ABROADERS

【暮らし】に関するノート一覧

  • ミャンマー
    ミャンマーの大衆食堂が、5年間で売上7倍に!急成長を支えた3つの信念

    軒先に開かれるレストラン ミャンマーはヤンゴン市内の至るところで、住宅の軒先に開かれるレストランをよく目にする。このようなお店ではたいてい、地元の人がプラスティック製の座面が低い椅子に座り、食事をとっている。一見あまり衛生的とは思えず、お腹を壊すのではと不安になるが、勇気を出して入ってみると、意外にも絶品に出会えることもある。   今回インタビューしたのは、そんな大衆食堂を営むお父さんとお母さん。地元の人たちでいつも賑わう麺料理屋は、日本のラーメン繁盛店でも1日の売上は100杯程度(※)と聞くのに、彼らはなんと140杯以上も売り上げるそうだ。 開店6年目に突入したこのお店、その成長の秘訣に迫りたい。   ...

    Posted on 2018年09月21日
  • ミャンマー
    着火剤なんて必要ない!ミャンマーのスラムで見つけた、2種の木材を活かした火起こしとは。

    ミャンマーの家庭やレストランでは、調理のために火を起こすことが多い。今回訪問したスラムにある家庭も、例外ではなかった。 そしてこの家庭では、火起こしのために木炭と2種類の木を使うという。 今回はスラムを訪問してわかった、火起こし事情に迫りたい。 ...

    Posted on 2018年04月12日
  • マレーシア
    【突撃!隣の彼女の海外ライフ】アジア初♡マリオンクレープがマレーシアに進出 〜老舗クレープ店のこだわりの味〜

    日本人にはおなじみ、原宿発祥のクレープチェーン『マリオンクレープ』のマレーシア1号店がクアラルンプール・モントキアラにオープンしました。ハワイ、カルフォルニアに続き、海外で3店舗目、アジアでは初の出店です! ...

    Posted on 2018年04月03日
  • ベトナム
    ホーチミンの疲れたサラリーマンに送る、たまらんリラクゼーション【教えて!噂の彼氏の海外事情】

    ホーチミンのリラクゼーション施設をご紹介します。

    Posted on 2018年03月21日
  • ミャンマー
    生後11ヶ月、娘の急死:ミャンマー人お母さんの後悔

    「うちは、旦那と私と3人の子どもの5人家族よ。本当は6人家族だったんだけど…。 2009年に次女が亡くなってしまったの。」 そう言って、その時のことについて語ってくれたのが今回の訪問先のお母さん。 次女は生後わずか11ヶ月で亡くなってしまったそうだ。 何が起こったのだろうか。

    Posted on 2018年03月20日
  • インド
    【インドのお風呂事情!!】インドで入れる日本式のお風呂が最高だった件。

    みなさん、インドでお風呂に入ったことがありますか?インドのお風呂は日本と変わらず、シャワーで汗を流してお湯にゆったり浸かるスタイルです。よくテレビで、川をお風呂代わりに入ってるインド人の映像が流れますが、そんなことは全くありません。さらに、ここインド・グルガオンでは、日本式のお風呂が入れるホテルがあります!体の芯から温まる40度のお湯!お風呂上りのヤクルトを飲みながらゆったり休めるラウンジ!今回はインドで入れる日本式お風呂を紹介します!   ...

    Posted on 2018年03月01日
  • ミャンマー
    貧困層に見るミャンマーの電力事情

    私がミャンマーのヤンゴンで暮らし始めた4月頃は、停電が毎日のように起きていた。 ミャンマーは水力発電が中心であるため、雨がほとんど降らない乾季(11月~翌4月)になると停電が起きやすい。 また、暑さが酷い3~5月はエアコンが多用されるため電力が不足し、殊に頻繁に停電が発生する。 最高気温が45度近い中での数時間におよぶ停電。うだるような暑さの中で、いつになるか分からない復旧をひたすらに待たねばならず、自分が日頃いかに電気に依存した生活を送っているのかを再認識した。 このように、ミャンマーでは最大都市ヤンゴンですら電力供給が未だ不安定だ。 貧困地域に至っては、そもそも電気が届いていない家庭も多い。 電気の有無は、人々の生活 ...

    Posted on 2018年02月20日
  • マレーシア
    毎年恒例、イーサン!~チャイニーズニューイヤーといえば~【突撃!隣の彼女の海外ライフ】

    旧正月真っただ中、街が真っ赤に彩られています。

    Posted on 2018年02月19日
  • シンガポール
    ダンディーが見た〜シンガポール〜

    世界各国飛び回っているダンディー。シンガポールでも様々なことを経験したようです。さて、どんなことがあったのでしょうか?

    Posted on 2018年02月16日
  • バングラデシュ
    まるでアイドル!お坊様のお誕生日会へ মহান গুরু ভান্তের জন্মোৎসব【突撃!隣の彼女の海外ライフ】

    1月は日本に一時帰国をしていましたが、2月に入ってバングラデシュへまた戻ってまいりました。いつも以上にカバンが重かったのも、今年いちばんに取り組んでみたい夢のプロジェクトを運んできたからです。 今回書くお話は、今から少し時間をさかのぼったものになりますが、これからは新プロジェクトについても徐々に伝えていけたらいいなと思っています。もちろん、バングラデシュ、チッタゴン丘陵地帯、少数民族、映画といった私の大切なキーワードに変わりはありません!   昨年末、「コジョイ パニ」(過去記事リンク)でランガマティ県を訪れた際、実は久しぶりの「はしご」をしました。お隣バンドルボン県へのはしごです。どちらもチッタゴン丘陵地帯、つまり ...

    Posted on 2018年02月14日