ABROADERS

  • HOME
  • コロナウイルスの影響で、シンガポール独立記念日が延期に?在住者が最新情報レポート!【2021年7月現在】

コロナウイルスの影響で、シンガポール独立記念日が延期に?在住者が最新情報レポート!【2021年7月現在】

0
622

こんにちは。リーラコーエンシンガポールのLisaです。


日本にも本格的な夏がいよいよやって来たのではないでしょうか。常夏のシンガポールでは、未だに行動制限などが続いています。


この記事では、現在の状況について、シンガポール現地から最新情報をレポートします!※2021年7月30日時点の情報になります。最新情報については在外大使館などの情報をご参照ください。

シンガポールの行動制限

一時期は緩和されていた行動制限ですが、2021年7月中旬のクラスター発生によって厳格化されました。2021年7月22日から、飲食店内での飲食が禁止され、最大行動人数・一世帯あたりの一日最大訪問者は2人までとなっています。


現時点では、この規制は2021年8月18日まで続くと発表されています。わずか約1週間前までは、最大5人までの飲食が可能でしたが、感染者数の増加により規制が厳格化されました。


シンガポール政府によるルールの決定・実施が早いので、常に情報を自らアップデートしておく必要があります。私も、現地ニュースサイトや日本語翻訳サービス、TwitterなどのSNSからも、なるべく早く情報を取り入れられるよう、常にアンテナを張っています。

シンガポール独立記念日の延期

8月9日はシンガポールの独立記念日である祝日です!しかしながら2021年は8月21日に延期されると発表がありました。


厳密にいうと祝日が延期されるわけではなく、独立記念日に毎年行われているパレードやイベントが延期されるようです。シンガポールの独立記念日のイベントは毎年、盛大に行われています。


6月ごろから毎週末リハーサルが何度も行われ、花火やエアジェット、ドローンを使ったパフォーマンスなど多くがあります。7月ごろにはマーライオンの付近で、リハーサルを楽しむ観客も増えます。そのため、このイベントの延期はかなりショッキングなニュースとして捉えられる方も多くいました。


なお、シンガポールでは、独立記念日の前後(7月1日から9月30日まで)しか国旗の掲揚が許されていません。2021年は、コロナウイルス感染拡大に伴い、国として一緒に戦っていく意味を込めて、この国旗掲揚期間が延長され4月25日から9月30日までとなっっています。


違反となった場合、1,000シンガポールドル(約8万円)の罰金が課されますので気をつけましょう。

シンガポールの隔離・渡航状況

一時的は、就労ビザを含む長期滞在ビザ保持者であっても、シンガポールへの入国が停止されていました。(政府指定の一部業界を除く)しかし、2021年7月に入ってから、以前入国許可を取得していた方から、優先的に入国が許可されています。


日本からシンガポールへ入国した場合、政府指定のホテルにて2週間の隔離が必須となっています。弊社新メンバーも先日入国し、現在隔離中です。隔離の様子は、動画でもご紹介しておりますので、是非ご覧ください!


[YouTube動画リンク] シンガポールで隔離中の様子を新人の石原慎太郎が紹介します!(2021.7)

シンガポールのワクチン接種状況

シンガポール保健省は、2021年7月25日時点でワクチン2回接種完了している方が、人口全体の54%になったと発表しました。シンガポールでは外国人であってもワクチンを無料で接種することができ、弊社の従業員や、シンガポール国内の多くの日本人も接種が完了しています。私ももうすぐ2回目の接種を予定しています。


政府は既にワクチン接種を完了した人に、優遇措置を検討・発表しています。たとえば、ワクチン接種完了者が感染した場合の入院や隔離等の扱いを軽減したり、2021年9月初旬以降の入国制限を緩和する計画などが進んでいます。

最後に

シンガポール現状についてまとめてみました。


今後ワクチン接種率が上がるにつれて、より海外渡航が身近に戻る時期が来ると良いですね。


もし海外就職・転職に興味がございましたら、アブローダーズキャリア(リンク)より是非求人内容などをご確認ください。

経験した日: 2021年07月28日

Ambassadorのプロフィール


Reeracoenシンガポール

シンガポールで活躍されたい方向けの転職支援サービスを運営しています。経験豊富な日本人キャリアアドバイザーが、シンガポール転職をお手伝いします。 ABROADERSを通して、シンガポールで生活すること・働くことの魅力や実情をリアルにお届けしていきます!

Reeracoenシンガポールさんが書いたノート


シンガポール に関するノート