ABROADERS

  • HOME
  • [バングラデシュ]に関するノート一覧

[バングラデシュ] に関するノート一覧

  • バングラデシュ
    映画の配達、バングラデシュのチッタゴン丘陵地帯から、はじまりはじまり অবিলম্বে শ্রেণীকক্ষ থিয়েটার পরিবর্তন করতে পারি【突撃!隣の彼女の海外ライフ】

    前回の記事(過去記事リンク)でお伝えした通り、バングラデシュの農村部や、電気供給さえもままならないような地域へ、日本のアニメーション・映画を届けるプロジェクトを、先日ついに開始しました。 去る3月は、ある日本のアニメ作品のベンガル語・チャクマ語翻訳をしていたのと、初めて創った現地団体のこと、金銭トラブル、チッタゴン丘陵地帯の入域許可書のことなどで、気持ちがとても消極的になっていました……。ビザのために、3ヶ月に一度はバングラデシュを出なくてはならない私は、準備など思い通りにいかないことの連続で、半ば諦めていた部分も大いにありました。 でもこんな中途半端な気持ちで一時帰国はしたくない、今のプロジェクトを少しでも形にしなければ日本でお土産話にもならない。まずはやってみてダメだったことを解決しにいくような出国にしたい……。そう思い立ち、チッタゴン丘陵地帯に入域していた最終日、アポなしで、子どもたちのいそうな場所へ向かうことにしました。上映するための道具と、8分間のアニメーション『フィルとムー』は、バッグに詰めて来ていたのです。    

    Posted on 2018年04月25日
  • バングラデシュ
    バングラデシュで日本式体育祭を。個人競技だけでなくチームワークを教育に取り入れる【教えて!噂の彼氏の海外事情】

    2013年の開校以来、私たちの学校では多くのイベント(学校行事)を行ってきました。これから何回かに渡って学校行事についてご紹介します。 今回は、バングラデシュの一般的な体育祭と、それを踏まえた本校での取り組みについてです。    

    Posted on 2018年04月20日
  • バングラデシュ
    バングラデシュの貧困の現状【ストリートチルドレン問題と救済活動】

      こんにちは、アーメッド弥央です。 早速ですが、皆さんはストリートチルドレンに会ったことはありますか? 日本に住んでいると出会うことはほぼありませんが、ここバングラデシュでは至る所で彼らを見かけます。一説によれば、バングラデシュ全体で100万人ほどのストリートチルドレンが存在するとのこと。どうしてストリートチルドレンになってしまうのか、彼らはどのような生活をしていてどのような危険にさらされているのか。バングラデシュでは彼らのためにどのような救済活動があるのか、そして私自身は彼らに対してどう感じているのか......。今回はバングラデシュのストリートチルドレンについてお伝えします。    

    Posted on 2018年04月06日
  • バングラデシュ
    バングラデシュでゴミ0(ゼロ)運動!?学校内だけでなく、周辺地域からもポイ捨てをなくす【教えて!噂の彼氏の海外事情】

    2013年に開校して2年目から地域の方々からの相談が増え、学校が保護者をはじめとする地域の方々の相談所になりつつあります。 前回は、そこから始まったバングラデシュの伝統手芸ノクシカタのフェアトレードについて書きました。 ■過去記事:バングラデシュの日本人校長が始めた、生徒のお母さんたちによるフェアトレード・プロジェクト(リンク) 今回は、地域に向けて取り組んだゴミ問題に書いていきます。    

    Posted on 2018年04月06日
  • バングラデシュ
    バングラデシュの日本人校長が始めた、生徒のお母さんたちによるフェアトレード・プロジェクト【教えて!噂の彼氏の海外事情】

    私たちの学校が地域の方々に広く認知されるようになってからは、保護者以外でも多くの地元の相談者が訪ねてきてくれます。今回は、その相談からスタートしたあるプロジェクトについて書いていきます。    

    Posted on 2018年03月23日
  • バングラデシュ
    当校を襲った哀しい出来事から立ち上がる。バングラデシュでは珍しい「集団健康診断」を決行!【教えて!噂の彼氏の海外事情】

    開校2年目、大きな哀しい出来事がありました。私たちはここから、生徒の健康状況を把握するための健康診断を実施するようになりました。 しかし、ここはバングラデシュ! その健康診断でも予想外のことが起きたのです。    

    Posted on 2018年03月09日
  • バングラデシュ
    映画を配達!バングラデシュで「未来の青写真」計画 আমার লক্ষ্য শিশুদের কাছে চলচ্চিত্রকে তুলে ধরা【突撃!隣の彼女の海外ライフ】

    私が大学生だった頃にニ度ドキュメンタリーを撮りに来て、「もう一作、ここで!」と思い舞い戻ったバングラデシュ。そして三度目にここへ来た時に巡り遭い、以来大好きになってしまったもの……それは、たった一作にはまとめきれない根深い問題を抱えた、チッタゴン丘陵地帯と少数民族ジュマの人々でした。 紛争の歴史、民族と宗教、政治や軍事問題などが複雑に絡み合い、土地・人権問題や襲撃・レイプ事件も起き続けている土地。そのせいで、どこよりも物事が進めづらい地域ですが、喜び、悲しみ、ここで起こることすべてを共有していきたいという私の夢はふくらむばかりです。   「この場所で、長い時間をかけて……」そう思った時、心の中で思い起こした、かつての夢がありました。それは「映画」に触れる機会の少ない地域や子どもたちに、それを届ける活動をすることです。   バングラデシュには、貧しくて不便な生活を強いられながらも自国に強い誇りをもつ人もいれば、自己中心的な考えの大富豪ファミリー、海外カブれ、汚職にまみれた人々もいます。それに、自国に対して冷めた目線のジュマ(少数民族)の人々、マジョリティーのベンガル人でも路上や田舎で貧しく暮らす子どもたち、理不尽な境遇に置かれた女性など……「ここでは自由な未来を描けない」と、悟るような生き方をしてる人たちもいます。その環境は容易に変えられるものではありませんが、光を見つめ、未来に少しでも希望を思い浮かべてほしいなと思うのです。 そんな想いで始めるのが、彼・彼女らのために贈る「映画を配達すること」「未来の青写真」計画。    

    Posted on 2018年02月27日
  • バングラデシュ
    本を盗まれる恐怖よりも、理想の図書室を目指す。大切なのは「子どもたちの視点に立った」学校運営【教えて!噂の彼氏の海外事情】

    前回(過去記事リンク)では、バングラデシュの一般的な学校環境について紹介しました。 今回は、それを踏まえて本校ではどのような学校環境にしたのかについて、書いていきます。    

    Posted on 2018年02月23日
  • バングラデシュ
    まるでアイドル!お坊様のお誕生日会へ মহান গুরু ভান্তের জন্মোৎসব【突撃!隣の彼女の海外ライフ】

    1月は日本に一時帰国をしていましたが、2月に入ってバングラデシュへまた戻ってまいりました。いつも以上にカバンが重かったのも、今年いちばんに取り組んでみたい夢のプロジェクトを運んできたからです。 今回書くお話は、今から少し時間をさかのぼったものになりますが、これからは新プロジェクトについても徐々に伝えていけたらいいなと思っています。もちろん、バングラデシュ、チッタゴン丘陵地帯、少数民族、映画といった私の大切なキーワードに変わりはありません!   昨年末、「コジョイ パニ」(過去記事リンク)でランガマティ県を訪れた際、実は久しぶりの「はしご」をしました。お隣バンドルボン県へのはしごです。どちらもチッタゴン丘陵地帯、つまり外国人入域制限地域のため、外国人の私にとってまとめての入域は至難の業なのです……。 ニ県をはしごするのはこれが約2年半ぶり。はしごをしばらく遠慮していた理由、それは以前のトラウマが原因です。当時、情勢がまた一段と悪かったのか、ただ単に私の運が悪かったのかは分かりませんが、バスで県を越えるのに(東京-山梨間ほどの距離です)、なんと6回も、外国人チェックのためにバスが止められた苦い経験があるのです! そのため同乗していた現地の人たちまで、私のせいで足止めをくらってしまい……。みんな、「いいよいいよ~」と優しく言ってはくれたものの、私は本当に申し訳ない気持ちに苛まれました。 その後、さらに一県ずつでさえ入域許可が下りづらい時期もありました。だからニ県はしごなんて、私にとっては夢過ぎるプラン! それを昨年末、久々に叶えることができ、しかも道中たった1回のチェックで済んだのです。 ロヒンギャ難民の問題(過去記事リンク)が起きてからというもの、その前後の時期から少数民族当人たちでさえ道中ナショナルIDの提示をポリスに求められるようになったと聞くこの頃……。この地域を自由に、当たり前のように行き来できることは、私や少数民族たちの理想です。    

    Posted on 2018年02月14日
  • バングラデシュ
    教室に生徒80名、本棚に施錠。バングラ全体にはびこる、根深い教育問題【教えて!噂の彼氏の海外事情】

    開校してから1年経ち、ようやく新校舎に移動します。 ■前回記事リンク:校舎、ついに完成!スタッフ・子どもたちとの夢が、また走り出す 新校舎に移動するにあたり、学校環境を整えるのにバングラデシュの一般的な学校・教育問題を考慮し進めました。今回は、そのバングラデシュの一般的な教育環境について、少しご紹介します。    

    Posted on 2018年02月09日