ABROADERS

  • HOME
  • 【ガイド本にはない】土日だけで行ける、マレーシア・KLから1時間半の田舎でのんびりプチ旅行!

【ガイド本にはない】土日だけで行ける、マレーシア・KLから1時間半の田舎でのんびりプチ旅行!

Posted on 2017年10月06日
0
2069

こんにちは! マレーシア在住のライター、アイユです。


マレーシアでの休日はどんなふうに過ごすか、よく聞かれるのですが、私は月に2回ほど旅行に行っています。旅行といっても大がかりなものではなく、マレーシアは中心都市クラルンプールから1、2時間も車を走らせれば、多くの小旅行スポットがあるので、とってもお手軽に旅行が楽しめるんです!


 


先日の週末は友人たちと、身体を休めるためだけのプチ女子旅に行ってきました。ちょうど旅行の数日前まで高熱で寝込んでしまっていたので、リフレッシュするにはちょうどよい時間を過ごすことができました。


 


 

田んぼに囲まれた、のどかな環境

今回訪れたのは、クアラルンプールから車で1時間半ほど離れたSekinchan(セキンチャン)という地域。ふだん見ている都市の景色とはうって変わって、田園畑が延々と続く、とても穏やかな町でした。


私自身が東北出身なので、どこか懐かしさを感じる空気。とっても落ち着きます。


 


マレーシアのお家は彩り豊かで可愛いらしいのですが、緑の中に映える赤色の屋根に白壁。なんだかとてもフォトジェニックな雰囲気でした。


 


 

滞在先はちょっと変わったコンテナホテル!

宿泊したのは、貨物コンテナをカラフルに可愛く改造したホテル「Padi Box Home Stay(リンク)」。


虹色に塗装された外観はとってもキュート! 部屋数が少なめなので、ホテル内は落ち着いた雰囲気。ローカルの中でも知る人ぞ知る、人気ホテルです。


個室の中は意外に広々、カラーも白を基調としているので清潔感がありました。もとはコンテナなので、日中はエアコンをつけても何となく壁が温かいのですが、困るほどでもなく快適に過ごせました。


水回りもきれいで、シャワーの水圧や温度も問題なく、こう言ってはなんですが、期待値を越えるクオリティでした(笑)。


 


 

田畑だけじゃなかった、Sekinchan!

一見、田んぼしかなさそうなSekinchan……。ですがなんと、近くには海が! 町から車を20分ほど走らせビーチに到着しました。


海やビーチ自体はそんなにきれいとは言えませんが、岸にあげられた船、また沈む夕日も相まって、なんだか趣を感じました。船の近くまでいってみると、どことなく石油の匂いがしていたので、まだそんなに月日が経っていないものかもしれません。


 


少しビーチを散歩して夕食を済ませ、寝る準備ができたらトランプとお菓子をもって、みんなで庭にあるベンチに集合! そこで夜遅くまで、カードゲームや必須のガールズトークで楽しい時を過ごしました。まるで学生時代の宿泊学習みたい!


 


 

いつも食べているお米の生産工場を見学

帰りの日には「Paddy Processing Factory in Sekinchan(リンク)」という、マレーシアでも有名なお米生産地の工場見学に行ってきました。ひとり5リンギットで入場券とお米1合ぶんのパックを購入して、見学ツアースタートです。


まずは田植え~収穫までの様子をビデオで勉強。収穫直後のお米と玄米、そして精米後のお米3種類を実際に触って、形や固さの違いも学びました。


その後、スタッフの方にガイドしてもらいながら、精米機器やパック詰めされている様子などを見て回ります。マレーシア人のお米の年間消費量は約90kg(一人あたり)だそう。日本人の消費量が約60kgと聞くので、その市場規模の大きさに思わず皆 声を揃えて驚きました。


日本では小学校でお米ができるまでを習いますが、マレーシアではそういった教育はないそうで、同行した友人たちはとっても興味津々でした。


 


大学時代のゼミで、企業分析の一環で工場見学にもよく行っていたので、やはり消費者にモノ/サービスが渡るまでを見るのは非常に面白いと感じました。マレーシアでのユニークな工場見学先、今後も開拓していきたいと思います。


 


 

懐かしさ溢れる旅行を、マレーシアで

とにかくのんびり過ごしたSekinchanでの時間。


今回は雨でトライできませんでしたが、自転車を借りてサイクリングや、スカイミラー(リンク)という干潮時だけ訪れることができる絶景スポットなどもあります。


 


旅行の様子やオフショットはこちら(リンク)でたくさん紹介しているので、良かったらぜひ見てみてください。


 


旅行会社のパンフレットには載っていない、ちょっと変わったマレーシア旅。その行き先として、Sekinchanはいかがでしょうか?


 

経験した日: 2017年10月03日

Ambassadorのプロフィール


アイユ

マレーシア新卒海外就職をしたアイユです!リアルなマレーシア生活をお送りします*

アイユさんが書いたノート


マレーシア に関するノート