ABROADERS

  • HOME
  • ラオスの暮らし~子供たち編~【突撃!隣の彼女の海外ライフ】

ラオスの暮らし~子供たち編~【突撃!隣の彼女の海外ライフ】

Posted on 2017年12月08日
0
379

私の暮らすラオスの村には、たくさんの子供達がいます。毎日我が家に尋ねて来てくれます。

我が家に足しげく通ってくれる理由それは...。

理由は、私でもなんでもなく、この木のおかげなんです。マッカタンという、日本にはない、ラオス独特の果実のようなんですが...子供たちに大人気。

お味は...

味はというと...リンゴの少し小さくして、酸味を効かせた感じです。わたしも食べてみましたが、意外と、おいしい。ラオスの言葉で、『スワイカン(助け合い)』という言葉があります。言葉通り、困った時はお互い様。互いに助け合って生きていこうという文化で、この文化を現地で生活していると随所に感じることがあり、本当に素敵な国です。


なので、子供たちも独り占めなどはせず、わたしにくれたり、取れた果実もみんなで分け合ったりしています。

.

こんな訳で、このマッカタンという木のおかげで夕方は、我が家は賑やかに。


そして、小さいうちから自然のものを食べ、育つラオスの子供たち。大人になっても、おやつは木の実や草...なぞの植物。


ラオスの、食はとても興味深いです。


また、それは、おいおい是非記事にさせていただければと思います。


読んでいただき、ありがとうございました(*^_^*)

経験した日: 2017年12月08日

このノートに関連するタグ

Ambassadorのプロフィール


Emi

はじめまして。青年海外協力隊としてラオスの首都ヴィエンチャンのにある郡病院で助産師として活動中です。 日本では、なかなか情報の少ない国...ラオス。私も、ラオスに来るまでは、ラオス...どこ?と思ってました。 ラオスで生活している私目線で、ラオスという国を、いろんな角度からお伝えできればと思っております(*^_^*)

Emiさんが書いたノート


ラオス に関するノート