ABROADERS

  • HOME
  • 海外就職でもブラック企業に注意!!【教えて!噂の彼氏の海外事情】

海外就職でもブラック企業に注意!!【教えて!噂の彼氏の海外事情】

Posted on 2018年06月23日
0
1663

こんにちは!マレーシアで現地採用として働いている奥村 孝二(おくむら こうじ)です。
実は僕はマレーシアの最初の会社を2カ月で辞めてしまいました。典型的なブラック企業で【暴言・交通費の未払い・パワハラ】などがありました。現在は他のマレーシアの企業で元気に働いています。
今回は僕の経験から学んだ海外就職でブラック企業を見抜く3つの方法をご紹介します。どうぞご覧ください!


 

人柄を見る

1つ目が“人柄を見る”です。海外就職に挑戦する人の多くはやりがいや夢を追いかけて挑戦する人が多いです。僕もマレーシアで働くにあたって、独立や国際力を身につけるなどの夢がありました。
最初の海外就職の面接は一次面接がスカイプ・二次面接が現地で受けることがほとんどです。僕はやりたいことや夢を追いかけて社長や上司の人柄をあまり重視していませんでした。「仕事さえよければ周りは関係ない」そんなふうに思っていました。
ですが、暴言やパワハラを続けられているうちに体調を崩しわずか2カ月という早さで辞めてしまいました。僕と同時期に入ったインターンの大学生は2週間でその会社を辞めました。
みなさんもやりがいや夢を追いかけるのと同時に、社長や上司との人柄も必ず確認する必要があります。


 

会社で働いている人の話を聞く

2つ目が“会社で働いている人の話を聞く”です。社長や上司との人柄・相性がわからなければ、現地の面接時に「他の社員の人に話を聞きたい」とお願いしましょう。
他の社員の話を聞くことで会社のことがより詳しくわかります。もしそれで断られることがあればそれまでの会社ということです。


 

他の転職エージェントに確認する

3つ目が“他の転職エージェントに確認する”です。みなさんは海外就職するさいに3,4社の転職エージェントを利用していると思います。していない方はすることをぜひおすすめします! 詳しくはこちらで書いています ⇒ 転職エージェントの選び方
第1,2志望や内定が出た企業が気になる方は他の転職エージェントに聞いてみましょう。もしブラック企業ということがわかっていれば、少し教えてくれるはずです。悪口をベラベラしゃべる担当者もよくありませんが、信頼できる担当者に聞くのも1つは手です。


 

まとめ

いかがだったでしょうか?
今回は海外就職でブラック企業を見抜く3つの方法をご紹介しました。
正直なところ僕が甘かっただけなのかもしれません。ですが、みなさんには海外就職で失敗は絶対にしてほしくないので、ご紹介しました。
みなさんも納得できる海外就職・転職できるよう心から願っています。もし何か質問やわからないことがあれば僕のブログからお問い合わせください!わかる範囲で協力します! ⇒ Endless Journey
読んでいただきありがとうございました!

経験した日: 2018年06月25日

Ambassadorのプロフィール


こうじ

こんにちは! こうじです。僕は東南アジアのマレーシアで働いています。 日本で社会人として 3 年間働いた後、夢だった”世界1周”の旅をしました。その後、フィリピン留学で英語を3ヶ月間学び、現在マレーシアで働いています。 マレーシアでは飲食関係の新規事業立ち上げの仕事をしています。またマレーシア情報・海外就職・英語の情報発信ブログ「Endless Journey」を運営しています。よろしくお願いします!

こうじさんが書いたノート


マレーシア に関するノート