ABROADERS

  • HOME
  • ムダな議論は禁止!世界が注目するIT都市、深センの実態とは?

ムダな議論は禁止!世界が注目するIT都市、深センの実態とは?

Posted on 2019年12月09日
0
2093

はじめまして。中国・深センで働く上小牧といいます。


『空談誤国、実干異邦』(空論は国を危うくし、実行は国を繁栄させる)
無駄な議論を無くし、行動に時間を割く。空論はいらない――。
1992年、まだ深セン市のGDPが現在の10分の1以下だった時代、深セン市蛇口の片田舎でこのスローガンは生まれました。


私が初めて深センへ来たのは半年前。まだ完成して間もない「新幹線」で香港から深センに入りました。駅構内で自分が乗る電車を電光掲示板で探していると「北京」「重慶」「天津」などの地名がズラリ並んでいたことに驚かされました。


香港から北京といえば、飛行機でも4時間はかかります。新幹線では9時間。日本に置きかえると、北海道から沖縄がすっぽり入るぐらいの距離なのです。香港に住んで3年目を迎えていた私は、この時点で中国大陸のスケールのデカさに圧倒されてしまいました。


 


 

深センって実際どうなの?

それまで、私の中国大陸に対するイメージは「屋台が多い」「大自然がある」「寺が多い」。
そんなイメージしかありませんでしたが、新幹線の福田駅(深センの中心地)を降りて、驚きました。目に入るすべての建物が新しく、道もきちんと舗装されていて、想像していた屋台等はひとつもなく、洗練されたカフェやバーが多く並ぶ街並みは、私の中国に対するイメージを一変させました。


 


 

深センって何がスゴいの?

2019年の深センのビックニュースといえば、「深セン市のGDPが香港を抜いた」という出来事です。
香港はイギリス植民地時代が長く、経済発展が著しい都市です。特に金融分野では世界トップクラスで、ここ30年は香港が中国大陸の成長をけん引してきたとも言われています。そんな香港を深センが抜いたということで、大きな話題になっていました。


実際に香港と深センどちらも住んでみて、深センは香港に比べて若者が非常に多いこと、街の至るとことで最新のIT技術が応用されています。
深セン市の人口の65%が20~39歳。65歳以上はわずか2%です。高齢化社会が進む香港に比べて、ずいぶん活気を感じます。


また、IT技術の面で私が驚いたのは、飲食店で客の座るテーブルのQRコードをスマホで読み取ってメニューをダウンロードし、そのままスマホでオーダーと決済まで済ませられるサービスでした。
40席ほどある飲食店に、店員は2人だけ。店員と会話することもほとんどなく、食事が終わりました。


他にも、高性能監視カメラの顔認証機能や、ロボット警察、ロボットのデリバリーシステムなど、街の至る所で最新技術が応用されています。深セン市ではスローガン『鼓励創新、寛容失敗』(革新を奨励し、失敗に寛容であれ)を掲げていますが、こういった街の標語や取り組みが多くの若い起業家たちを魅了し、成長を続けているのだと感じています。


 


 

これからの深セン

深セン市の人口はここ30年で40倍に増え、GDPも700%と急成長をしてきましたが、実はここ数年、その成長率にも陰りが見え始めています。


深セン市はこれまで中国内需に対応するための製造業、IT産業で栄えてきましたが、ここ数年は内需産業の成長鈍化が見られ、従来のビジネスモデルだけでは、企業は成長性を担保できなくなりつつあるのも事実です。こういった現実を背景に、大手企業でベンチャーキャピタルを設立し、若手の起業家を集めています。また、政府も新たなビジネスを醸成できるよう、制度改革にも取り組んでおり、注目を浴びています。


 

『来了、就是深圳人!』

この標語は「深センに来たら、もう深セン人!」という意味で、深セン市が掲げているものですが、深センに来たらもうどこから来た人なのかは関係ありません。みんな深セン人です。


街にはいろんな考え方や失敗が受け入れられる寛容な風土があります。また、成長意欲の高い若者で街が溢れています。


海外キャリアを始めるにはうってつけの深セン。ぜひ、みなさんも海外就職にチャレンジしてみてください!


 


-------------------------------------------------------------------


日本人向けアジア就職・転職求人の掲載数、約10,000件!
アブローダーズ姉妹サイト、アブローダーズキャリアは随時更新!


https://career.abroaders.jp/


 


 

経験した日: 2019年12月06日

Ambassadorのプロフィール


Reeracoen深セン

中国で活躍されたい方向けの転職支援サービス「アブローダーズキャリア」を運営しています。経験豊富な日本人キャリアアドバイザーが、中国での転職をお手伝いします。 ABROADERS(アブローダーズ)を通して、中国で生活すること・働くことの魅力や実情をリアルにお届けしていきます。

中国 に関するノート