ABROADERS

  • HOME
  • コレさえ読めば完璧!ホーチミンのOLファッション分析!おすすめ3つのファッションスポット!!

コレさえ読めば完璧!ホーチミンのOLファッション分析!おすすめ3つのファッションスポット!!

Posted on 2015年03月11日
0
12028

  Xin chao! ホーチミン在住の鼈宮谷(べっくや)です。 海外で働くにあたって、「みんな普段どんな格好で働いてるの?」は気になるトピックです。日本からどんな服を持っていけば良いのか、現地ではどんな服が買 […]

 

 

Xin chao! ホーチミン在住の鼈宮谷(べっくや)です。

海外で働くにあたって、「みんな普段どんな格好で働いてるの?」は気になるトピックです。
日本からどんな服を持っていけば良いのか、現地ではどんな服が買えるのか……。リアルな情報は意外と少なく、困ったこともあるのではないでしょうか!?
そこで今回は、ホーチミンで働く女性のファッションについて現地の人に話を聞きつつ調査してみました!

日本人OL必須アイテムがない!?ホーチミンのオフィスコードとは?

日本のオフィスカジュアルは、スーツに無地のパンプス、スカートは膝丈、ストッキングは必須、アクセサリーは小ぶりなものを……など、きっちりルールがある会社も多いですよね。

それに対し、ホーチミンのオフィスコードはかなりゆるめ!

なんと、日本人OLの必須アイテムであるストッキングを履く人はほぼゼロ!

(ストッキングはかなり希少アイテムで、大きなデパートですら売っていません)

ミニスカートや原色のジャケットを着ている人や、内勤であればビーチサンダルやスニーカーでもOKで、スーツにビーチサンダルというスタイルの人もちらほら見かけます。

「本当はパンプスが望ましいけど、ラクだからついビーサンを履いちゃう」 のだとか!

ちなみに、銀行員などの窓口業務の女性は、制服として伝統衣装のアオザイを着ています。

ホーチミンOLの定番ファッションはセクシー路線!? 

東南アジアのファッションというと、いわゆる「エスニックファッション」と呼ばれるようなゆるいトップスに太めのパンツを合わせるような格好をイメージする方も多いと思いますが、実際はどうなのでしょう?

まず、街行く人のファッションを観察してみると……みんなかなりセクシー!

ノースリーブのトップスやミニスカートなど、日本に比べて肌の露出は多め。

ホーチミンのOL

ボディラインを強調した「ボディコン系」がホーチミン女性の定番です。

タイトスカートとピンヒールでバイクも運転しちゃうのはさすが。

ゆるっとしたイメージの「エスニックファッション」とは対照的ですね。

肌の露出が苦手な人も、ぴたっとしたパンツや体のラインが出るトップスが基本。

ベトナム女性のスタイルの良さを活かしたスタイルです。

柄は花柄やチェック、素材はシフォンなど、女性らしいデザインが人気。

「ユニセックス」という概念は、ここホーチミンではなさそうです。

 

ファッションはその国の文化や思想を表します。

特に女性の服装は、時代背景に大きく影響されると言われています。

今のホーチミンは、ビルや鉄道の建設ラッシュに沸くまさに“バブル期”!!

日本でもバブル時代にボディコンワンピが流行したように、景気が良いと女性のファッションはアグレッシブになっていくのでしょうか。

ホーチミンOLがすすめる、3つのおすすめスポット!

海外で働くなら、その土地になじむ服を身に付けたい!

そう思ったら、ホーチミンOL行きつけのスポットに足を運んでみましょう。

みんなどこで服を買っているのか聞いてみると……「服はグエンチャイ(Nguyen Trai)通りかサイゴンスクエア(Saigon Square)、靴はグエンディンチウ(Nguyen Dinh Chieu)通りで買うよ!」 。

何人かに聞きましたが、示し合わせたように同じ答えが返ってきました。

早速行ってみましょう!

1.ホーチミンの竹下通り!? グエンチャイ通り!

通りに小さなブティックが立ち並ぶ、“ホーチミンの竹下通り”とも呼ぶべきファッションストリート。

スペインの「MANGO」、香港の「G2OOO」、シンガポールの「CHARLES & KEITH」など、人気の外資ブランドの路面店も。

「デパートで売っている服は高いから、いつも見るだけ。気に入った服があったら、グエンチャイ通りで似たようなデザインの服を探すよ」 というのが、かしこい買い物の仕方なのだそう。

Nguyen Traiのショップ②

2.市内に3カ所!ホーチミンっ子が集まるサイゴンスクエア!

Saigon Squareの中②

見渡す限りの服、服、服!まるで市場のような、ホーチミンっ子ご用達のショッピングセンター。

積み重なった洋服の中から掘り出し物を探すのが楽しい。市内に3カ所あります。

SAIGON SQUARE : 77-89 Nam Kỳ Khởi Nghĩa, Quận 1, TP.HCM(他2ヶ所) 

3.欲しい靴がほぼ見つかる!?グエンディンチウ通り!

 Nguyen Dinh Chieu靴屋①

毎日大混雑!リーズナブルな靴が所狭しと並ぶ「Hong Thanh」を中心に、女性向けの靴屋がたくさん。

オフィスファッションに合うシンプルなパンプスや革靴から、パーティー向けのピンヒールまで、欲しい靴はすべてこの界隈で揃うと言っても過言ではありません。

値段はお店にもよりますが、180,000VND(約1,000円)〜400,000VND(約2,240円)くらいです。

Giày Hồng Thạnh : 511 Nguyễn Đình Chiểu, Phường 2, Quận 3, TP.HCM

Nguyen Dinh Chieuで買い物

ホーチミンのOLファッション、いかがでしたか?

「郷に入りては郷に従え」という諺にもあるように、せっかく海外で働くのなら、その土地に馴染むファッションを楽しみたいですよね。

ちなみに私は最近、ベトナム人にベトナム語で話しかけられることが増えてきました。現地化計画は順調に進んでいます。

それでは今日はこの辺で!

ライター

鼈宮谷 千尋/Chihiro Bekkuya

大学卒業後4年間勤めたPR会社を退職し、日本語学校新規立ち上げのためベトナム、ホーチミンへ移住。WEBマガジン「Travelers Box」エディター/ライター、リトルプレス「WORLD YOUTH PRODUCTS」エディター。旅するように身軽に生きていきたい。

このノートに関連するタグ

Ambassadorのプロフィール


鼈宮谷千尋

大学卒業後4年間勤めたPR会社を退職し、日本語学校新規立ち上げのためベトナム、ホーチミンへ移住。WEBマガジン「Travelers Box」エディター/ライター、リトルプレス「WORLD YOUTH PRODUCTS」エディター。旅するように身軽に生きていきたい。

鼈宮谷千尋さんが書いたノート


ベトナム に関するノート