ABROADERS

  • HOME
  • 住宅、食事、移動手段に美容院!!カンボジアの物価事情を大公開!

住宅、食事、移動手段に美容院!!カンボジアの物価事情を大公開!

Posted on 2015年07月08日
0
2287

こんにちは!カンボジアの人材紹介会社のCEO、佐藤奈緒です。最近は、海外に転職される方が増えていますね。シンガポールやタイならまだしも、カンボジアに来られる方も増えていて何気にビックリしています。しかも、20代の方はもちろん、なんと50代の方も転職でこられています!


 


 

 

私自身、日本人の就職先をご紹介していることもあり、現地の生活についてよく聞かれます。

ブログ「佐藤奈緒@カンボジアのありのままブログ」でもコスパが良い美味しいレストランを紹介していますが、アブローダーズでは「物価」についてまとめてみました!

モノによって安かったり、高かったりまちまちですが、輸入品と電気代だけはベラボウに高いカンボジア!!!

日本より高いとかありえないですよね!!(ロクシタンのシャンプーが40ドル…電気代も月40ドル……)

それでは、家賃、食費(外食・自炊)、移動費、美容関連について、どうぞっっ!!

1.住宅事情

住宅

まずは一番重要な住宅事情から☆1人暮らしだとこんな感じです。

ローカル:(150〜350ドル ) 

3階・4階建ての建物で、1階にカンボジア人の大家さんが住んでいるタイプ。

家の造りが独特で、玄関→部屋→部屋→キッチン→バスルームのような形で繋がっていて、細長〜い造りになってます。

安くてお得感はあるものの、安全面には注意が必要。

サービスアパートメント(450〜750ドル)

1Rか1LDKの広さのアパートメント。

掃除・洗濯がついているタイプで、価格は立地次第で大きく変わります。

また、含まれるサービスもそれぞれ異なります。(佐藤家の場合は、掃除代と水道代とWi-Fi代は込みで、電気代と洗濯代は別です)

カンボジアは電気代がとてつもなく高く、エアコンを使う時期はなんと50ドル近くかかることもあります!

もちろん、使い方によって大きく変動するので、月々10ドルで収める人もいるし、中にはなんと70ドル近く請求がくるという声も……!?

2.外食事情

ディナーだとお酒が入ってわかりにくいので、ランチで比較してみましょう☆

ローカル(1.5〜2.5ドル)

▶中華料理:4〜6ドル

中華料理2

 

▶日本食:5〜9ドル

日本食

 

▶タイ料理:5〜9ドル

タイ料理

 

カフェご飯:5〜9ドル

カフェご飯

韓国料理:5〜9ドル 

イタリアン:5〜9ドル

フレンチ:15〜30ドル

 

ローカルや中華は安くて美味しいお店がたくさんあります。

そして意外と美味しいのがイタリアンやフレンチ! 本格的な料理が楽しめます。

意外に思われるかもしれませんが、他にもブラジル料理、ドイツ料理、スペイン料理、メキシコ料理、そして北朝鮮料理など世界中の料理が楽しめますよ!

ちなみに、ローカルのビールは1杯0.75ドルくらいで飲めます♡ 

3.自炊事情

最近はオーガニック食材も手に入りやすくなってきたので、自宅での料理も楽しめます♪

自炊のほうが安くあがるので、節約したい人にはお勧め!

▶日本米(5キロ):14〜20ドル

▶飲料水(5リットル):初回が2ドル、のち1ドル  
 サービスアパートメントであれば、家までしっかり届けてくれます。重いから、これは本当に助かります。

▶お肉(ベーコン1キロ):10ドルなど
 質で比べると日本より若干安いかも?

 

自炊 
  

▶野菜(オクラ1パック):0.5〜1ドルなど  
 日本より若干安い。トマト2〜3個、タマネギ1〜2個、オクラ1パック、卵1パック買って5ドル前後です。

自炊2

▶フルーツ(マンゴー1個):0.5ドルなど  
 マンゴーやパイナップルなどの南国のフルーツは安く、りんごやオレンジは高め。

自炊3

食材も輸入品はとにかく高い!

素麺が5ドルしたり、ごまドレッシングが4ドルしたりします。

(日本だったら98円なのに!)元値を知っているだけに、なかなか手が出ませんね……。

こだわりの調味料はまだなかなか手に入らないので、スーツケースに余裕があれば持ってきたほうがいいかもしれません。

(私の場合、無添加味噌、九州のお醤油、やずやの雑穀米、茅の舎の無添加の出汁などは帰国の度に買ってきます♡)

4.移動手段

街の風景2

まず、空港から市内へのタクシーは12ドルです!逆に市内から空港だと10ドルでいけます。

トゥクトゥクだと……交渉力次第ですが、7ドル〜10ドルが相場ではないでしょうか。

(友人は4ドルで行ったそうですが、それはさすがに値切りすぎな感じが……)

普段の市内の移動だと、以下のようになります。

▶バイクタクシー(モトドップ):0.75ドル〜1ドル

▶トゥクトゥク:1.5〜3ドル

▶タクシー:1.5〜3ドル  
 わざわざ電話して呼ぶのが多少面倒ではありますが、安全なので夜間は特におすすめです。
 実は、意外とトゥクトゥクより安いことも。

他、頻繁に移動するのであれば、バイクを買ってしまうという手もありますね!

価格はまちまちですが、周りの友人たちは300〜1,000ドルで中古を買っているみたいです。

ただし、ここの交通ルールはあって無いようなものなので、運転にはくれぐれもご注意を!

5.美容事情

実は、プノンペンには日本人美容師さんがたくさんいます♡

カットが12〜28ドルで、他にカラーやパーマもできます♡

美容師さんの他にも、ネイリストやアイリストもいらっしゃるので、マツエクもできるし、ジェルネイルもできるし、エステもできるし……となんだってできるのです!

そのクオリティーの高さに、美容にこだわる日本人女性たちも大満足の様子♬

残念ながら、私は行ったことがないので価格がわかりませんが、機会があればまたご紹介します♡

 

プノンペンの物価事情いかがでしたか?

街の発展具合と比べると、少し高めな気がしなくはないものの、その分住み心地はバッチリです。

他国を周られた方も「プノンペンはいい! 何でもある!」と口を揃えて言います。

まぁ色々と大変なことはあるけれど、カンボジアでの生活は快適すぎて、もう日本に帰れるような気がしないくらいです(笑)。

以上、プノンペンからお送りしました( ´ ▽ ` )ノ

ライター

佐藤 奈緒 / Nao Sato
 
修猷館高校、九州大学卒業、福岡出身の27歳。
夢は「若者がワクワクしながら自分の夢を描き、自ら叶えられる世界を創る」こと。
タピオカミルクティー発祥の店『春水堂(チュンスイタン)』の日本第一号店を代官山にオープンさせた後、単身カンボジアに渡る。
2015年4月現在、カンボジアの人材紹介会社『CamUP Job(カムアップジョブ)』のCEOとして日々奮闘中。
2015年12月までに「カンボジアで圧倒的No.1の人材紹介会社」を創ることが目標。
 
カンボジアで就職したい方は:http://camupjobagency.com/find-a-job/
カンボジアで採用したい企業様は:http://camupjobagency.com/

 

このノートに関連するタグ

Ambassadorのプロフィール


佐藤なお

修猷館高校、九州大学卒業、福岡出身。夢は「若者がワクワクしながら自分の夢を描き、自ら叶えられる世界を創る」こと。タピオカミルクティー発祥の店『春水堂(チュンスイタン)』の日本第一号店を代官山にオープンさせた後、単身カンボジアに渡る。カンボジアの人材紹介会社『CamUP Job(カムアップジョブ)』のCEOとして奮闘していた。

佐藤なおさんが書いたノート


カンボジア に関するノート