ABROADERS

  • HOME
  • ベトナムで働く日本語教師の1日のスケジュールとご飯事情

ベトナムで働く日本語教師の1日のスケジュールとご飯事情

Posted on 2015年10月14日
0
11354

Xin chào! ベトナムホーチミン在住の鼈宮谷(べっくや)です。前回はホーチミンの日本食事情についてお話ししましたが、実は私はほとんど日本食を食べません。

 

「日本食は高い」というのも理由のひとつですが、それ以上に、なんといってもベトナムの料理はおいしい!

そこで今回は、日々どんなものを食べて生活しているのか、職場環境や1日のスケジュールと併せてご紹介します。

現在の職場について

今の職場は、ホーチミンの3区にある日本語学校。

今年の3月に開校したばかりの新しい学校です。

講師陣は、日本人2人にベトナム人6人。

その他、経営陣や営業スタッフも含めて、総勢15名ほどの職場です。

同年代の女性が多く、みんなとっても仲がいいです。

 

1日のスケジュールと日々の食事

8:30 起床&身支度

仕事はお昼からなので、朝はのんびり起床。

朝が苦手な私にとってはありがたいです。

こちらに来てから化粧は手抜きになる一方で、朝の支度はだいたい20分で終わります。

9:00 家を出て、近所のカフェで朝ごはん

バイク大国ベトナム。

通勤時は、ものすごい数のバイクが道路を埋め尽くします。

事故を起こさないように注意しながら運転します。

写真①

最近は毎日早めに家を出て、カフェで朝ごはんを食べます。

よく食べるのは、バインミー(ベトナム風サンドイッチ)。

具沢山でおいしいです。

Photo 2015-10-13 9 23 19

11:00 出社

出社したら、その日のスケジュールを確認してから、ベトナム人講師の進めている仕事をチェックしたり、授業の準備をしたりします。

写真③

また、毎週金曜日は11:00から定例ミーティングをしています。

仕事で困っていることや、今後のスケジュールなどを共有します。

まだ始まって間もなく、規模もあまり大きくない学校なので、スタッフ間のコミュニケーションはとても大事にしています。

12:00 お昼ごはん

同僚と一緒に昼食をとります。

お弁当を注文したり、誰かが作ってきてくれたごはんを食べたりします。

最近は、なんと同僚が毎日お弁当を作ってきてくれます。ありがたい……。

肉、魚、野菜のバランスもよく、とってもおいしいです!

写真④

ベトナムでは、いわゆる「同じ釜の飯を食う」ことがとても大切にされており、

どんなに忙しくてもみんな一旦仕事の手を止め、テーブルを囲んでお昼ごはんを食べます。

13:00 お昼の授業

お昼の授業。

この時間は、日本で仕事をする「技能実習生」に日本語を教えています。

45分1コマの授業が、休憩を挟みながら2〜4コマ続きます。

写真⑤

17:00 おやつタイム

昼の授業が終わったら、夜の授業に備えておやつを食べます。

みんなが大好きなのは、「Banh Trang Tron(バン・チャン・チョン)」というおやつ。

ライスペーパーを細かくカットしたものを、エビや鶉のたまごやピーナッツと混ぜ合わせたものです。

誰かが「バン・チャン・チョン食べたい人〜?」と聞くと、「はい!」と一斉に手が挙がります。

 

また、フルーツが安くておいしいベトナムでは、誰かが持ってきたフルーツを一緒に食べることも多いです。

みんなフルーツをカットするのがとても上手。

18:30 夜の授業

大学生や社会人向けの、夜のクラス。

「留学したい」「日本の会社で働きたい」など目的は人によって違いますが、みんなとても勉強熱心です。

Photo 2015-09-21 16 05 07

21:00 退社

授業が終わってからは、試験の採点や授業記録の記入をします。

1日の授業が終わると、もうクタクタです。

退社は毎日21:00頃。

21:30 夕飯

同僚と一緒に、職場の近くのワンタン麺を食べに行きます。

日本のラーメンに似ている小麦粉の麺は、毎日通いたくなるおいしさです。

スープもおいしい!

 Photo 2015-10-12 21 12 41

以上、日々のごはんとスケジュールでした。

ベトナムの生活を、少しだけイメージしていただけたでしょうか。

毎日おいしいごはんが食べられて、とってもうれしいです。

日本に帰っても自分で作れるように、今から練習しておこう……と思う今日この頃です。

ライター

鼈宮谷 千尋/Chihiro Bekkuya

大学卒業後4年間勤めたPR会社を退職し、日本語学校新規立ち上げのためベトナム、ホーチミンへ移住。WEBマガジン「Travelers Box」エディター/ライター、リトルプレス「WORLD YOUTH PRODUCTS」エディター。旅するように身軽に生きていきたい。

このノートに関連するタグ

Ambassadorのプロフィール


鼈宮谷千尋

大学卒業後4年間勤めたPR会社を退職し、日本語学校新規立ち上げのためベトナム、ホーチミンへ移住。WEBマガジン「Travelers Box」エディター/ライター、リトルプレス「WORLD YOUTH PRODUCTS」エディター。旅するように身軽に生きていきたい。

鼈宮谷千尋さんが書いたノート


ベトナム に関するノート