ABROADERS

  • HOME
  • 格安!?シェムリアップの1ヶ月の生活費は?山田ななこさんの生活を覗いてみよう!

格安!?シェムリアップの1ヶ月の生活費は?山田ななこさんの生活を覗いてみよう!

Posted on 2015年01月19日
0
8853

カンボジアより瓜生原です。 今回はカンボジアの物価をテーマにお届けします! カンボジアの物価、どれくらい安いの?実際どうなの?とよく聞かれるのですが、 物価最安と言われるインドのムンバイよりは高いですが、日本より断然安いです!

カンボジアの物価は、町か村か、ローカル市場かスーパーマーケットか、によって変わります。

今回は、わかりやすいように架空の人物「山田ななこ(28歳)」のシェムリアップでの生活の紹介を通して、1ヶ月にかかる生活費・カンボジアの物価をお伝えします!※全て1USD=120円で計算

1、カンボジアで暮らす際にかかるお金は「衣・食・住・保険・VISA」の5つ

架空の人物、山田ななこさん。

彼女は現在28歳。大学を卒業して日本国内で一度は就職したものの、海外で働いてみたいという思いを叶えるためにカンボジアに移住。シェムリアップにある日系企業に現地採用で就職し、現在2年目になります。

食事は会社と家の近所のごはん屋さんで食べるのが定番ですが、たまに仲の良い友人とレストランに行ったり、気分転換に自炊することもあるとか。

住まいは8畳ほどのキッチン・エアコン付きのワンルーム。移動手段はスズキのWAVEです。

では、カンボジアでは一体どのくらいのお金があれば、彼女のような暮らしができるのでしょうか?

カンボジアで暮らす際にかかるお金は、ざっくり分けて「衣・食・住・保険・VISA」の5つです。

保険とVISA代は会社が出してくれることが多いので、ここでは山田さんが衣・食・住にかけているお金をご紹介します。

 2、Tシャツ1枚240円?!洋服は激安!!

10913630_742278329187451_813737567_n

まずは、洋服。

シェムリアップには日本で購入できるような良質な服が少ないため、プノンペンやバンコク、日本で購入する日本人が多いです。

彼女がシェムリアップでパジャマ用に買った、旅行者向けに売られているTシャツとパンツの値段は……

Tシャツが2USD(240円)、パンツが3USD(360円)!

日本では考えられない値段で購入可能です。ただ、質もそれなり。

 3、ローカルフードを堪能する日々。

rererestaurant3

続いては食事。

朝は通勤途中にある屋台でヌンパンを買っていくのが山田さんの定番。

ヌンパンとはカンボジアのサンドイッチのようなもので、細切りにした野菜とお肉、ソースを小さめのバゲットで挟んであるもの。

価格は1500リエル(約48円)。

 

お昼は会社の近くのごはん屋さんを利用することが多く、おかず一品と白いご飯で1.5USD(180円)。

おかずは、作り置きしてあるものから自由に選択。カンボジアにはこのスタイルのお店はよくあるのです!

何人かで食べるときは、ひとり1品選んでシェアして色々な味を楽しむそう。

 

夜は山田さんお気に入りのローカルレストランで。

豚肉の炒飯にスープ付きで1.5USD(180円)。

 

朝昼晩、三食合わせると約3.5USD(420円)。自炊のときは1USD前後、外国人向けのレストランで食べると5USDぐらい。

平均すると、山田さんのの食費は約5USD(600円)です!

1ヶ月の食費だと、およそ150USD(18,000円)。

 3、シェムリアップで8畳ワンルームに住んだ場合の家賃は……?

10921830_742278335854117_1369900697_n

最後に、住居。

立地や設備(エアコンの有無など)によって変わりますが、山田さんの8畳ほどのワンルーム(キッチン・エアコン付き)だと、家賃は80USD(9,600円)です。

光熱費は、ネットの料金も含めて40USD(4,800円)ほど。

携帯料金はプリペイド式で、月に約5USD(600円)です。

ガソリン代は、一週間で約2USD(240円)。 月計算で約10USD(1,200円)です。

4、気になる1ヶ月の生活費合計!

1ヶ月の住居、通信・光熱費を合わせると135USD(16,200円)

つまり、山田さんの1ヶ月のコンスタントな出費は285USD(34,200円)。

これに文房具や疲れをいやすスパ・マッサージといった、たまの出費を含めても、なんとヶ月350USD(42,000円)には収まります!

日本と比較すると、本当に安い!

もっといろんな値段を知りたいという物価マニアの方は、僕が支出管理がてら、シェムリアップの暮らしでかかった金額をブログに載せているので見てみてください。

http://uririnblog.com/prices-cambodia/

最後まで読んでいただきありがとうございました。

オークンチュラン!

ライター

瓜生原 琢実/Takumi Uriuhara

東京工業大学大学院を中退。
お金も実務経験もない中、”すべての人が在りたい姿を目指すことができる社会”を作るため、カンボジアに移住。
現在は、映像/DTP/Web制作で食いつなぐフリーランス。時々けん玉パフォーマー。
モットーは、「人生は、自分の手で切り拓く。」

ブログ:世界ウリリン滞在記
Facebook瓜生原 琢実

 

このノートに関連するタグ

Ambassadorのプロフィール


ABROADERS事務局

ABROADERS事務局、公式アカウントです♪ アジアで活躍する方々のインタビュー記事や4コマ漫画など、アジアの面白コンテンツを発信していきます!

ABROADERS事務局さんが書いたノート


カンボジア に関するノート