ABROADERS

  • HOME
  • [ミャンマー]に関するノート一覧

[ミャンマー] に関するノート一覧

  • ミャンマー
    貧困層に見るミャンマーの電力事情

    私がミャンマーのヤンゴンで暮らし始めた4月頃は、停電が毎日のように起きていた。 ミャンマーは水力発電が中心であるため、雨がほとんど降らない乾季(11月~翌4月)になると停電が起きやすい。 また、暑さが酷い3~5月はエアコンが多用されるため電力が不足し、殊に頻繁に停電が発生する。 最高気温が45度近い中での数時間におよぶ停電。うだるような暑さの中で、いつになるか分からない復旧をひたすらに待たねばならず、自分が日頃いかに電気に依存した生活を送っているのかを再認識した。 このように、ミャンマーでは最大都市ヤンゴンですら電力供給が未だ不安定だ。 貧困地域に至っては、そもそも電気が届いていない家庭も多い。 電気の有無は、人々の生活にどのような影響を及ぼしているのだろうか。 この記事では、電気が届いている貧困層の家庭と、そうでない家庭の両方を取り上げ、それぞれの生活環境の違いに迫りたい。

    Posted on 2018年02月20日
  • ミャンマー
  • ミャンマー
    ミャンマーのマイナーおすすめスポット②【突撃!隣の彼女の海外ライフ】

    そんなにみんな行っていないかもしれない、ちょっとマイナーなおすすめスポットを紹介します♪ 何十年か昔の日本にあったようなスポットですが、なんだが趣深くて、懐かしさと面白さを感じるスポットです!

    Posted on 2018年02月16日
  • ミャンマー
  • ミャンマー
    ミャンマー人の「働き方」3つの特徴;貧困地域の女性経営者に学ぶ

    ミャンマー人の国民性として、一般的にどのように言われているだろうか。 勤勉? 温厚? シャイ? もちろん全ての人を一括りにすることはできないが、日頃ミャンマーの人々と接する中で、以上の傾向には納得できるものがある。 では、「仕事観」や「働き方」に特徴はあるだろうか。 これまでに、ミャンマーの貧困地域で小規模ビジネスを行う女性たちを30件以上訪問し、仕事や生活についての話を訊いてきた。 年齢層や生活環境、職種も様々な彼女たちへのインタビューから分かった、貧困地域に住むミャンマー人の「働き方」に関する3つの特徴をご紹介したい。

    Posted on 2018年02月07日
  • ミャンマー
  • ミャンマー
    まだわからない夢だって応援したい!〜ミャンマー初・キャリアメディア”Live the Dream"創設までの軌跡〜

    近年成長が著しい反面、既得権益層だけが国を牛耳ってその他の層は夢を見れずにキャリアの固定化が進んでいる国、ミャンマー。 しかし、そんな中でも這い上がってきた人は確かにいる。そんな人々のストーリーを伝えてミャンマーの次世代のリーダーを育成したい! みんなが胸を張って夢に生きる社会をSNSや動画という現代の武器を使って体現したい! そんなプロジェクト、"Live the Dream”(https://www.facebook.com/livethedream.com.mm/)   どうも、"Live the Dream"の創業者であり代表の佐々翔太郎と申します。 私は実はまだ大学生なのですがミャンマー現地の大学生含む若い仲間と共に、若者の夢を応援すべくキャリアメディアを創り上げていっています。 本日は"Live the Dream"の立ち上げまでの軌跡、そして事業概要をご紹介できればと思います。

    Posted on 2018年02月03日
  • ミャンマー
    仕事を掛け持ちする女性にみる、貧困地域で暮らす人々のビジネス形態

    「まずは雑貨屋でしょ。家の裏には畑があって、それから鶏もいるし…」 え、一体いくつの仕事を掛け持ちしているの!? 次から次へと仕事を説明してくれているのは、今回訪問した家庭のお母さん。 お母さんが住むのは、ミャンマー最大都市のヤンゴン近郊にあるコンムーという地域。 木や竹でできた家が立ち並ぶ、決して裕福とはいえない家庭が多いエリアだ。 どうやらこちらの家庭、複数の仕事を掛け持ちしているらしい。 その数、なんと4つ。 一体なぜ、仕事を掛け持ちするのだろうか? そして、何が彼らを仕事に向かわせるのだろうか? 一家が行う商売の詳細をもとに、その真相に迫りたい。

    Posted on 2018年01月30日
  • ミャンマー
  • ミャンマー
    ミャンマーのスラム、驚きの水の入手方法を探る

    これまで取材を通じて、ミャンマーの郊外やスラムに住む人々の家を訪問してきた。 その際しばしば見かけたのが、水がたっぷりと入った大きなドラム缶やタンクである。 玄関先や裏庭に置いてあるドラム缶の中に溜めた水は、洗濯や皿洗いといった家事、トイレ、水浴びに使われている。  一体この水をどこで手に入れているのだろうか。 雨水を溜めているのか、それとも近くに川や池があるのか。はたまた、家の近くに井戸があるのだろうか。 インタビューした家庭の事例をもとに、ミャンマーのスラムの水道事情に迫りたい。

    Posted on 2018年01月23日