ABROADERS

  • HOME
  • [ミャンマー]に関するノート一覧

[ミャンマー] に関するノート一覧

  • ミャンマー
    ミャンマー移住で新しい人生を!はみ出し者がここに住むべき3つの理由

    少し疲れたらシャン州の湖の上でのんびり過ごしてリラックス ミャンマーで探偵をしているPhilip D徳 Marloweです。 ■前回記事:海外で無職のススメ~人生100年時代だから、長期休暇の旅に出た~(リンク) 2ヶ月間近く休暇を取っていると、次第に暇になってきます。ミャンマーは雨季の現在、国内旅行は得策ではなく、かと言って国外旅行も都度ビザ更新が必要となるため、躊躇しています。朝からサラリーマンたちが勤務先へと向かう様子を横目に見ながら、カフェでまったり過ごすのが日課になってきました。それはそれで幸せです。 さて、今回はアウトローな人々こそミャンマー移住に向くことをご説明します。 学校や職場になじめない? 同調圧力が息苦しい? そういう方には、「無視する!」というスタンスをもって、今すぐミャンマーに移住することをお勧めします。    

    Posted on 2018年06月20日
  • ミャンマー
    第214話:女子物語【月曜更新】

    <前回までのお話> ちょっと嫉妬しやすいスタッフのザべスちゃん。 ある日、ハニーからターニャに体調不良の電話が。体調不良が続いていたのので、1か月休ませたほうがいいかなあとザべスとキャンディに相談。 次の日、ザべスはキャンディに「ターニャがハニーに休むように言ったか」確認の電話。 ハニーの反応は。。。

    Posted on 2018年06月19日
  • ミャンマー
    壊れるまで捨てない、壊れても捨てない!修理大国ミャンマーで活躍する「機械のお医者さん」

    ミャンマーは「修理大国」である。どんなものでも、壊れたからといってすぐには捨てない。例えば、家電製品が壊れたとしよう。日本人の場合、価格が高いパソコン等ならともかく、比較的安価な扇風機や電気ケトルなら、わざわざ修理に出さずに買い替える人も多いだろう。家電好きの人なら、たとえ壊れていなくても、新しい製品が販売されたらすぐに買い替えてしまうかもしれない。しかし、ミャンマー人は違う。家電にせよ、傘や靴などの日用品にせよ、壊れてもすぐには捨てず、修理をしながら大切に使い続ける。場合によっては、何十年も同じものを使い続けているから驚きである。とはいえ、全てのものを自分の力で直せるわけではない。そんな時に頼りになるのが、「修理屋」だ。今回は、ミャンマー人の生活に欠かせない家電修理ビジネスをご紹介したい。

    Posted on 2018年06月14日
  • ミャンマー
  • ミャンマー
  • ミャンマー
  • ミャンマー
  • ミャンマー
    海外で無職のススメ~人生100年時代だから、長期休暇の旅に出た~

    無職でも1年近く毎月継続的に行なっている、ダラへの寄付ツアーの様子 ミンガラバー! 無職 兼 探偵のD徳です。 ミャンマーに移住して以来、ずっとお世話になった会社を3月末に辞め、現在無職2ヶ月目を迎えています。サラリーマン人生はかれこれ丸10年の私ですが、節目節目で1~2ヶ月間の休暇を取ってのんびり過ごすことを心掛けております。30代、無職、ミャンマー在住という、なかなかハードモードな環境も面白おかしく楽しんでいます。 今回は海外だからこそ!? いや、日本でも!? 仕事を退職して数ヶ月のあいだ無職期間を過ごすことの大切さをお伝えしたいと思います。あなたもこれで、1日も早く無職になりたくなります。今すぐ辞表の準備をしましょう!    

    Posted on 2018年05月24日
  • ミャンマー
    女性活躍先進国ミャンマーで突撃取材:女性の社会進出は本当に進んでいるのか?

    ミャンマーには、多くの働く女性がいる。活気溢れる市場に一歩足を踏み入れれば、通りすがりの人々に威勢よく呼びかける女店主の声が飛び交う。 通勤時間帯のバス停は、オフィスに向かう女性たちで溢れている。学校を卒業したての女の子も、子どもを抱くお母さんも、貫禄があるおばちゃんも、街のいたるところで日々せっせと働いているのだ。そこで、今回は「女性の社会進出」をテーマに、道行く人々に街頭インタビューを実施した。

    Posted on 2018年05月24日
  • ミャンマー
    第210話:ター父【月曜更新】

    Posted on 2018年05月21日