ABROADERS

  • HOME
  • イスラム圏にいるなら知っておきたい!断食月「ラマダン」注意点と楽しみ方

イスラム圏にいるなら知っておきたい!断食月「ラマダン」注意点と楽しみ方

Posted on 2017年06月08日
0
3388

 


 

今年もラマダンが始まった!

こんにちは、木村希です。ここマレーシア、5月27日から「ラマダン(断食)」に入りました。イスラム教徒は個人の宗教モラルによって、日中の断食と禁欲を行います。そのかわり日没から日の出までのあいだに一日分の食事をとるのです。


この時期、オフィス街など人が多く集まるエリアの歩道は軒並み屋台が連なり(ラマダン・マーケットと呼びます)、そこには日没後の食事を買い求める人で大賑わい!


また、多くの大型ホテルやレストランではラマダンビュッフェが開催されます。ラマダンの時期にしか見かけることのないマレーシア料理やお菓子もいっぱい。


もちろんイスラム教徒以外でも気軽に参加できますが、食事開始はムスリムと同じように日没を待つのが最低限のマナーです。


その他ショッピングモールではラマダンセールが行われたり、イベントスペースでマレーシアの伝統芸能が披露されたり、この時期にしか楽しめないイベントがたくさん。


 


 

知っておこう、ラマダン期間の注意点

でもやっぱり、気をつけないといけないこともいくつかあります。


イスラム教徒(ムスリム)にとって、日没後の食事(ブカプアサ)はとても大切なもの。夜は自由に飲食ができる幸せな時間です。


そのためムスリムでない人たちは、日中はムスリムと同じ部屋で飲食をしない、公共の場で食べ歩きしない、ムスリムには夜なるべく残業をさせない、などの配慮も必要です。


また多くのムスリムが、友人や親戚・家族と食卓を囲もうと帰路に就くため、17時前くらいから帰宅ラッシュの大渋滞が始まります。空腹による眠気やイライラから事故が多発したり、雨が重なったりすると更に渋滞がひどくなるので、この時期はラッシュの時間は避けたほうが良いかと思います。


また断食によって、国全体の生産性が落ちます。特にすべての政府系サービスがスローになるため、ビザの申請や通関の処理など、役所関係の手続きはこの時期を避けるのが暗黙のルールです。


 


 

ラマダンならではの楽しみがある

1ヶ月間のラマダンを終えると、マレーシア最大の祝日ハリラヤ・プアサが待っています。


今年は6月25日・26日(イスラム暦は一年が354日の太陰暦を採用しているので、ラマダンの時期は毎年11日ずつズレていきます)。


この頃はほとんどのムスリムが田舎に帰省するので、街はとっても静かなのですが、ショッピングモール内であってもお休みする店が多いので、祝日といえどもあまり観光には向きません。ですが首相官邸で食事が振る舞われたり(「オープンハウス」)、花火が上がったり、多くの人が新しい服を着て家族・親戚や知人宅を訪れたり、家の大掃除をしたり……と、まさに日本のお正月のようなおめでたい気分を味わえます。


国をあげてのお祝いムードを一緒に楽しむのも、多民族国家の醍醐味ですね!


 


  

経験した日: 2017年06月01日

Ambassadorのプロフィール


Nnn

木村 希 NOZOMI KIMURA Cluster Belladonna Sdn. Bhd. / CEO Jkids Malaysia / Director Paradise from Japan / Director 1988年、秋田県生まれ。山形大学在学中の2010年に初渡馬。飛行機で降り立った瞬間に(!?)マレーシアの魅力にハマり、5つ星ホテルでのインターン中に出逢ったビジネスパートナーと起業を決意。大学卒業3か月後の2011年12月に現地ローカル向け屋内遊戯施設(子どもの遊び場)とパーティルーム”Jkids Malaysia Playground & Kids Party”1号店をオープン。その後3年でマレーシア国内8店舗を展開。同社を2015年8月末にて事実上退任、心機一転新会社を設立。 同年10月にマレーシア初のファミリーカラオケ"Jparty Karaoke & Party Room"と子ども向けフォトスタジオ2店舗の立ち上げに参画。のち『マレーシアと日本を繋ぐ』イベント&ツアー&婚活ビジネスを始めた矢先、妊娠が発覚。並行してベビービジネスを開始。2016年1月"Made in Japan"ベビー&家庭用品専門店を2店舗開店。更なる展開を目指す。 2014年AERA新年合併増大号にて『アジアで勝つ日本人100人』に選ばれる。同年3月にはNHK BS1特番『ひうらさとるのアジアで花咲け! なでしこたち』番組初のマレーシア編、若手女性経営者として特集される。その後コミックエッセイ『女ひとり海外で働いてます!』としてKADOKAWA/メディアファクトリーより発売。 山形のライフスタイル誌"La piccola"やマレーシアビジネス情報サイト"Match Point"、アジアで働きたい人のためのリアル情報サイト"Abroaders"にてコラム執筆中。高校、大学、ラジオ出演やマレーシア関連のイベント企画運営MC通訳、なんでもこい(笑)。 ダイバーでランナー、趣味はアジアを飛び回ること。コーヒーが無いと1日が始まらないし酒がないと1日が終わらない。好物は鰻、きくわた、フグ。こだわりは爪。子どもはニガテ。とにかくマレーシアが好き(笑)。 座右の銘、曼珠沙華。 グローバルウーマン協会(GWA)マレーシア支部長 マレーシア東北六県人会主宰 マレーシア政府観光局公認Tourism SNSサポーター 各種お問い合わせ、お気軽にどうぞ♡

Nnnさんが書いたノート


マレーシア に関するノート