ABROADERS

  • HOME
  • バンコクでクリエイティブな週末を過ごすならここ!TCDC & AIS Design Center【突撃!隣の彼女の海外ライフ】

バンコクでクリエイティブな週末を過ごすならここ!TCDC & AIS Design Center【突撃!隣の彼女の海外ライフ】

Posted on 2017年09月21日
0
2341

以前はBTSの駅直結のデパート、エンポリアムの6階に入っていたTCDC。デザイン関係の書籍などがいっぱいあって、ゆっくりお茶したり、読書したいときに使っていた場所でした。去年に移転のために閉じてしまってから、かなり困っていたのですが、いよいよ新しい場所でリニューアルオープンしたので行ってみました。

TCDCとは?

TDCDは、Thailand Creative and Design Centerの略。タイ政府の運営する施設です。デザインやアートに関する書籍のライブラリーがあり、展示会やイベント、ワークショップなどを通して、タイでのデザイナー、アーティストなどクリエイティブ分野の人材育成に力を入れているよう。一般の人でも、カフェや展示スペースやパブリックスペースは利用できますが、会員になるとすべての施設を利用できます。日本の図書館をすごくおしゃれにした感じです。 


https://ck.tcdc.or.th/

落ち着いて読書や作業ができる

ライブラリーには、大きな机やカウンター席、ソファー席、予約制のミーティングルームなどがあって、勉強にも、作業にも最適です。会員になると、快適なwifi環境も使えます。日本の図書館だと飲み物も禁止だったりしますが、ここは5階にあるカフェのドリンクなども持ち込めるのも嬉しいです。


バンコクはおしゃれなカフェがたくさんあるのですが、休日などは結構混むのと、夜はあまり遅くまで空いているところが少ないです。ここはなんと10時半〜21時までやっているので、平日の仕事終わりにも使えそうです。

旧郵便局を改装したおしゃれな造り

旧郵便局を改装して作られていて、インテリアもとてもおしゃれです。屋上庭園があったり、ライブラリースペースも、ガラス張りの吹き抜けですごい開放感。私は日々ずっとパソコンと向き合う仕事なので、外の景色や緑を見ながら作業できるのはとても嬉しいです。チャオプラヤ川沿いなので、夕暮れ時は特別素敵な雰囲気になります...!

エンポリアムの上のライブラリーも利用可能

実は、もともとTCDCがあったエンポリアム6階のスペースも、ライブラリーとしてオープンしていました。通信キャリアのAISが運営に関わっているよう。TCDCの会員ならIDかざすだけで施設利用できました!ちなみに移転前は3000THBほどだった一般会員の年会費が、移転後は1200THBに(2017年8月現在)。しかも、エンポリアムのライブラリーも引き続き使えるなんて、、コスパ最強です。

経験した日: 2017年09月03日

Ambassadorのプロフィール


あき

1990年生まれ、仙台出身、立命館大学卒業。4回生時に1年間休学し、東南アジアをバックパックで回る途中、インドとカンボジアそれぞれでインターン。卒業後は、ITベンチャーに就職し、入社1年目でタイ現地法人の設立に携わる。2015年より自身の拠点もタイに移し、現地責任者として奮闘中。 また「はたらく、あたらしく」を考えるメディア Work Style Laboを立ち上げ、「既存の概念に捉われないはたらき方」を実現するため情報を発信している。

あきさんが書いたノート


タイ に関するノート