したBourjoisのチークも、ココで買えます。


 


2.Fahrenheit 88の「Play Up Advance」
KL中心ブキ・ビンタンにあるFahrenheit 88というショッピングモール。このモ―ル内にあるPlay Up Advanceというお店は、日韓欧米のメイクブランドがひと通り揃ったお試し天国です。飽きるまで試供品を試してみましょう。


 


3.Sephora
フランス発の化粧品や香水を扱う専門店です。だいたいどこのショッピングモールにも入っており、日本未入荷Anastasia Beverly hillsやBenefitのコスメも揃っているので、行くだけで楽しい!


 


 

個人的に挑戦してみたいメイク

今後はハラルメイクに挑戦してみたいと思っています。


ハラルメイクとは、ムスリム圏ではお馴染みの、ハラル承認化粧品を使ったメイクアップのことです。イスラム教の戒律に則って製造された商品には、いっさい豚肉(豚由来の食品や添加物を含む)やアルコール類が使用されていません。ハラルというと一般的に食品へのイメージが強いですが、当地にはこのハラルマークがついたコスメも売っているんですよ! 珍しいのでマレーシア土産としてもいいかもしれませんね。


このハラルメイクグッズを使って、眉毛はきりりと濃いめ、目もとを明るい配色にしてマレーシア人っぽく仕上げるメイクに挑戦してみたいと思っています。マレーシアで人気のSimply Sitiや、ハラル&ビーガンコスメのOrkid Cosmeticsもどんなクオリティなのか興味があります!


 


自分らしいメイク、これから挑戦したいメイク……。他人にどう思われるかは関係なく、自分がなりたい顔や雰囲気作りを目指して、マレーシアンライフをエンジョイしましょう♪


 

経験した日: 2019年08月16日

Ambassadorのプロフィール


日野恵美

1987年5月25日生まれ。東京都出身。神田外語大学韓国語学科卒業後、物流商社にて4年間勤務。ラーメンからミサイルまで扱う幅広さと、世界とつながる商業輸送という分野が好きで国際輸送のプロフェッショナルになるべく、2015年に来馬。好きな言葉は「Think globaly,Act localy」。

日野恵美さんが書いたノート


マレーシア に関するノート