ABROADERS

【難民】に関するノート一覧

  • バングラデシュ
    ロヒンギャの子どもたちと、難民キャンプでアニメ吹き替え制作に挑戦

    ABROADERS 読者のみなさま、ご無沙汰しております。前回の記事から約5ヶ月ぶりの更新となってしまいましたが、サボっていたわけではありません。 バングラデシュで暮らす生活も6年目に入り色々と変化をしながら、七転び八起きで前進し、ChotoBela works としての活動もますます活発になって、使命感と共に駆け回っています。 そんな私たちの事業の一環である、移動映画館(NPO World Theater Project と提携し、バングラデシュ支部として行っています)。昨年は、やなせたかしさんの遺作アニメ映画『ハルのふえ』を現地ボランティアの仲間たちと協力して、バングラデシュの国語であるベンガル語、少数民族のいち言語であるチ ...

    Posted on 2019年09月30日
  • バングラデシュ
    バングラデシュにいるロヒンギャ難民の現在と、子どもたちの運動会 রোহিঙ্গা শিশুদের সাথে কিছু আনন্দঘন মুহূর্ত

    ロヒンギャ。私が今あらためて説明するほど、知られていないとは思いません(知られていることを願います)。ロヒンギャは歴史的背景やさまざまな判別基準から民族であるとかないとか諸説ありますが、一般的には現在ミャンマーからバングラデシュへ難民として逃れている境遇の人々のことです。 2018年11月上旬、前回からちょうど一年ぶりに、ロヒンギャ難民キャンプを訪れました。 ■過去記事リンク:報道とは別の目線で感じた、私のロヒンギャキャンプ   当時は、ロヒンギャの人たちも命からがら国境を越え逃れてきたばかりでした。背景にある問題が巨大すぎて政治的なことは私には言えませんが、自分がロヒンギャのことを知って、素直に好感をもったことを ...

    Posted on 2018年12月21日
  • バングラデシュ
    報道とは別の目線で感じた、私のロヒンギャキャンプ আমাদের সাথে সাক্ষাৎ করার জন্য ধন্যবাদ, রোহিঙ্গা 【突撃!隣の彼女の海外ライフ】

    あっという間に12月、2017年も締めくくりです。 バングラデシュでは4月にお正月を迎えるので、12月は、日本のように師走の空気感も、クリスマスのイルミネーションや音楽を見聴きすることも(9割イスラム教徒の国なので)、一年を振り返る意識もありませんが、やっぱり日本人の私としては、2017年に目指したこと・できたこと・やり残したことなどを考えてしまいます。ABROADERSのおかげで、皆さんへバングラデシュや自分のことを伝える機会をもつことができ、それにあたり視野もちょっとだけ広がったようにも思っています。   前置きが長くなりましたが、そんな今年最後の記事は、「ロヒンギャ難民キャンプ」に訪れた日についてです。「ロヒン ...

    Posted on 2017年12月15日