ABROADERS

  • HOME
  • [働く]に関するノート一覧

【働く】に関するノート一覧

  • フィリピン
    アジアで現地の人と仕事をするなら要チェック! よくある7つの問題と3つの心得

    フィリピン人は基本的に陽気でフレンドリー。私のいるセブ島は旅行や留学のリピーターがかなり多いように思います。

    Posted on 2017年04月26日
  • インド
    インド在住6ヶ月で感じる、日本の若者が海外で働いて得る価値とは

    こんにちは。インド在住アンバサダーの大角です。 インドに来て、6ヶ月ほど経ちました。 今までは通勤中に見る風景すら新しい発見に溢れ、ドキドキ・ワクワクしていましたが、6ヶ月もするとすべてが日常になりました。 最も大きな変化は、自分が日本にいた時、何に悩んでいて、どんな風に考えていたかということが、だんだん分からなくなってきたことです(笑)。 そんな今の自分だからこそ「若い人が海外で働く本当の価値」について、お伝えできることがあると思います。今回は、出国前だった半年前の自分に伝えるつもりで、今の自分が感じていることを書いてみます。 ...

    Posted on 2017年04月17日
  • インドネシア
    米づくりから「スーパーの人」へ  インドネシアで食文化を育てる挑戦は続く

    こんにちは、公子です。  2014年3月からインドネシアの片田舎で米農家として過ごしてきましたが、2016年に共同経営者との方向性の違いがあり、インドネシアでのお米作りに終止符を打ちました。 ...

    Posted on 2017年04月17日
  • インド
    インド人と日本人の仕事に対する価値観の違い

    先日、いつも私のインドブログ見てるよー!という方から、こんな意見をいただきました。 「Kayoのブログはいつも楽しい話が書いてあって、それはそれでいいんだけど、実際はインドってもっといろんなことあるでしょう? それをもっと書いていったほうがいいよ。 楽しい話しか書いていないと、それだけを読んで「インドはめちゃくちゃ楽しくて、ハッピーな国」だと思ってきて来た人は、いろんなことが起きておいおい話と違うじゃねーか(怒)となりかねない。 中にはインド人との関係で悩んでいる人がいたり、生活で困っている人もいたり、大変なこともあるはずだから、そういう人の話も書いていったほうが良いと思うよ。」という意見でした。 ...

    Posted on 2017年04月07日
  • ミャンマー
    ミャンマー・農薬汚染地帯に有機農業を届ける

    こんにちは! ミャンマーでソーシャルビジネスをしている加藤です。 私たちの仕事は、ミャンマーの村々へ生活用品などを適正価格で届けることなのですが、実はその村々がある地域は、農薬の使用量が多すぎるという悪名高きエリアでもあります。知り合いのミャンマー人からも「あそこの地域は、農薬を使う量が多すぎるよね」と噂されるほど……。     ...

    Posted on 2017年04月07日
  • ミャンマー
    どこに行ってもチャレンジャーであり続けたい〜ミャンマーで新卒就職・独立をした山浦康寛さん〜

      成長著しいミャンマーにて、シェアハウス事業と家庭教師派遣事業を行うFINALsec Co.,Ltd.。この立ち上げを行ったのは、新卒でミャンマーに飛び込んだ山浦康寛さん。事業立ち上げ1年後には独立をされ、「日本とミャンマーの架け橋」となるべく奮闘されています。 どのような想いを持って現地で働かれているのでしょうか。また、今後の山浦さんのキャリアプランとは? 日本と自分の未来を見据えながら行動し続ける、彼のストーリーをお届けします。 ...

    Posted on 2017年04月07日
  • ミャンマー
    【前編】中学・高校に通わなかった私が、大企業に入り、公務員として地方活性に関わり、ミャンマーで転職した理由〜 広告会社勤務 大徳孝幸さん

    現在ミャンマーにて広告会社に勤務されている大徳孝幸さん。中学は1ヶ月のみ登校、高校は未進学。フリーターとなって全国を旅して回る傍、大検を取得されて大学卒業後はリクルートに入社されました。役場への出向と佐賀県庁への入庁を経て、2016年4月よりミャンマーへ移住という異色のキャリアを持つ大徳さんに、これまでのことを振り返っていただきました。

    Posted on 2017年04月05日
  • フィリピン
    目の前のことに全力で取り組めば、未来はいくらでも変えられる~Brighture English Academy 創業者 中西佑樹さん~【後編】

    Brighture English Academyを創業者の中西さんインタビュー記事、後編です。 高校在学中からミュージシャンとして活動し、その後アパレル系企業に就職。2008年に不動産業に転職。大前研一氏のBBT大学に通いながらもトップクラスの業績を収められました。その後、元Appleの松井博氏との出会いを経て海外経験ゼロにして語学学校、Brighture English Academyを創業。また日本では、不動産業界のレベルUPを目的としたメディアEdgeも運営。講演やブログでもさまざまな発信を行われています。  

    Posted on 2017年04月03日
  • インド
    2011年03月10日の日記 〜大学生の私が考えた進路選択について〜

    今日は私が大学生時代の日記を振り返ってみました。   私は、人が何かを選択する判断基準は、大人になったから突然変わるものではないと思うのです。 自分が小さい時に、どんなことを考えていて、どういう行動を取ってきたか。 その小さな積み重ねが今の自分を作ると思います。   もしやりたいことに挑戦したくても、挑戦できない人、決断できない人がいたとしたら、まずは大きな決断でなくてもいいから、目標にむけて、ほんのすこしだけ、いつもと違う決断をしてみてはいかがでしょうか。   そんなことを思って、今回の記事は書きました。     ...

    Posted on 2017年03月31日
  • ベトナム
    意外!?ベトナムは女性の活躍先進国だった。その理由とは…

    こんにちは、野坂 郁佳です。 ベトナム、ホーチミンでは、街を歩いていて見かける働く人々 ― 例えば、路上で物を売る人、売店の人、屋台を切り盛りしている人、そのほとんどと言っていいほどが女性です。男性を見かけるのは、楽な仕事という印象の駐車場管理や、一日中座ってばかりの警備員くらいです。   ベトナムは、アジアの中でも女性の活躍が著しく目立つ国です。 2015年・米マスターカード・ワールドワイドが発表した女性の社会への進出度調査で、ベトナムは66%と、アジア太平洋16ヶ国の中で5位。一方、日本は48.8%と平均を下回る進出度で、全体の13位という調査結果があります(MasterCard Worldwide Index ...

    Posted on 2017年03月29日