ABROADERS

【比較文化】に関するノート一覧

  • カンボジア
    カンボジア人の結婚。伝統的価値観と現代的な感覚の、はざまで

    スースダイ、浅野です。 日本はもうすぐ梅雨がやってきますね~! カンボジアも乾期は終わりが近づき、雨期の空模様となってきています。とは言っても、一日中雨が降ることはなく、夕方に大なり小なりのスコール(日本でいうゲリラ豪雨)がやってくる日々となります。なのでこの時期は、買い付けなど外出する用事は午前中に済ませるのが吉です! そんな雨期が本格化する前、乾期のあいだに行われるものがあります。それは結婚式。11月~5月までは結婚式ラッシュです。カンボジアの結婚式は、式場ではもとより、道路を封鎖して、仮設テントをたて、そこで結婚式を行ったりもします。そして結婚(式)には色々なストーリーが派生します。   4年前の結婚式シーズ ...

    Posted on 2018年05月10日
  • マレーシア
    マレーシア人と日本人の「仕事の進め方の違い」について

    こんにちは! マレーシアで新卒海外就職をした渡部 葵(ワタナベ アオイ)です。 海外で働くことを考える時、「自分は異文化に適応して働くことができるのか」という心配は当然あると思いますし、実際に同様のご相談を多くいただきます。ですが私の場合、マレーシアのビジネスのやり方が馴染んでしまったためか、最近 日本の文化にショックを受けることがあります。 今回は、マレーシアで働き始めて分かった、マレーシア人と日本人の働き方の特徴についてお話します。     ...

    Posted on 2018年04月13日
  • マレーシア
    バラの本数で愛を表現!ホテル見回りで若者カップルを監視!マレーシアのバレンタインデー事情

    こんにちは! 木村希です。 さてもうすぐバレンタインデーですね。ご存知の通り、日本ではホワイトデーとセットで、女性から男性にチョコレートを贈る日として定着していますよね。マレーシア在住7年になる私にはとうに途切れてしまった習慣ですが……(笑)。先日、日本に一時帰国した際に寄ったデパ地下のバレンタインコーナーの賑わいには改めて驚きました! 日本では、ホワイトデーのお返しを楽しみにしている甘いモノ好きな女子も多いのでは…!?しかし、その習慣は日本特有のものであることもご存知ですよね? そこで、こちらマレーシアではバレンタインデーがどういう位置づけにあるのか、調べてみました。   ...

    Posted on 2018年02月14日
  • インドネシア
    駆け落ち?誘拐?インドネシア・ロンボク島特有の伝統的結婚スタイルを追う!

    参列した結婚式で、新郎新婦と こんにちは、岸野彩花です。 今回は、いまだかつてないセンセーショナルなタイトルですね。 駆け落ち、誘拐、どういうこと!? とお感じのことと思いますが、落ち着いてください。物騒な話ではありません。インドネシア・ロンボク島の人々の結婚にまつわる、とっても興味深い文化のお話です。     ...

    Posted on 2017年12月29日
  • フィリピン
    新卒で海外に出て4年半経過した私が思う、新卒海外就職のメリット・デメリット

    「新卒で海外就職」という選択肢も、4年半前と比べるとだんだん珍しくなくなってきたかなと思います。「自分も新卒で海外に出てみようかな?」という学生さんも増えてきているかもしれません。 海外に出る方法は、出張、駐在、フリーランス、現地採用など様々ですが、私は新卒の時に、フィリピン・セブ島で現地採用として働き始めました。   新卒海外就職をして4年半が経過した今、他に新卒海外就職をした人、学生インターンでこちらに来た人、日本で就職して活躍を広げている人などを色々見てきて、私が感じていることを今回はまとめます。 事実として、日本で就職するのとは異なる部分がたくさんあります。長所は短所と言われたりしますが、ひとつの事実にもメ ...

    Posted on 2017年08月10日
  • タイ
    タイで暮らして5年。70年前の書籍『菊と刀』から気づく、自分のルーツと世界との差

    かれこれ海外で生活して5年が経過しました、つっちーです。5年も海外で生活をしていると、たとえタイとはいえど、さまざまな世界を垣間見ることができます。 首都バンコクでは、ローカルの町並みに市井の人々と外国人が住んでいたり、もはや日本人居住区と名高いプロンポン地区、アラブ人街で中東の香りが漂うナーナー駅周辺、一歩足を踏み入れば90年代の香港のようなヤワラート・チャイナタウンなど様々な人で入り乱れています。 人種別でなくとも、階級、セクシャル、思想、宗教等、ここバンコクはさまざまな場が用意されていて、各人が自然ににおいを嗅ぎ分けて自分の応分の場(落ち着く先)を見つけることができる街だと感じます。    海外に初 ...

    Posted on 2017年06月23日