ABROADERS

【ヤンゴン】に関するノート一覧

  • ミャンマー
    3年暮らしたミャンマーを、去りました!

    タイトルの通りでございます。ミャンマーを去りました。ミャンマーで出会った皆様、3年間本当にお世話になりました。この3年間は毎日が刺激的で、日本で生活していたら絶対に得られなかった経験を数多くすることができました。 民主化したばかりでリスクだらけのミャンマーに単身乗り込んできた同世代の起業家たちはみんな、どこかネジが飛んでいて、日本で変人扱いされていた僕なんてかすむくらいの変な人たちばかりで、元来人付き合いの悪い僕も、ここで関わった人たちには心から尊敬の念を抱いていました。 海外生活初体験が民主化間もないミャンマー。英語もロクに話せず、劣悪な住環境とストレスだらけの勤務先……。最初の半年は身体的にも精神 ...

    Posted on 2019年06月13日
  • ミャンマー
    日本人にこそ観てほしい!映画館に6回も足を運んだ、激推しタイ映画!

    6回目の鑑賞はさすがに人生初! こんにちは。ミャンマーの映画館にほぼ毎週通いつめては、言葉も分からないままミャンマー映画を観ているD徳です。分からないなりにも観続けていると、その国ならではの考え方や文化が垣間見えるようになってきて、それなりの楽しみを見いだすこともできるのでぜひオススメしたい。 今回は、ミャンマー映画ではありませんが、何気なく観たタイ映画について、それがあまりに面白かったのでオススメ記事を書きます。 その名も『London Sweeties』。英語がまったく話せない三人の男女が、それぞれの目的で英国ロンドンの地に降り、言葉に悪戦苦闘しながらもハートで乗り越えようとするコメディ映画です。   ■『L ...

    Posted on 2019年03月27日
  • ミャンマー
    マニアックの極み!ミャンマーにいる各民族の生活様式を知れる「民俗村」へ

    「民俗村」入り口 チェンマイ旅行(下に過去記事リンク)からミャンマーに帰国した翌日、National Races Villageという、いわゆる「民族村」にひとりで行ってきました。 ■【過去記事リンク】魅惑の幻想的世界。チェンマイのランタン祭り「コムローイ祭り」を体験!     ...

    Posted on 2019年01月30日
  • ミャンマー
    ミャンマーの食事は油が多くて不健康!?ミャンマー人の健康意識について街頭インタビューして分かったこととは?

    ミャンマーで生活していて思うのは「ミャンマーって、健康に悪そうな食べ物が多いな……」ということです。  上の写真のように油を大量に使うミャンマーカレーや、甘さたっぷりのミャンマー紅茶(ミルクティー)など、基本的に濃い味のものが多く見られます。しかもそんなミャンマーカレーを、ミャンマー人は毎日のように食べるのだから驚きです! WHOの調査では、ミャンマーの成人のおよそ4人に1人が(24.9%)が高血圧患者だと出ています(文末注:1)。 「そもそもミャンマー人は、健康を意識しているのだろうか?」。その疑問をもとに、街頭インタビューを行うことにしました。     ...

    Posted on 2019年01月23日
  • ミャンマー
    2018年のD徳的出来事、ベスト5~ニート生活から再就職

    我が2018年に一片の悔いなし こんにちは、スナフキンD徳です。シェアハウスを運営しながら1ヶ月間は欧州、そのままチェンマイ。そして先日まで日本に滞在しておりました。「自宅って本当に必要かな?」と真剣に悩む30代でございます。 さて、前回の2017年(過去記事リンク)に引き続き今年も2018年のD徳的出来事、ベスト5を発表します。今年も色々とありました。色々とあり過ぎて、且つ、来年からの激動の日々を思うと今から吐きそうです。今のうちに全て吐き出しておきます。   ■【去年の記事】2017年のD徳的出来事、ベスト5(リンク)     ...

    Posted on 2018年12月24日
  • ミャンマー
    ASEANで唯一の国!最大都市でバイク走行が禁止されているミャンマー

    東南アジアと聞いて、バイクの大群をイメージする人は多いのではないだろうか。日本では考えられないほどのバイクが一度に道路を埋め尽くす。しかし、ミャンマーの最大都市ヤンゴンでは、そのようなバイクの大群を見ない。なぜなら、バイクの走行が禁止されているからだ。ところが今回訪問したヤンゴン郊外では、禁止されているはずのバイクが平然と走っていた。今回は、ヤンゴンにおけるバイク走行の規制とその実態に迫りたい。 ...

    Posted on 2018年05月01日
  • ミャンマー
    ミャンマー・ヤンゴンの片隅で。毎月恒例、ダラでドネーションに行ってきた

    ミンガラバー。ヤンゴンで探偵をしておりますPhilip D徳 Marloweです。私がミャンマーに移住して間も無く丸2年が経とうとしていますが、その間のミャンマーの、特に最大都市ヤンゴンの発展は目覚ましいものがあります。 普段着だった民族衣装・ロンジーを着る人々は、若い人を中心に年々減る傾向にありますし、クリスマスやバレンタインデーなどといった外来文化も徐々に盛り上がりを見せつつあります。あと4~5年もすれば街も人も文化も、今とは見違えるほど変わっていることでしょう。 しかし、変化に適応し進化していくものもあれば、変化に取り残され置き去りにされてしまうものもあります。今回はヤンゴンのダウンタウンからヤンゴン川の対岸にあるダラとい ...

    Posted on 2018年04月02日
  • ミャンマー
    送迎バイクで登校?スラム街に住む少女の通学手段とは。

    今回は、ミャンマーの最大都市ヤンゴンの郊外にあるスラム街を訪れた。 訪問先のご家庭で話を聞いていたとき、驚きの光景を目の当たりにした。 バイクのエンジン音が家に近づいてきて、それを聞いた少女は言った。 「学校いってきます。」 少女は家の前に到着したバイクの、運転手の後ろに座った。 私「え!?バイクで登校するの?」 お父さん「そうだよ。運転手を雇ってて送迎してもらってるんだ。」 日本人にとって、贅沢なイメージの送迎。 スラム街の小さな家に住むこの家庭は、実は裕福なのだろうか。 その真相に迫りたい。 ...

    Posted on 2018年03月08日
  • ミャンマー
    貧困層に見るミャンマーの電力事情

    私がミャンマーのヤンゴンで暮らし始めた4月頃は、停電が毎日のように起きていた。 ミャンマーは水力発電が中心であるため、雨がほとんど降らない乾季(11月~翌4月)になると停電が起きやすい。 また、暑さが酷い3~5月はエアコンが多用されるため電力が不足し、殊に頻繁に停電が発生する。 最高気温が45度近い中での数時間におよぶ停電。うだるような暑さの中で、いつになるか分からない復旧をひたすらに待たねばならず、自分が日頃いかに電気に依存した生活を送っているのかを再認識した。 このように、ミャンマーでは最大都市ヤンゴンですら電力供給が未だ不安定だ。 貧困地域に至っては、そもそも電気が届いていない家庭も多い。 電気の有無は、人々の生活 ...

    Posted on 2018年02月20日
  • ミャンマー
    ミャンマー人の「働き方」3つの特徴;貧困地域の女性経営者に学ぶ

    ミャンマー人の国民性として、一般的にどのように言われているだろうか。 勤勉? 温厚? シャイ? もちろん全ての人を一括りにすることはできないが、日頃ミャンマーの人々と接する中で、以上の傾向には納得できるものがある。 では、「仕事観」や「働き方」に特徴はあるだろうか。 これまでに、ミャンマーの貧困地域で小規模ビジネスを行う女性たちを30件以上訪問し、仕事や生活についての話を訊いてきた。 年齢層や生活環境、職種も様々な彼女たちへのインタビューから分かった、貧困地域に住むミャンマー人の「働き方」に関する3つの特徴をご紹介したい。 ...

    Posted on 2018年02月07日