ABROADERS

  • HOME
  • タイの古都チェンマイに週末トリップ【突撃!隣の彼女の海外ライフ】

タイの古都チェンマイに週末トリップ【突撃!隣の彼女の海外ライフ】

Posted on 2018年02月22日
0
1064

タイのチェンマイは、バンコクに次ぐ第二の都市。建物、街並み、食、雑貨などさまざまなところにランナー王朝時代からの文化を感じることのできる古都です。首都のバンコクからは720キロほど離れていますが、飛行機だと1時間ほどで行けてしまいます。今回は3連休を使って、行きは電車で、帰りは飛行機で、チェンマイに出かけてきました。

寝台列車で往路はゆっくりと

バンコクから寝台列車を使うとチェンマイまでは約12時間〜。ゆっくりのんびりしたいときにおすすめです。普段都会のバンコクに住んでいるとみられないような、緑いっぱいの風景を楽しめます。ちなみに寝台列車は、二段ベットの下の方がベットが大きく、窓があるので外の風景も見れます。

まずはのんびり町歩き

チェンマイには過去何度か来たことがあるので、今回は、ホテルの近所のお寺と、カフェやアートミュージアムなどをのんびり回ることにしました。旧市街や近くのマーケットは徒歩でも十分歩けてしまうのと、ソンテオという乗合のタクシーがたくさん走っているので、ふらっと気になったところに入ってみたりと、お散歩が楽しい町です。

チェンマイならではの食も堪能

日本でもタイ料理は人気がありますが、実は、タイ北部、南部、東北部など各地方それぞれの料理は結構違いがあります。チェンマイで有名なのは、カレーラーメンのようなカオソイや、宮廷料理のナムプリックオーンなど。どちらもそんなに辛さはなく、やさしい味です。バンコクでもなかなか食べられないので、やはり現地ならではの料理が楽しめるのは旅の楽しみ。

帰り道は飛行機であっという間に

チェンマイに1泊して最終日は飛行機で家路に。夕方のフライト乗ったらきれいな空模様が見えました。チェンマイ以外も、1時間ほどのフライトで行けてしまう見どころ満載な町がたくさんのタイ。まだあまり島に行けていないので、、色々行ってみたいなと思います!

経験した日: 2018年02月22日

Ambassadorのプロフィール


あき

1990年生まれ、仙台出身、立命館大学卒業。4回生時に1年間休学し、東南アジアをバックパックで回る途中、インドとカンボジアそれぞれでインターン。卒業後は、ITベンチャーに就職し、入社1年目でタイ現地法人の設立に携わる。2015年より自身の拠点もタイに移し、現地責任者として奮闘中。 また「はたらく、あたらしく」を考えるメディア Work Style Laboを立ち上げ、「既存の概念に捉われないはたらき方」を実現するため情報を発信している。

あきさんが書いたノート


タイ に関するノート