ABROADERS

  • HOME
  • きっかけは、不思議なおっさんとの偶然の出会いだった〜ハンモックのあるシェムリアップの癒しカフェgreen on peace cafe&bar野池 仁人オーナー

きっかけは、不思議なおっさんとの偶然の出会いだった〜ハンモックのあるシェムリアップの癒しカフェgreen on peace cafe&bar野池 仁人オーナー

Posted on 2015年01月07日
1
1508

ハンモックのあるシェムリアップの癒しカフェgreen on peace cafe&bar野池 仁人オーナーへのインタビュー。

アジアで働くことになったきっかけを教えて下さい。

社会人6年目の時に、スモーキーマウンテンの写真集を見て「ここに行きたい」と思い、大型連休を使ってフィリピンへ行きました。その時に現地を見て感動して、アジアに住みたいと思ったのがきっかけです。

当時、日本での仕事は楽しかったものの、ある程度慣れてきていたのでモチベーションが保てなくなっていました。

日本は必要なものが用意され、業務も効率化されているのでスムーズに進むのですが、自分で何かを組み立てている感覚はあまりなかった。アジアで起業すれば自分で一から作っていけると思い、魅力を感じましたね。

フィリピンから帰国してアジアで何か仕事を作りたいと考えていた時に、『日本人が成功すんなら、アジアなんじゃねえの?』という本を読み、その本の著者である永 貴士さんに「アジアでビジネスをしたいです」とメールを送ったんです。

すると、アジアビジネスセミナーに誘っていただき、色んな人を紹介してもらえました。

その後も大型連休を使って何度かアジア視察に行き、アジアに足を運び始めて2年が経つ頃にカンボジアで素敵な日本人との出会いがあり、カンボジアを拠点にすることに決めました。

DSC01302

どのようにしてカンボジアでの仕事を始められたのでしょうか?

最初は友達からもらったアイデアで、インフォメーションショップをやろうと考えました。

やると決めてから1か⽉後には物件を借りたのですが、⽬の前の道は⽇本⼈がほとんど歩かない場所で、収益を⾒込めず事業を断念。

物件は借りたもののすぐにやることがなくなり、今後のことを考えてもなかなか良いアイディアは思いつかず。

そこで、気分転換に行ったプノンペンで運命の出会いがありました。

プノンペンのカフェで、肌は真っ黒で汚れた服を着ている、“怪しいおっさん”に声をかけられたのです。

「胡散臭い……」と思いながらも、気がつけば人生相談をしていました。

ベトナムに住んでいるらしく、「ベトナムでビジネスをしている日本人も、結局97%は帰ってしまうよ。今、カンボジアはベトナムほどではないにせよいずれそうなるだろうから、ビジネスで成功したければ本気で考えなさい」とアドバイスをもらいました。

そして、色々相談をするうちに「カフェやりなよ!」と言われ、昔カフェをやりたいと考えていたことを思い出し、それがきっかけで今運営している「green on peacecafe&bar」を立ち上げました。

後々わかったのですが、この方はベトナムで事業をしている人だったのです。

肌が黒くて服が汚れていたのは、ちょうどバイクでアジアを回っている時だったからだそう。

とても親切な方で、カフェの立ち上げから運営が落ち着くまで相談に乗ってくれました。この人との出会いがなければ、僕は今カフェをやっていないと思います。

普通だったら、そんなきっかけでカフェを立ち上げることはしないかもしれません。

でも、頭の中にカフェの完成図が浮かんでしまっていて、「もう、やるしかない」という気持ちになってしまったんです。

自分でやると決めたこと以外の思考回路を断ち切ることが大事。

迷っている時が一番しんどいと思うので、そうやって決めちゃう方が楽だと思いますよ。やることが決まれば、あとはやるだけですから。

DSC01384

カンボジアに来てご自身で変わったと思うことはありますか?

日本にいた時よりも怒らないし、非常に温厚になりました。

私はいいカフェを作りたかったので、最初の頃はスタッフにも高いレベルを求めすぎて、きつく言っていたんです。

結局それが受け入れられなくて辞めていくスタッフも多かったですね。

最近はカンボジアの人たちの習慣や文化が前よりも理解できるようになり、大事なことはしっかり言うけど、細かいことはあまり言わないようになりました。

できることもどんどん増えてきているので、今後はカフェの2階部分を改装して、ダーツバーにしたいと考えています。

また、シェムリアップでこのお店の存在を確固たるものにして、ゆくゆくはサンボープレイクックやプレイビヒア、ポイぺトのような未開の土地でもビジネスを起したいですね。

野池仁人さんのプロフィール

野池 仁人 (Hiroto Noike)

green on peace cafe&bar オーナー

大学卒業後、サーバー・パソコン等のハードメンテナンス会社に入社。

その後転職し、電気通信の施行会社に入社。会社に勤めながら、大型連休を使いアジア諸国を見て回り、カンボジアで起業しようと考える。

会社退社後、カンボジアでインフォメーションショップの立ち上げと失敗を経て、現在シェムリアップでgreen on peacecafe&barを立ち上げ運営している。

■green on peacecafe&bar facebookページ https://www.facebook.com/green.on.peace

■green on peacecafe&bar ブログ http://green-on-peace.blogspot.jp/

取材・ライター

ABROADERS 代表

濱田 真里/Mari Hamada

海外で働く日本人に特化した取材・インタビューサイトの運営を4年間以上続けている。その経験から、もっと若い人たちに海外に興味を持って一歩を踏み出してもらうためには、現地のワクワクする情報が必要だ!と感じて『週刊アブローダーズ』を立ち上げる。好きな国はマレーシアとカンボジア

このノートに関連するタグ

Ambassadorのプロフィール


濱田真里

海外で働く日本人に特化した取材・インタビューサイトの運営を2011年から続けている。その経験から、もっと若い人たちに海外に興味を持って一歩を踏み出してもらうためには、現地のワクワクする情報が必要だ!と感じて『ABROADERS』を立ち上げる。好きな国はマレーシアとカンボジア。

濱田真里さんが書いたノート


カンボジア に関するノート