ABROADERS

【子育て】に関するノート一覧

  • インドネシア
    インドネシア・ロンボク島でゲストハウスを営む女性にインタビュー!勤務先の倒産からの転機とは…?

    右に座るのが、さださん 皆さまこんにちは! 先日、初インフルエンザにかかって3日間で4kg減り、その後見事V字回復した岸野 彩花です。 昨年末に、元派遣先のロンボク島を再び訪れた際には、大好きな生徒たち・お世話になった人々とうれしい再会を果たしました。実は帰りにはトラブルがあり、日本に帰れなくなって泣いたのですが……それはまた別の機会にお話しますね。   弾丸旅の中で、現地で人気のゲストハウスを営む、さだとき かおりさん(通称:さださん)に面白いお話を聞くことができました。さださんは、元銀行員。優しい笑顔でみんなを癒し、元気な息子さんふたりを育てるさださんがロンボクに移住するまでには、ド ...

    Posted on 2019年02月14日
  • ミャンマー
    生後11ヶ月、娘の急死:ミャンマー人お母さんの後悔

    「うちは、旦那と私と3人の子どもの5人家族よ。本当は6人家族だったんだけど…。 2009年に次女が亡くなってしまったの。」 そう言って、その時のことについて語ってくれたのが今回の訪問先のお母さん。 次女は生後わずか11ヶ月で亡くなってしまったそうだ。 何が起こったのだろうか。

    Posted on 2018年03月20日
  • タイ
    アジアで働く愛妻家たち Part2〜TalentEx (Thailand) Co., Ltd. Founder&CEO 越 陽二郎さん〜

    「奥さんを大事にしている男性って、素敵!」「素敵なご夫婦の、関係性の秘訣が知りたい」……そんな女性たちの声を受けてスタートした新企画「アジアで働く愛妻家たち」第2弾をお届けします! 今回は3人のお子さんをバンコクで育てられている越 陽二郎さん。テクノロジーの力によって、タイの企業活動・経済社会における”人”の価値を最大化する事業を立ち上げられて約3年。そんな越さんの愛妻家ストーリーに注目です! ...

    Posted on 2018年02月27日
  • バングラデシュ
    (今のところ)最高に楽チン!バングラデシュでの子育て事情

    こんにちは、アーメッド弥央です。 息子を出産直後、今から約1年くらい前の記事で、バングラデシュでの出産・育児事情について紹介しました。ただこの時は、妊娠期間中はバングラデシュで過ごしていたものの、バングラデシュでの子育ては未経験だったので、育児事情については推測で書いていました。 2017年12月現在、今年5月にバングラデシュに帰国してから約7ヶ月が経ち、自分たちの育児スタイルもだいぶ定着してきました。今回は自分の体験をもとに、バングラデシュでの子育てについて改めて紹介したいと思います。     ...

    Posted on 2017年12月22日
  • ベトナム
    家事代行サービスからみるベトナムの子育て事情【突撃!隣の彼女の海外ライフ】

    ベトナムでの子育ては、お母さんが働いている場合ですと基本的に家族、親戚にみてもらうことが多いようですが、もちろん私のように家族、親戚が近くにいない人もいます。それでもお母さんが働いている場合、家事代行 サービスを利用することが少なくありません。  今回はベトナムではどのような家事代行サービスがあり、どのように利用可能なのかをご紹介したいと思います。 ベトナムではサービスアパートメント、マンションに住んでいると、ハウスクリーニングサービスが含まれていることがほとんどです。マンションの場合は賃料と別料金になりますが、マンション自体が契約しているハウスクリーニング会社があり、契約時に申し込むと簡単にサービスを利用することがで ...

    Posted on 2017年08月09日
  • バングラデシュ
    バングラデシュ人との第一子が無事に誕生!出産・育児事情を日本と比較

    こんにちは、杉山弥央(みお)です。 9月29日に、バングラデシュ人の夫との第一子となる男の子を、無事に出産しました。 ちょうど2ヶ月ほど経ちましたが、少しずつ成長する我が子と毎日楽しく過ごしています。現在は実家のある札幌に住んでいますが、来年5月頃から息子と一緒に、バングラデシュへ帰り暮らす予定です。 今回は、バングラデシュでの出産や子育て事情について書きたいと思います。 

    Posted on 2016年12月08日