ABROADERS

  • HOME
  • 海外就職に「目的・ビジョン」は必要か?〜私がタイでキャリアアドバイザーになるまで

海外就職に「目的・ビジョン」は必要か?〜私がタイでキャリアアドバイザーになるまで

Posted on 2015年11月12日
0
226

サワディーカー! タイ在住の味(AJI)と申します。現在、バンコク在住歴約1年半。 日系人材会社でキャリアアドバイザーとして働いています。今後、海外就職やタイライフについてのリアルな現場の「声」「魅力」をみなさんに発信していけたらと思っています!

 

突然ですが、ABROADERS読者のみなさんは

海外就職に少なくとも1ミリは興味のある方、

もしくは

既に海外で働いている方が多数なのではと思います。

 

それでは、質問です!

あなたの海外就職の「目的・ビジョン」は何ですか?

 

約3年前の私の答えは……

私「グローバル人材になりたい!」

 (海外で生活したいからという気持ちも、もちろんありました 笑)

面接官など「では、グローバル人材になるあなたの『目的』は?」

私「……(まだよく分からないけど)成長したいからです!」

そんな、ザックリとした答えしかもっていませんでした

 

aji1_7

ダイビングといえばタオ島!

 

今回は、

そんな私が3年間海外で働くことで見つけた「目的」を含め、

自己紹介をいたします。

 

 

昔から大の海外好き!

高校から国際系コースに進み、外国語大学へ進学、

フロリダ大学へ交換留学と、

昔から海外を意識した選択をしてきました。

 

フロリダ大学では観光学、Hospitality学を専攻。

いわゆる「おもてなし」の行動や考え方について学び、

多種多様な価値観を深く理解し、

受け入れる柔軟さを持って人と接することなどを

現地の生活を通して実感しました。

 

そんな学生時代の刺激的な経験、学び、出会いは、

「柔軟で応用力のある人材=グローバル人材」という定義を私の中に形成し、

月並みですが、「グローバル人材になる」というのが当時の私の目標となりました。

 

 

aji1_1

みんなで乾杯!カンパニーパーティー

 

どうしても譲れなかった、海外就職!

卒業後に目指したのは、

新卒での外資系海外就職。

 

当時、中東で働きたかった私は、

就職活動でとある外国人人事から、

この国で日本人として何ができるか?という質問を

様々な角度で何度もぶつけられ、

うまく回答できなかったのを

今でも冷や汗が出るほどはっきり覚えています(笑)。

 

結果は不合格。

「社会人経験もない今の私にできることは何だろう……」と

いつも不安を抱くようになりました。

 

「不安」→「自信をもって本音で回答できない」→

「背伸びした回答」→「回答が抽象的になる」

と言った、まさに負のループ!

 

そこで考えに考えて出した答えは、

私がその時点でできることは

少しでも自分の海外就職の「目的」を具体化し、

格好つけずに気持ちと熱意で

ぶつかるのみだということ。

 

この考えに辿りついた結果、

日本で働くことによって、海外で学んだことをアウトプットし、

日本人として何ができるかということを少しでも体系化しようと

卒業後は日本で就職しました。

 

そこでたくさん学ばせていただいた後、

今の会社にチャンスをいただき転職。

現在、念願だった海外、タイで働いています。

 aji1_2

タイで働く同い年の日本人女子たちと、幸運のピンクガネーシャの前で

 

アジアで働くということ

日本人で、現在国外・アジアで働いている

現地採用者数は約14万人。

これは駐在員数の約1.5倍の数字で、

しかも年間1~2万人のペースで

増加していると言われています。

 

現地採用の働き方や雇用体制も多様化し、

「グローバル人材」とあえてくくらなくても

海外で働くことが当たり前になる世の中は

そう遠くない。

人材業界にいるとなおさら強く感じます。

 

aji1_4

タイ拠点メンバーたちと、本社の東京へ出張

 

海外就職するのに「目的、ビジョン」は必要か?

この疑問に対する私の持論は、Yes & Noです。

 

どういうことかと言うと、

目的が具体化していなくても、

海外で働きたいという

ブレない気持ちがあれば、

まずはそれで十分と思っています。

実際に、私の担当するお客様たちを見ていても、

自分を信じて、

フットワーク軽く動いた人たちが内定を得ています。

 

一方で、

目的・ビジョンをもった人間の強さ

日々目の当たりにしています。

楽しいことばかりではない海外就職において、

活躍している方の多くは

何かしらの目的・ビジョンを明確にもっており、

それに向かって全力で走っています。

 

私は、前者でした。

海外就職が結果的に

私の目的をより鮮やかなものにしてくれたのです。

 

「起業したい」とか、具体的に「何かを成し遂げたい」。

必ずしもそんな立派なことでなくてもいいので、

小さな目的・ビジョンにフォーカスして、

あとは自分の気持ちに素直に従い行動する。

動きながら考えるというのも大切だと思っています。

「あなたらしさ」を大切に。

 

私の現在の目的はずばり、

日本人にとって海外就職をより身近にし、

ひとりでも多くの方に「あなたらしく」

ご活躍していただくことです。

 

まだまだひよっこの私ですが、

タイでアジアの勢いを感じながら日々走っています!!

これからみなさんの声を聞きながら、

情報発信できればと思います!

 

本日もハッピーな一日を。

読んでいただき、コップンカ!

 

バンコクで働きたくなった方はこちら▶REERACOEN RECRUITMENT

ライター

味/AJI

1990年富山県出身。関西外国語大学卒業。大学在学中は、観光学、ホスピタリティーマネジメントを学ぶためフロリダ大学へ留学、卒業後はホテルにて勤務。その後、転職してReeracoen Recruitment Co.,Ltd. バンコク法人に配属、キャリアアドバイザーとしてヒトのご縁を繋ぐため奮闘中!と同時に、大好きな旅・自然・ヒト・美・お酒が揃ったタイライフを絶賛enjoy中!全米NLP協会認定NLPマスタープラクティショナー。モットーは「素直に生きる!」。

このノートに関連するタグ

Ambassadorのプロフィール


AJI

富山県出身。大学在学中は、観光学、ホスピタリティーマネジメントを学ぶためフロリダ大学へ留学。Reeracoen Recruitment入社。タイ支店にて3年間現地企業向けに人材紹介サービスの営業、キャリアコンサルタントに従事。2017年2月よりシンガポール支店に異動。全米NLP協会認定NLPマスタープラクティショナー。モットーは「素直に生きる。」。

AJIさんが書いたノート


タイ に関するノート