ABROADERS

  • HOME
  • 【保存版】ハズレなし!あなたが知らない、でもおいしい「マレーシア料理」

【保存版】ハズレなし!あなたが知らない、でもおいしい「マレーシア料理」

Posted on 2015年10月22日
0
3812

今回のテーマは、意外と知られていない“マレーシア料理”について。最初にお伝えしますが、マレーシアでは基本何を食べてもおいしいです!これには自信があります。

さすが多民族国家だけあって、

マレー、チャイニーズ、インディアン

それぞれ独自の伝統的食文化に加えて

チャイニーズとマレー系女性のもとに生まれた子孫が受け継ぐニョニャ料理

 

これら4つがマレーシアを代表する料理なのですが、

どれも本当においしいんです!

 

特に私のオススメ料理についてご紹介していきますね♪

チャークイティオ(Char Kway Teow

nozomi4_charkwayteow

 出典 Kake

 

きしめんのような米麺を、しょうゆなどで味付けして炒めたマレー料理。

私個人としては、以前LRT「ユニバーシティ駅」近くの路上の屋台で

食べた味が忘れられないのですが、

その屋台の場所がどこだったか思い出せない……。

もしどなたかご存知な方いらしたら教えてください! 

ホッケンミー(Hokkien Mee

nozomi4_hokkienmee

 出典 Alpha

 

茶色くて甘いぶつ切りうどん麺。

見た目は味噌煮込みうどんのような感じ。

チャイナタウンにある「金連記」のものが特に有名。

ナシレマ(Nasi Lemak

nozomi4_nasilemak

出典 Alpha

 

ココナッツで炊いたお米、フライドチキン、ピーナッツ、小魚、

サンバル(チリソースの一種)がワンプレートに載った

マレー人の朝ごはんの定番。

 

ダマンサラアップタウンにあるお店が

おいしくて有名らしい(行ったことないけど 笑)。

すべて合わせるとかなりカロリー高めなので

ダイエッターは食べ過ぎ注意!

エアアジアの機内食を酷評する人は多いけれど、

実は私はここで出されるナシレマが結構好き♡ 

ミーフンゴレン(Mee Hoon Goreng

nozomi4_meehoon

出典 Alpha

 

ママックストア(いわゆるマレー系のフードコート)なら

どこでも食べられる、日本でいうビーフンを炒めたもの。

 

私はマレーシアに来たばかりの頃、これにハマり

ミーフンだから大丈夫と思って

夜中に毎日食べていたら太りました……。

やはり炒め物は油が多いので注意が必要ですね。

私個人のお気に入りはミーフンゴレン・ママック 

(マレー風味のミーフンゴレンのこと。

これに対して中華風味はミーフンゴレン・チナ)。

ロティ・トロ(Roti Telor

nozomi4_roti

出典 Alpha

 

インド人の朝ごはんにはロティ・チャナイ(Roti Canai・上写真)という

ナンよりも薄く弾力のあるパンが定番ですが、

私はこれに卵が入ったロティ・トロが特に好きです。

 

他にも、デザート風にバナナとチーズが入ったロティも甘くて美味しい♡

これはなかなかメニューに書かれていることは少ないので、

口頭で聞いてみるのがいいと思います。

インド人街・リトルインディアに並ぶレストランでならだいたい作れるはず。

このあいだオーダーしたら、店員さんが

わざわざバナナとチーズを外で買ってきてまで作ってくれました(笑)。

バクテー(Bak kut the・肉骨茶)

nozomi4_bakkuteh

出典 Brian J. Chong

  

 

中国人の朝ごはんの定番。

漢方ベースや中国しょうゆで豚肉を煮込んだ料理。

 

口当たりはあっさりしているものの意外とカロリーは高い。

パワー補給にピッタリ!

バクテーはクランというエリアが有名で、

またクランはマラソン大会の多いエリアなので

私はレースの帰りに食べることが多い一品です。

チキンライス(Chicken Rice海南鶏飯

nozomi4_.chickenrice

出典 Alpha 

 

 

ゆで鶏と、そのゆで汁で炊かれた白米を

ワンプレートに盛り付けた定番料理。

薄い塩味なので、どこで食べてもそれなりにおいしい。

 

地方に多い、紙に包まれたペーパーチキンも有名。

シーハム(Si Ham

nozomi4_siham

出典 Kent Wang

  

 

実は私がマレーシアで一番好きな料理!

ただ、料理とはいっても小さな貝を殻つきのままさっと炒めただけで、

それをつま楊枝ですくい上げてチリソースにつけて

ちびちび食べるというものです。

 

チャークイティオと同じくLRT「ユニバーシティ駅」近くの路上と、

蛍で有名な海沿いの町・クアラセランゴールで食べた味が忘れられない!

本当においしくて食べる手が止まらなくなるほどです。 

イポーの「もやし」

nozomi4_ipoh

出典 Charles Haynes 

 

マレーシア第2の都市・イポーのもやしは

太くてみずみずしくて普通のもやしとは別格。

イポーは水がクアラルンプールと違って硬水のため、

おいしいもやしがとれるのです。

 

でも、そうであれば他の野菜も美味しくなるはずなのに、

なぜもやしだけが有名なのかは謎(笑)。

イポーの中心地にチキンライスともやしで有名な繁盛店があって

私はそこに行くことが多いのですが、

いまだにもやしのオーダーの仕方がわからない

(「ビーンスプラウト」と言ってもわかってもらえない)ため、

近くのテーブルの人のお皿を指さして毎回オーダーしています。

とってもおいしくて安いので、ひとり1皿は余裕!

ラクサ(Laksa

nozomi4_laksa

出典 insatiablemunch

 

 

「ラクサ」とはマレー料理の中で麺の代表格。

さらに各エリアに独自のラクサ文化があり、材料も味も異なります。

 

私のお気に入りはボルネオ島、

猫で有名な街クチンの「クチンラクサ」。

ジンジャーが効いていてスパイシー、

麺はかわいらしい米麺でヘルシーな感じ。

 

クアラルンプールでは、

道路沿いの駐車場に出ている屋台で食べるのが、

安くておいしいラクサとの遭遇率高め!

クエ(Kueh

nozomi4_kueh

出典 Ben Yapp

 

 

ニョニャ料理のお菓子の総称。

種類はたくさんあるけれど、ミルクと砂糖を固めた、

ぷるんとしたゼリー風クエが

私は特においしいと思います!

ニョニャ料理

 マレーシア、イギリス、ポルトガル、

各国の文化と独自の味付けが融合して進化してきたニョニャ料理。

マラッカとペナンが特に有名。

どの料理も本当に美味しいのですが味の説明が難しいので、

とりあえず一度食べてみてください^^

クアラルンプール市内では

お土産市場・セントラルマーケットにあるレストラン「Delicious」と、

ショッピングモール内に多いチェーン店「Nyonya Colors」で食べるのがオススメです。

代表的ニョニャ料理

■パイティー(Pie Tee) 写真出典 Alpha

nozomi4_pie

 

■アヤム・ポンテ(Ayam Pongteh) 写真出典 Biyu Lau

nozomi4_ayam  

 

■カンコンブラチャン(Kangkung belacan 写真出典 Chun Yip So

nozomi4_kangkung

  

 「マレーシア料理」とひとくくりにしても種類が豊富で、

しかも日本人の口に合うものがほとんどです! 

nozomi4_2

 

せっかくマレーシアに来たのなら

おしゃれなレストランもいいけれど、

屋台でオススメを聞きながらオーダーして、

どんどん新しい味に挑戦してみてください

きっとお気に入りに出会えるはずです!

 

ライター

木村 希/Nozomi Kimura

1988年、秋田県生まれ。山形大学在学中の2010年に初渡馬。マレーシアの魅力にハマり、2011年12月に子どもの遊び場”Jkids Malaysia Playground & Kids Party”1号店をオープン。現在マレーシア国内で8店舗、キッズ向けフォトスタジオ1店舗を展開する。2014年AERA新年合併増大号にて『アジアで勝つ日本人100人』に選ばれる。3月にはNHK BS1特番『ひうらさとるのアジアで花咲け! なでしこたち』にて番組初のマレーシア編、若手女性経営者として特集される。同社を2015年8月末にて退任、新会社を設立。「マレーシアと日本を繋ぐ」ビジネスの現在立ち上げ準備中。ダイバーでランナー、近々ゴルファー。夢はマレーシア観光大使になること。

ブログ: http://ameblo.jp/xxnnnxx99xx

Instagram: http://instagram.com/xxnnnxx99xx

このノートに関連するタグ

Ambassadorのプロフィール


Nnn

木村 希 NOZOMI KIMURA Cluster Belladonna Sdn. Bhd. / CEO Jkids Malaysia / Director Paradise from Japan / Director 1988年、秋田県生まれ。山形大学在学中の2010年に初渡馬。飛行機で降り立った瞬間に(!?)マレーシアの魅力にハマり、5つ星ホテルでのインターン中に出逢ったビジネスパートナーと起業を決意。大学卒業3か月後の2011年12月に現地ローカル向け屋内遊戯施設(子どもの遊び場)とパーティルーム”Jkids Malaysia Playground & Kids Party”1号店をオープン。その後3年でマレーシア国内8店舗を展開。同社を2015年8月末にて事実上退任、心機一転新会社を設立。 同年10月にマレーシア初のファミリーカラオケ"Jparty Karaoke & Party Room"と子ども向けフォトスタジオ2店舗の立ち上げに参画。のち『マレーシアと日本を繋ぐ』イベント&ツアー&婚活ビジネスを始めた矢先、妊娠が発覚。並行してベビービジネスを開始。2016年1月"Made in Japan"ベビー&家庭用品専門店を2店舗開店。更なる展開を目指す。 2014年AERA新年合併増大号にて『アジアで勝つ日本人100人』に選ばれる。同年3月にはNHK BS1特番『ひうらさとるのアジアで花咲け! なでしこたち』番組初のマレーシア編、若手女性経営者として特集される。その後コミックエッセイ『女ひとり海外で働いてます!』としてKADOKAWA/メディアファクトリーより発売。 山形のライフスタイル誌"La piccola"やマレーシアビジネス情報サイト"Match Point"、アジアで働きたい人のためのリアル情報サイト"Abroaders"にてコラム執筆中。高校、大学、ラジオ出演やマレーシア関連のイベント企画運営MC通訳、なんでもこい(笑)。 ダイバーでランナー、趣味はアジアを飛び回ること。コーヒーが無いと1日が始まらないし酒がないと1日が終わらない。好物は鰻、きくわた、フグ。こだわりは爪。子どもはニガテ。とにかくマレーシアが好き(笑)。 座右の銘、曼珠沙華。 グローバルウーマン協会(GWA)マレーシア支部長 マレーシア東北六県人会主宰 マレーシア政府観光局公認Tourism SNSサポーター 各種お問い合わせ、お気軽にどうぞ♡

Nnnさんが書いたノート


マレーシア に関するノート