ABROADERS

  • HOME
  • シンガポールでの就職は難しい?転職成功事例を踏まえて説明します!

シンガポールでの就職は難しい?転職成功事例を踏まえて説明します!

0
990

はじめまして! 19年4月に入社し、シンガポール在住5ヶ月目のYUと申します。


新卒でシンガポール就職という貴重な機会をいただき、現在人材企業にてローカルと日本人の採用のお手伝いをさせていただいております。


そんな中よく伺うのが、
「シンガポールで働きたいけれど、仕事が見つからない!」
「シンガポールでの就職や生活面についての正確な情報が見つからない」
といったお悩み・ご意見です。


 


皆さんはシンガポールでの就職についてどのような印象をおもちですか。


こちらの記事では「シンガポールでの就職は難しいのか」という疑問について、年間400件ほどの日本人案件を企業様からご依頼いただく弊社の視点からお答えします。


 


 

シンガポール就職はカンタンか?

まず結論からお伝えしますと、シンガポールでの就職は他の東南アジア諸国に比べると難しいことをご覚悟ください。


 


簡単にまとめると、理由は2点。


まずシンガポールは他の東南アジア諸国に比べ物価が高く、生活費も高くなります。
こちらに関して詳しい情報はバックナンバーをぜひご覧ください。


【参考記事】シンガポール在住女子が解説する生活費(家賃・食費・レジャー費)について!家の探し方もレクチャー


【参考記事】シンガポールに夫婦で移住。生活費はいくら?一ヶ月ぶんを大公開!


 


そして理由その2ですが、シンガポールでは他の東南アジア諸国に比べ、就労希望者の経験・年齢・最終学歴・英語力を重視します。
ビザの詳細についてはこちらをご覧ください。


【参考記事】【ビザ事情】年々厳しくなるシンガポール就職。狙うなら2019年の今がチャンス!?


 


 


シンガポールで日本語が求められる職種は事務職、次に営業職が多い傾向です。これは主に、日本本社や日系企業との携わる職種に需要があるためです。


コンサルタントとして約半年間シンガポールの就職をご支援してきましたが、シンガポールでは英語が公用語のためTOEIC800点以上が最低ラインになることが多いかと思われます。またビザの取得に給与が紐づくため、20代などの比較的若い方が優遇されることが多いです。


個人的にシンガポールで受けた印象は、英語はあくまで公用語として捉えられ、日本語が話せる方を専門スキルとして評価する企業が多いと感じました。日本では英語を話せることがスキルとして評価されると思いますが、シンガポールでは言語力を用いて何ができるかをアピールしていくことがキーです。


 


 

では、シンガポール就職は不可能なのか?

以上の理由から、シンガポールの就職は不可能と思う方も少なくないでしょう。


実際にシンガポールで働くのに効果的な方法として、①日本からの駐在員として出向く ②現地の知人などによる紹介 ③シンガポールの転職エージェントなどが挙げられます。


ただ、①や②はタイミングや時の運もあり、自分の力ではいかんともしがた要素が大きいですよね。そこで皆さんにご検討いただきたいのが「③シンガポールの転職エージェント」です。


 


シンガポールには多くの日系人材紹介会社がございますが、弊社もそのひとつです。
弊社は2つの求人媒体を保有しており、シンガポールで就職・転職を目指す方へのサポートを行っております。


・リーラコーエンシンガポール
https://www.reeracoen.sg/ja


・アブローダーズキャリア
https://career.abroaders.jp/


特徴として
1)不安な点や分からないことにも日本人スタッフが対応
2)一人ひとりに合ったお仕事のご紹介が可能
3)日本からでも転職活動が可能
4)サービスのご利用にあたり、一切の費用がかからない
などがございます。


 

成功例に学ぶ!転職成功事例

■転職成功事例1


年齢:20代後半
英語力:ビジネスレベル初級(TOEIC800点以上)
経歴:ITエンジニア


ビジネスレベル初級の英語力をお持ちの20代の方でしたが、シンガポールでなかなか仕事が見つからずにいました。話を伺ったところ、日本ではネットワーク系に強い方でしたが、シンガポールではITエンジニアとして幅広く職を探しておいででした。そこで求職者様の得意分野やスキルについて再度話し合いました。それまではご自身の強みを押し出すことに苦戦されていましたが、強みを明確にし、スキルを活かせるお仕事に焦点を当てたことでその後のプロセスがスムーズに進み、候補者様にマッチしたお仕事への転職が実現しました。
現在はご自身の経験を活かせる日系ITインフラ業界にてテクニカルコンサルタントとして活躍されておられます。


 


■成功事例2


年齢:20代後半
英語力:日常会話レベル初級(TOEIC600点相当)
経歴:サービス業


シンガポールでの就職を強く希望されていた20代の女性です。英語力が発展途上であることや、ご経験からシンガポールでの就職に苦戦していらっしゃいました。しかし希望給与を下げたこと、また何より彼女の強い意志を見せることで、飲食業にて内定をいただきました。
企業様からは、「条件に完璧に合致した方ではなかったが、最終的に彼女の熱意に惹かれ」内定を出されたと伺っております。


 


このように、シンガポールでの就職は安易に簡単!とは言えませんが、決して不可能でもありません。シンガポール就職を目指す方、諦めずにまずはご相談ください!


-------------------------------------------------------------------


日本人向けアジア就職・転職求人の掲載数、約10,000件!
アブローダーズ姉妹サイト、アブローダーズキャリアは随時更新!


https://career.abroaders.jp/


 

経験した日: 2019年11月01日

Ambassadorのプロフィール


Reeracoenシンガポール

シンガポールで活躍されたい方向けの転職支援サービスを運営しています。経験豊富な日本人キャリアアドバイザーが、シンガポール転職をお手伝いします。 ABROADERSを通して、シンガポールで生活すること・働くことの魅力や実情をリアルにお届けしていきます!

Reeracoenシンガポールさんが書いたノート


シンガポール に関するノート