ABROADERS

  • HOME
  • 【インタビュー】ベトナムの建材メーカーへ海外転職したTsuboiさん

【インタビュー】ベトナムの建材メーカーへ海外転職したTsuboiさん

Posted on 2020年04月01日
0
501

今回は、日本からベトナムの建材メーカーへ海外転職したHaruki Tsuboiさんへ、実際どんな感じで海外転職を実現し、どのような経験をされたのか本音で話していただきました!


 

ベトナムの建材メーカーへ海外転職したTsuboiさんへインタビュー!

・まずは自己紹介をお願いします


ベトナムで、建物の防水性や気密性を保持するための材料を取り扱う建材メーカーで働いています。お客様の多くは日系ゼネコン企業です。業務は営業・見積もり・国内外の製品の在庫管理等を任せられています。


以前は、日本でお笑い芸人やぬいぐるみメーカーの営業職などとして働いていました。海外に出たのは社会人9年目の時でしたね。


大学は、法学部法律学科を卒業し、特技はおいしくて体にやさしいラーメンを一日150人前作ることですね。要予約です(笑)。趣味はウクレレ、ギターです。最近では即興で作詞作曲も出来る様になりました。


 


・なぜ海外にきたのですか?


色々ありますが、一番の大きな理由は、行ったことのない場所へ行き、会ったこともない人たちと何かを成し遂げたいと思ったからです。


 


・どのように海外転職を実現させましたか?


  どこで何をやりたいかを決めてから、転職サイトに登録しました。エージェントの方が親身になってくれて、とても助かりました。


 


・ベトナムの気に入っているポイントを教えてください


  強く優しい心をもった人が多いと感じることです。街を歩いていても「みんな違ってみんないい」が心地よく香ります。
  あとは笑いのセンスが高い人も多い気がします(天然な人も含め 笑)。


職場の歓迎パーティの日、緊張していた私にベトナム人社員が「ここはたくさん笑って生きる国だよ」と言って肩を組んでくれたのがとても印象に残っています。


 


・今の仕事のやりがいはどんなところでしょうか


仲間とプロジェクトを成功させた時、打ち上げで仲間たちとベトナム料理を食べることですね。あとは基本的なやりとりは英語なのですが、持ち前のヒューモアがベトナム人にフィットした時です笑


 


・海外で働く上で大切にしていることは何でしょうか?


ON・OFFのメリハリの一言に尽きます。集中する時はとことん集中。またリラックスする時もとことんです。


勤務時間中に会社のモニターでTVゲームをやって盛り上がる社員。上司がそれをみて「なんだそのシュートの打ち方は!!」と笑っているような会社です。


 


・休日はどのように過ごしていますか?


ベトナム人の友人と映画やカフェに行ったり、一人でスーパーで食材を吟味したり……。知らない国を少しずつ知っていく過程がとても楽しいです。


 


・今まで一番カオスだった経験は?(笑)


ホーチミンの道路の混み様には驚きました……。バイクが多く、最初は道の渡り方がが全くわかりませんでした。


 


・最後に一言お願いします!


「何でも本気でやってみる」


もちろん出来ない時もあります笑


ただ思い出して嬉しくなる自分はどれも頑張って壁を乗り越え楽しんでいた時の僕です。


あと何個そんな宝物をつくれるかわかりませんが、沢山作って、素敵なおじいさんになりたいです。


 


Tsuboiさん、ありがとうございました! 今後もベトナムでご活躍されることを願っております!


 


ABROADERSでは海外転職などを期に海外で活躍されている方を応援しています。この記事が海外で活躍しようと思うキッカケになればうれしいです!


また、ABROADERS CAREER(https://career.abroaders.jp/)ではアジアの求人を探すことができます! ぜひ覗いてみてくださいね!


 


 

経験した日: 2020年03月03日

Ambassadorのプロフィール


ABROADERS事務局

ABROADERS事務局、公式アカウントです♪ アジアで活躍する方々のインタビュー記事や4コマ漫画など、アジアの面白コンテンツを発信していきます!

ABROADERS事務局さんが書いたノート


ベトナム に関するノート