ABROADERS

  • HOME
  • ローカル流!安くベトナムで家を探す方法

ローカル流!安くベトナムで家を探す方法

Posted on 2017年01月16日
0
898

ベトナムに来てかれこれ2年半経ち、合計6回の引越しを経験しました。


その度に不動産屋に依頼をしているわけではなく、会社から指定された物件に住んだり自分でローカルサイトを駆使して物件を探したりしています。 

 

ベトナム在住の日本人の場合、恐らく人づて、または日系不動産屋に依頼しているはずです。

日系不動産屋さんの場合、1年以上の契約が必須であったり、そもそも紹介される物件の家賃が少し高めだったりするため、「もっと安い物件を探したい!」と思う方は少なからずいるのではないでしょうか。

今回は私が身につけたローカル流、物件の探し方をシェアするために、PhongTro123というベトナム人向けのローカルサイトを使ってみたいと思います。

IMG_2105

 

ベトナム語がわからなくても恐れることなかれ!

このサイトは非常に使い勝手が良いと個人的に感じています!

ベトナム語仕様になっていますが、Google翻訳を使えば大体の意味を理解することが可能です。

検索欄の下に8つの項目があります。

左上から時計周りに説明すると、「部屋の種類」「都市」「区」「エリア」「性別」「広さ」「月額」「通り」。

試しに上の項目順に、「賃貸部屋」「ホーチミン市」「1区」「Ben Nghe」「どちらでも」「30−50㎡」「300万VND以上」「指定なし」と選択して検索してみました。

 

 IMG_2106

IMG_2112

 

「30−50㎡」の条件を無視したデータが2スクロール以内に4件あるのは、百歩譲ってベトナムらしいとして見逃してみます。

各部屋のサムネイルが左側についていて、間取り、月額、通り、そしてアピールポイントが記載されています。

 

百聞は一見に如かず。試しに物件を確認

試しに、一番上に表示された部屋を見てみましょう。

私が閲覧したその日にアップされたばかりのホットな物件です。

 

 IMG_2107

 

ベトナム語の項目しかないので、私のわかる範囲内で翻訳してみます。

Dia chi: 住所。細かい番地まで記載されています。イマイチ場所がパッとしませんが、おそらく路地裏の中にあることがわかります。

Loai tin rao: 部屋の種類。cho thueはレンタル、Phong troが部屋という意味のため、貸し部屋となります。

Ngay cap nhat: サイトに物件が登録された日。hom nayとは「本日」を意味します。正直、早いものがちです。
Nguoi dang: 投稿者。「xuanhuu716」というコードネームが使用されています。おそらくXuanさんで誕生日が7月16日なんでしょう(笑)。
Dien thoai: 電話番号 。
Doi tuong: 対象。中国語のDui Xiang(对象)に似ていますね。
Dien tich: 面積。
Gia cho thue: 家賃。Giaは価値の「価」であり、中国語のJia(价)に由来しています。今回は3.7 Trieuなので、USDに換算すると約165USD程度。ベトナム在住の外国人にとっては破格の値段です。

 

IMG_2108

掲載写真を信じすぎず、実際に自分で見学するのが安全!

更に下にスクロールすると上記のように、部屋の写真が掲載されています。

ユーザーにとっては一番気になる項目ではありますが、ここでは迂闊に写真を信じないほうが良いです。

異なる物件の写真や実物以上に綺麗な写真が掲載されていたりと、見学した際にガッカリすることもあるからです。

大家さんは悪気があるわけではなく、呼び込みのためにやっていると思うので、愛嬌として笑って見過ごしましょう。

期待値は写真から得られた情報の65%くらいに留めておくことをオススメします。

 

 IMG_2109

 

最後はGoogle Mapでどんな場所に物件があるのか確認します。

価格良し、写真良しときたら、場所を確かめるしかありません。

私が閲覧した物件は町の中心である1区の中に収まっていると記載されていましたが、Google Mapで調べると若干1区の外れに位置していることがわかります。

 

ここからが本番。ベトナム人に営業を

見て終わりではなく、恐れず投稿者に問い合わせをしてみましょう。

写真上は黒い枠で見えないようにしていますが、通常は電話番号とメールアドレスが記載されています。

メールでは対応の遅さが予想できるので、電話で済ますのが重要です。

大家さんによっては英語が話せないので、言語の壁で門前払いをくらう可能性はありますが、くじけずにアタックしてみましょう。

 

電話も、仕事のテレアポと同じで、

「Hello. This is Makoto. Now I am checking your room in the website. If it is still available, could you check it out today or tomorrow?」

のようにストレートに聞いてみてください。

ある程度英語が話せる人であれば、その場で、落ち合う場所・時間などを決め、その後SMSで確認のメッセージを送ってくれます。

約束した時間・場所で落ち合い、もし物件が気に入れば、いつから入居できるのかまで決めなければなりません。

迷っていることがバレると、他の人に物件を譲ることになるかも!?

 

ベトナムならではの裏技も発見!

また、契約を結ぶ時が一番「ワガママ」になれるタイミングです。

日本なら「あの家具を付けて欲しい」「カーテンの色を変えて欲しい」と大家さんに言うことをはばかる文化があるかと思いますが、ベトナム人の大家さんであればかなり融通が利きます。

 

ちなみに私は紺色のカーテンを依頼したら、まさかのグレーが届きました(笑)。

向こうも無理をしてくれているため文句は言えません……。

これで、ようやく部屋を借りることができるのです。

大変に聞こえるかもしれませんが、電話をかければ意外とスムーズに大家さんと会うことができます。

内見は、週末の早朝や平日の夜にも対応してくれるので、ライフスタイルに合わせて調整しましょう。

もしそれでも不安がある方は、ベトナム人のご友人と一緒に探してみるか、私に気軽にご連絡をいただければと思います。

もちろん他にも不動産検索のサイトはあるので、気になる方は「cho thue phong tro」と調べてみてください。

 

それでは、tam biet!(さようなら)

 

このノートに関連するタグ

Ambassadorのプロフィール


吉川真人

人がやらないことをやることに意義を感じる若者。 中国とベトナムをかなり旅行したのでマコトリップアドバイザー実施中 生い立ち 京都府向日市出身。 6歳から18歳は滋賀の“ど”田舎で過ごす。 2009年同志社大学文学部英文学科入学。 大学3年時に休学し、1年間北京の中国青年政治学院に留学。 3ヶ月ほどで日常会話以上のレベルに達し、簡単な通訳を務める。 その結果、早くから海外で経験を積む事を心に決める。 2014年同志社大学卒業。 卒業後ベトナムに移住

吉川真人さんが書いたノート


ベトナム に関するノート