ABROADERS

  • HOME
  • ベトナムの会社運動会に参加してみた。【教えて!噂の彼氏の海外事情】

ベトナムの会社運動会に参加してみた。【教えて!噂の彼氏の海外事情】

Posted on 2017年06月28日
0
1663

ベトナムに来て、人生初の社内運動会!


運動会当日、予期せぬこともありましたが、みんなで盛り上げ合い、とても楽しい運動会でした。


日本の運動会とはひと違う部分も紹介します!

ベトナム人の朝はとても早い。

街では、早朝からおばさまたちが体操やウォーキングしているのをよく見ますが、


今回の社員運動会も例外なく、早い。集合時間、7:30 


もちろん、普段土曜7:00に起きるはずもない僕は少し眠い。。


会場について早速、開会式。


3チームに分かれてのチームの戦。僕は赤組。

普段一緒には仕事をしない社員と一緒に円陣。

運動会ならではですね!


朝一だけど、チームのみんなと徐々にテンションを上げていく。 


近くにいた社員に朝早くから開催する理由を聞いてみると、「暑くなると運動しにくいから、午前中の涼しいうちにやるんだよ。」とのこと。


なるほど、納得です。


 


運動会のスケジュールは


7:30開会


・サッカー


・サックレース(大きい袋に入って進むリレー)


・綱引き


・卓球


・バドミントン


12:00閉会


と競技が盛りだくさん!楽しみです。


ちなみに運動会の会場の様子をご紹介。

野外でも大丈夫!大型スピーカー

野外、音楽、運動会。。。最高です。

そして、しっかりマイクも設備!

MC兼 実況 兼 審判のDucさん


彼はみんなを盛り上げるのがとても上手。マイク片手に、会場の笑いを取っていきます。

万全の設備を携えて、いざ!!

1種目目はサッカー。


ベトナム人のほとんど(多分8割以上)はサッカーが大好き。そして、とても上手。


男性陣は、マイユニフォーム、マイスパイクで参戦。

男性はもちろん、女性も盛り上がる。

朝一だけど、みんなにとっておそらくメインイベントのサッカーは大声での応援、黄色い声援、ガッツポーズ、などあり、とても盛り上がりました。

その後、なんとあいにくの大雨。

しばらく降りっぱなしで、僕たちのテンションはただただ下がる。。


グラウンドも雨でぐじゃぐじゃに。


せっかくの運動会が。みんなのテンションが下がる。。。

でもここで盛り上げるのは、男性陣。

笑いを織り交ぜつつ、「雨、さっきより弱まったし、行こうぜ!」みたいな。


ベトナム語の全ては聞き取れませんが、士気は復活!

待機中。雨だけどみんないい顔。

そして

幸運にも30分ほどで雨が止み、競技再開!


再度、円陣を組んで、気合を入れる。

気合十分、2種目目、サックレース

リレー形式で旗をすべてとったら勝ち。


みんな高く飛んで進む。途中で転んでしまう人には励ましを送る。


応援で普段出さない大声を出す。

そして綱引き。

僕は最近筋トレにはまっているので、これこそは!と、本気でやりました。(顔も)


勝ちました。

その後、会場移動。

歩いて5分で着いたのはテニス場。


テニスのネットはすでに張ってあったのですが、運営の人らが別のネットを準備し始める。


なぜ?と思ったのですが、ここでやるのは、なんと、バドミントン。


日本では、室内で行うイメージですが風なんて気にしない。


僕がバドミントンをやっていると、仲間から「追い風が吹いてるから、弱めで打て」とアドバイス。


なるほど、風を考慮してやるんですね。:)


コートチェンジはするし、風があるのは相手も一緒だしね。


写真:テニスのネットの上にバドミントンのネットを設置

そしてなんと

テニスコートの端で卓球も同時進行


写真:手前は卓球&奥はバドミントン @野外


この光景、日本ではなかなか見られない。


卓球では、男性陣がキレキレのカットをかましてました。


そして全ての競技が終了し、閉会。

優勝は

黄組!!


惜しくも我ら赤組は2位でしたが、それぞれの種目をチームみんなで挑み、喜び合い、とても楽しい時間でした。


最後はみんなで片付けをして、全員でランチ&打ち上げ!

どのチームも全力で競技し、応援しあう

今回の運動会を通じて社員みんなの普段とは違う一面が見れました。


楽しい時間をありがとう!!!

経験した日: 2017年06月26日

Ambassadorのプロフィール


藤澤亮太

福井で生まれ育つ。高校時代にダンスと出会い、「誰もよりも面白いムーブをしたい」と仲間と一緒に考え続けていた結果、誰よりも面白い人生を歩みたいと考えるようになった。現在、ベトナム。趣味は写真と筋トレ。

藤澤亮太さんが書いたノート


ベトナム に関するノート