ABROADERS

  • HOME
  • ラオスの暮らし~結婚式編~【突撃!隣の彼女の海外ライフ】

ラオスの暮らし~結婚式編~【突撃!隣の彼女の海外ライフ】

Posted on 2017年12月15日
0
3977

ラオスで生活していると出席する機会のある冠婚葬祭。


ラオスに住み始めてわたしが呼ばれたのは、同じ職場の方の結婚式でした。


日本とは雰囲気やしきたりも違う結婚式。ラオスの結婚式事情を今回はご紹介します。

結婚式の呼ばれ方

日本で結婚式の場合と同じく、ラオスにも招待状があります。日時、場所などが、明記されており、ぜひ来てくださいといったような内容。ラオスでは、郵便はあまり機能しておらず、手渡しで、結婚式をする方の同僚から、もらいました。


結婚式の時間帯は、夜の時間帯にやることが多いとこのこと。わたしが参加した時も19:00からという時間帯でした。


結婚式は、日本とは違い、招待状もらった人プラス同伴者1名OK。当日、道を通れば誰でも参加OK!という衝撃。


出欠席の返事もなし。という、なんともフランク。

御祝儀は...?

ラオスの結婚式にも御祝儀がありました。日本だと御祝儀袋を用意して、筆ペンで名前を書いて...としますが、ラオスでは招待状の入っている袋がそのままご祝儀袋に


招待状をもらった袋に自分の名前も書いてあるし、袋にお金を入れてもっていくだけで...なんて便利。


お金もピン札でなどのルールもないそう。


金額は100.000kip(日本円で1300円くらい。ラオスのお金はお札しかないのですが、お札でいうと、ラオスで一番大きいお金)入れておけば大丈夫と助言をもらい、そのお金を入れ、参加。


同伴で行く場合は、御祝儀も不要とのこと。なんて太っ腹。


もちろん、ばったり参加の場合も不要。

結婚式の服装

ラオスには伝統衣装のシン(織物のスカート)とスア(上着)があります。


それをセットできるのがフォーマルな格好とされています。または、襟付きの洋服もフォーマルと判断されるようで、ポロシャツにシン(スカート)を履けば、ラオスでは比較的どこでもいけます。


シンとスアの素材には大きくわけて絹と綿の素材があり、結婚式などのフォーマルな場面では絹を着ます。


そして、みんなド派手なです。ここぞとばかりに着飾ります。ラオス人女性は伝統衣装を着るととても、美しいです。そして、織物も色々な柄やデザインがあり、本当に美しいです。結婚式に出席して、色々な人の着物を見るのも楽しみの一つです。


写真は院長先生と院長夫人。

結婚式の食べ物

日本の結婚式では、個別にフルコースといった感じが一般的ですが、ラオスでの結婚式では、ブュッフェスタイルが一般的だそうですす。自分で、麺類やパパイヤサラダなど調理したりするスペースもありました。なんせ、同伴者OK、招待状もらっても、来ない人もOK、道行く人が、参加もOKという、なんともフランクなスタイルだから、納得ですね。


食事を取りに人が群がります。

ラオスの文化「とにかく写真」

式の途中に、花嫁、花婿さんが、テーブルを回ってきてくれてテーブル写真を撮るなんてゆう、日本でもお馴染みの光景もあり。


テーブルはこんなかんじです。


ちなみに。ラオス人は、とても写真を撮ることが大好きです。特にセルフィー。いつでも、どこでも、セルフィー。会議中でもセルフィー。笑


ともあれば、結婚式は、花嫁花婿そっちのけで、バシバシとります!セルフィー。

ラオダンス

そして、ラオスの人は歌と踊りが大好き。主賓そっちのけで、歌えや踊れやの大騒ぎ。あんなに、綺麗に着飾ってた女子も、だんだん、ヒールで足も疲れ、踊りの途中で、靴を脱ぎだします。笑


音楽も爆音です。隣の人とおしゃべりしようと思っても音楽が、爆音なので、全く聞こえません...


なので、飲んで歌って踊って祝福する!というのが、ラオスの文化なんだと、感じました。

余談...

ラオスの衣装について触れたので、ラオスメイクにも、少し。


ラオスでのメイクは基本。「眉毛·命」です。眉毛は何が何でも濃くて太い方が美人です。リップも赤く濃く。


わたしも、たまに職場で「化粧薄い」と言われてしまいますが、そのときはスルー出来ても、結婚式では、スルーできませんでした。


なぞの美容院のようなところに、連れていかれ...眉毛とアイラインとリップで、おめかし。


一つラオスの文化を勉強させていただきました。


また、色々体験したことを今後記事にさせていただきたいと思います(*^_^*) 


読んでいただき、ありがとうございました。

経験した日: 2017年12月14日

Ambassadorのプロフィール


Emi

はじめまして。青年海外協力隊としてラオスの首都ヴィエンチャンのにある郡病院で助産師として活動中です。 日本では、なかなか情報の少ない国...ラオス。私も、ラオスに来るまでは、ラオス...どこ?と思ってました。 ラオスで生活している私目線で、ラオスという国を、いろんな角度からお伝えできればと思っております(*^_^*)

Emiさんが書いたノート


ラオス に関するノート