ABROADERS

  • HOME
  • [インドネシア]に関するノート一覧

[インドネシア] に関するノート一覧

  • インドネシア
    コスパ最高!インドネシア・バリ島のオススメお土産ベストセレクション3つ!

    こんにちは、岸野 彩花です。 お土産選びは旅の楽しみのひとつですよね。世界的リゾートであるバリ島には素敵なショップがたくさんあり、いろいろな本でも特集が組まれるほど。可愛くて種類豊富なバティックや美しい銀細工などを吟味して選べば、一生の思い出にもなります。 しかし、バリ島らしさとコストパフォーマンスの両方を求める方には断然、地元のスーパーマーケットでのお土産ハンティングがオススメです!   そこで今回は、スーパーマーケット大好きマン(略してスーパーマン)の私がリピート買いしているバリのおすすめのお土産をご紹介します!    

    Posted on 2017年08月17日
  • インドネシア
    インドネシアで浴衣と伝統衣装を着てみた!【突撃!隣の彼女の海外ライフ】

    今回は、バティック調査旅の休憩として、 インドネシアで浴衣と伝統衣装を着てみた!レポートをします。 浴衣は、日本のカジュアルで昔ながらの、夏着。 そしてインドネシアといえば、常夏。 ということで、年中着る機会があると思って持ってきた浴衣。   結果・・大活躍しています!

    Posted on 2017年07月21日
  • インドネシア
    インドネシアで働くってどんな感じ?【教えて!噂の彼氏の海外事情】

    「海外で働くって大変だよね」とか「インドネシア人と一緒に働くってどんな感じ?」みたいな質問をもらうことが多いのでその辺に回答してみたいと思います。 完全に僕の主観になるのでご参考までに。

    Posted on 2017年07月21日
  • インドネシア
    休日の過ごし方〜スポーツ編〜【教えて!噂の彼氏の海外事情】

    日本にいるとやりたいことがたくさんあってあっという間に休日が過ぎて行くと思います。 しかし、東南アジアにいると選択肢がぐっと少なくなります。。。 今回はそんなインドネシアの休日の過ごし方〜スポーツ編〜になります。 (要するに私の趣味紹介です笑)

    Posted on 2017年07月07日
  • インドネシア
    バティック調査旅 第3弾:紡績・織布工房【突撃!隣の彼女の海外ライフ】

    バティックの街であるプカロンガンを訪ね歩いていたら、とある高校生の男の子に出会いました。 この男の子は学校の課題でバティック美術館に来て、来場者にインタビューを行っていました。 私たちがどうしてここにいて、何をしたいのかを話していたら、なんと彼のおじさんが、バティックと紡績・織布工房をやっているという事が分かり、翌日急遽予定を合わせて連れて行ってもらう事になりました。

    Posted on 2017年07月07日
  • インドネシア
    現地スーパーで働く作者が教える、ハズレなしのインドネシア土産11選

    スラマッシアン(こんにちは)! KOKOです。   インドネシアでも今年のレバラン(断食明け大祭)休日がやっと終わりました! 今年の休みはとーっても長くて、10日もありました。ジャカルタもいつもひどい渋滞が全くなく、快適な日も終わりです。ザンネン!   さて、私が働くお店・パパイヤ フレッシュギャラリーでは、旅をしている方、駐在から帰られる方、日本へ一時帰国をする方、出張者の方、いろいろな方とお会いします。 今回の連休の前にも、よく尋ねられたのがインドネシアのお土産。 そこで、現地在住の日本人も御用達のパパイヤ フレッシュギャラリーで買えるおすすめを中心にご紹介しますね!     

    Posted on 2017年07月06日
  • インドネシア
    できることからスタート。まずは自走できるようになる。【教えて!噂の彼氏の海外事情】

    インドネシアでどんな事業ができるか探し回った1年間。 異国の地に来てできることなど限られていたので最終的には自分の経験のある分野からスタートすることにしました。 初稿はそんなお話になります。

    Posted on 2017年06月23日
  • インドネシア
    バティック調査旅 第2弾:プカロンガン【突撃!隣の彼女の海外ライフ】

    バティックに心奪われた、インドネシアジャワ島にバティック調査の旅、次の目的地はプカロンガン(Pekalongan)でした。 ジャワ島中部のジャワ海に面した都市プカロンガンは、人口約23万人。 この都市もチレボンに続きバティックで有名ですが、チレボンよりも静かでシャイで、おしとやかな雰囲気が漂っていました。   KAMPOENG BATIK(バティック村)と書かれた門に出迎えられ、工房探索が始まりました。 村の方々は私を見ると、バティックを買いに来たのかいと尋ねてこられ、はいと応えると、案内してくだいました。お互いの事をみんな知っていて、外人に親切でアットホームな村でした。

    Posted on 2017年06月23日
  • インドネシア
    バティック調査旅 第1弾:チレボン【突撃!隣の彼女の海外ライフ】

    バティックに心奪われ、インドネシアジャワ島にバティック調査の旅に出ました。 最初に訪れたチレボン(Cirebon)は、西ジャワ州に位置する人口約30万人ほどの、閑静ながらも文化に富んで落ち着いた街。 スンダ地域に囲まれており、バンテン州の都市セランと歴史的な関係のあるジャワ人の街でしたが、17世紀以来多くの華人が移民してきました。 その際にバティックにも影響を受けて、チレボン独特の模様が生まれたようです。

    Posted on 2017年06月13日
  • インドネシア
    インドネシアにいながら転職!新たな職場に立ってからの一年を振り返る

    こんにちは、公子です。インドネシアの日系スーパーで働き始めてまもなく一年が経とうとしています。 去年、私が勢いで飛び込んだこの組織は、インドネシア全国で600~700人のローカルスタッフを抱える大きな企業です。日本人はマネージャーとして、組織ピラミッドの上のほうに、入社と同時に配置されます。   私が配属されたジャカルタ郊外の地域には、店舗が5つあります。 各店のインドネシア人の店長と伴走しながら、日本人含め、インドネシア人、欧米人のお客さまに、満足していただけるサービス・クオリティや品揃えを提供できるように奮闘しているところです。    

    Posted on 2017年06月05日