ABROADERS

  • HOME
  • インドネシアで女子一人暮らし!快適な家探しって?

インドネシアで女子一人暮らし!快適な家探しって?

Posted on 2018年03月22日
0
1265

インドネシアで一人暮らし!でもどんな家に住んだらいいの?


日本とは全然違う住宅事情。


今回はインドネシアでの家探しのポイントについてお伝えします。

インドネシアの家ってどんな感じ?

こんにちは!


前回から随分間が空いてしまいましたが、今回はバンドンでの家選びについてお伝えします。


 


海外に引っ越して、まずしなければならないのが家探し。


海外生活において、家は本当に大切ですよね。外ではどうしてもストレスは溜まりがち。もし家でもリラックスできなかったら、オンオフの切り替えもできないですよね。


 


そこで、今回は、家選びの際に注意するポイントをいくつかまとめてみました!


 


ぜひ参考にしてみてください。

一般的な下宿、コス

インドネシアでは、一軒家やアパートの他、集合住宅のような下宿が多く存在します。kosn(コス、コサン)といいます。


イメージとしては、大きなうちに個室がたくさんあるシェアハウスのようなものです。


トイレやシャワーが部屋の中についてるものもあるし、共同のところもあります。


 


コスはピンからキリで、地元の学生が住んでいるところは、WiFi、シャワーなし(手桶で汲んだ水で行水するスタイル)、お湯なし、ベッドなし、キッチンなし、という感じが多いです。都会である私の学校の周りだと、値段は4000円、5000円ほどです。


 


こういうところは、正直日本人にとっては住むのはきついですよね。


日本人や外国人が住むところは、だいたい、シャワートイレ個別に部屋にあり、WiFiやお湯あり、というのが多いです。


場所にもよりますが、値段は12.3千円~


中にはホテルのような3万円~の高級コスもあります。


 


 


コスにはだいたい管理人がいて、その人たちがコス内の掃除などをしてくれます。洗濯つきのところもあります。


友達のコスの部屋はこんな感じ‥


 

コスの問題点

コスの難しいところは、安いからダメ、高いからいいと簡単に決まっているわけではいところなんです。


コスは集合住宅ですから、ルールがあるところが多いです。


ムスリムが多い国なので、異性を入れるのはダメ、夜の門限は10時など結構うるさいところもあります。逆にルールがゆるく、いろんな人が出入りしすぎてちょっと怖いところも(以前女子専用コスに住んでいましたが、誰かの彼氏が常にいました笑)。


また、環境や部屋、値段帯はすごくいいのに、一緒に住んでいる人や管理人があれこれ干渉してきて面倒‥なんてこともあります。問題はつきません‥


 


私自身多くのコスを見て、2つのコスに住みましたが、なかなかぴったりなコスはありません。ここはいいのにあれがダメ、という感じで、いかに折り合いをつけるかがカギになってきます。


バランスがとれたいいコスは必ずあるので、諦めず探しましょう!


 


コスの他なら、アパートに住むという選択肢もあります。


 


私は3年目にアパートに引っ越しをしました。家賃は2万円ほど(アパートとしてはかなり安い)。どうしてもコスで気を遣い合って生活する感じに慣れず、また門限を過ぎると門が閉まるのが非常に煩わしかったためです。


 


しかし、アパートも色々あります。


日本に比べると、家の素材や建築技術などが信じられないほど悪いので、人の声や生活音が本当によく聞こえます。


私の部屋の場合は、隣のくしゃみやせき、何を話してるかもクリアに聞こえたので、普通の声で電話することもできませんでした。当然、隣の部屋の騒音に非常に悩まされ、寝られない日もありました。


全部そうではありませんが、騒音のないいいアパートに住もうと思えば値段も非常に高くなってきます。


 


説明が長くなりましたが、ここから、インドネシアの家選びで気をつけるべきことについてお伝えします。


 


なお、一軒家のことはわからず、またほとんどの海外単身居住者は住まないであろうため、今回はコスやアパートについてに特化させていただきます。

家選びのポイント!!

一番にチェックするのは周りの環境です。特にモスクが近くにあるかどうか!15回、凄まじいほどのお祈りの音がスピーカー流れます。1回目は朝の4時から。また、イスラムのお祭りや、皆既月食、断食などなにかあるたびに何かしらの音が流れます。これは結構、ノンムスリムの外国人にはつらいところ‥でもこの国では避けて通れません。町中モスクだらけなのですが、できるだけモスクから離れたところを選ぶことをオススメします!


 


次はコスとアパートそれぞれについて。


 


コスならば


 


①門限は何時?


門限が早いとはやく帰らなけれなりません。ほとんどの場合は家の人を呼べば門の鍵を開けてくれますが、煩わしいですよね。ちょっと夜遊びが続けば、遊んでる子と思われることも‥


門限があっても、鍵を個人個人に渡してくれるとかなら安心ですよね。


 


②人の出入りは?


コスの中には、住んでる人以外は立ち入れないなんてところも。友達が入れるかどうか事前に聞いておいた方がいいかも。また、異性が入れるかどうかも気になる人は聞いておいてください。異性の場合、だいたいは部屋はダメだけど、共有スペースまでは大丈夫、ってことが多いです。


 


③セキュリティ


カメラがあるか、セキュリティの人が24時間いるかもポイント。セキュリティの人がいれば門限があってもいつでも鍵を開けてくれますし。私は以前、コスで置いておいた靴を盗まれたことがあるので‥セキュリティがいれば怪しい人は入れないので安心ですよね。


 


④お湯、WiFiがあるか


お湯を使うなら別料金なんてところもあります。また、お湯の出もちゃんとチェックしましょう。お湯ありということだったのに、シャワーの調子が悪くて結局水しか出なかったという話もよく聞きます‥


WiFiはコネクションも確認して!


 


⑤日本人価格にされていないか


同じコスなのに、他の現地人の住人と日本人とでは部屋の値段が違ったというのは珍しい話ではありません。管理人と話すときは、インドネシア語に自信がなければ現地人と一緒に行きましょう。


 


⑥キッチンがあるか


料理をしたければキッチンも見ましょう。コスなら基本的に共同です。あるにはあるけど、使う人が少なくて滅多に掃除されていなくて汚ないとか、インスタント麺しか調理してはいけないなんてところもあります。冷蔵庫があるかも大切なポイントですよね。


 


⑦洗濯屋が近いか


こちらでは一般的に洗濯機はコスにありません。ランドリーと呼ばれる洗濯屋に預けます。通常は私の住むバンドンの都市部では、1キロ60円~70円ほどだと思います。洗濯屋が遠いと遠くまで重い洗濯物を持っていかなければなりません‥自分で手で洗う人もいるし、コスに洗濯機がある場合もあるのでこれもチェックしてみてください。


コンビニやスーパーも近いか見ておきたいですね!


 


 


アパートなら


 


①騒音


部屋の隣に人はいますか?いるなら壁の薄さを念入りにチェック!前述したように、聞こえ方が日本と全然違います。いなくても後から入ってくる場合や、民泊として使われる場合もあります。毎日うるさいと本当にストレスですよ。しっかり見ましょうね。


 


②メンテナンスをチェック!


コスと違い、アパートには管理人がいないので、水などのトラブルがあった場合は常在しているメンテナンスの人に言うのが一般的です。慣れていないと誰に言うか、どこで言うか全然わからないですよね。はじめに現地人と一緒にチェックしておくのが良しです。


 


 


あとはコスと同じだと思います!


 


騒音問題が一番多いと思うので、周りはしっかりチェックしましょう!イベント会場が近くにあると週末の度に結婚式が行われたりして非常にうるさく辛いです(笑)

難しい家選び

いかがでしたか?


インドネシアに住んで3年半、一番私が苦労したのが家選びでした。一人っ子だった上、静かな住宅街で育った私は、完全に無音じゃないと眠れないタイプ。だから寝るときにうるさくて‥なんて初体験。


そして、うるさいとか迷惑とかの度合いが日本人とインドネシア人とでは本当に違います。価値観が違うので、注意しても聞いてくれないことも多々ありました。もちろん多少は我慢することも必要です。しかし我慢しすぎるとストレスになり、インドネシアを嫌になってしまったり、仕事や勉強を頑張れなかったりしたら、せっかくの海外生活が台無し!快適なうちは必ずあります。諦めず探しましょうね。


 


 


以上、長くなりましたが家レポでした!

経験した日: 2018年03月05日

このノートに関連するタグ

Ambassadorのプロフィール


植山葵

こんにちは! 京都から来ました。大学院で国際文化について学んだ後、日本語教師になり、2015年からインドネシアのバンドンにある外国語大学の日本語学科で日本語を教えています。 2018年7月。帰国後は日本語教師はもちろん、大学院進学、インドネシア語の教師などの進路を考えていますが、まだ迷い中です。どうぞよろしくお願いします。 aoringojpnでインスタグラムもあるのでよかったらのぞいてみてください!

植山葵さんが書いたノート


インドネシア に関するノート