ABROADERS

  • HOME
  • 海外で健康に生活するための3つのコツ【教えて!噂の彼氏の海外事情】

海外で健康に生活するための3つのコツ【教えて!噂の彼氏の海外事情】

Posted on 2018年02月21日
0
2176

海外で健康に生活するためのコツをまとめました。

.

こんにちは!


ホーチミン在住の藤澤です。改めて自己紹介します。


福井県で生まれ育ち、大学では建築・土木を勉強しました。建築系ということもあり、大学卒業後は現場監督に就いていたのですが、大学から想い描いていた海外で働きたいという思いが勝り、海外就職を決意。セブ島にある語学学校サウスピークを経由して、社会人2年目の4月からホーチミンにて現在のEVOLABLE ASIAで働き始めました。 


そんな私が、このブログを書こうと思ったきっかけは、一緒に働いてるベトナム人の方から 「毎日元気だね」と言われたことからです。


僕自身、特にこの一年で健康体になったという自負があり(禁煙にも成功)、そのことをまとめておきたいなと思ったのでこのブログを書くことにしました。


海外での生活は日本と環境が違うので体調を崩してしまうこともあります。このブログを読んでいただいて、より健康な海外生活の参考にしてもらえれば、幸いです。最後までお楽しみください!


 


以下、アジェンダ


1,睡眠はアイス枕、ラベンダー


2,運動は筋トレ


3,食事は適量を


 


1,睡眠はアイス枕、ラベンダー


ベトナムに来て日本とまず違う点は年中暑いということ。 そんな熱帯夜の中でも 頭をしっかり休めなければなりません。


そこで、1番よかったのは、アイス枕。 アイス枕を冷蔵庫で冷やして寝るときに使います 。頭を冷やして足を温めるという『頭寒足熱』言葉がありますが、アイス枕で寝るとびっくりするくらい、すっと眠りに入れます。僕はこれがないと、なかなか寝付けないくらい。。とてもおすすめです。


次に、ラベンダー。ラベンダーのエッセンシャルオイルを枕につけて寝ます。ラベンダーは睡眠導入効果があり、これもガツンと眠りに入れます。ラベンダーの香りをかいだ状態を例えるなら、虫に殺虫スプレーをかけたみたいな状態。ふかーく寝れます。


 


2,運動は筋トレ


1年ほど前から筋トレを始めました。筋トレを始めたことによって、筋肉と自信がつき、ついでに禁煙も成功しました。 (禁煙したら、この重量は上がる、、、!みたいな思考により。笑)


今でも週3回ほど行っており、毎週土曜の朝には上司と筋トレを行っております。(いつもありがとうございます!)


筋トレの良い点を上げると、気分が晴れるのはもちろん、高強度で行えば時間が 30分から40分ぐらいで終了することです。カロリー燃焼で比較すると、ランニングなどの有酸素運動と比べ筋トレの方が時間対効果が高く、忙しい人にもおすすめ。また、特にベトナムでは、日本に比べ、ダンベルやバーベルなどの器具が多いので、筋トレしやすい環境です。詳しくは、こちら。


https://www.abroaders.jp/client/article-detail/1720


 


3,食事は適量を


食事で心がけていることは食べ過ぎない飲み過ぎないということです。ビールはベトナムだと1缶50円で買えるので、油断すると飲みすぎに。。また、甘いものも極力とりすぎないようにしてます。ただ、筋トレをしてるので、タンパク質は多めです!


以上、海外で健康に生活するための3つのコツでした!


最後に、自戒も込め、格言で締めます!


「予防は治療に勝る」

経験した日: 2018年02月21日

Ambassadorのプロフィール


藤澤亮太

福井で生まれ育つ。高校時代にダンスと出会い、「誰もよりも面白いムーブをしたい」と仲間と一緒に考え続けていた結果、誰よりも面白い人生を歩みたいと考えるようになった。現在、ベトナム。趣味は写真と筋トレ。

藤澤亮太さんが書いたノート


ベトナム に関するノート