ABROADERS

  • HOME
  • 台湾旅行3泊4日!男性におすすめ台北厳選スポット5選!

台湾旅行3泊4日!男性におすすめ台北厳選スポット5選!

Posted on 2018年05月11日
0
8688

景美夜市の昔ながらのパチンコ台


ニーハオ! 台湾在住の吉本です。


今回は、台北3泊4日企画 最終章「男子3人アクティブ旅猿編」のご紹介です。近くて、安くて、おいしい台湾は、男性だけの旅行にもピッタリですよ☆


 


過去記事リンク:台湾旅行3泊4日!台北おすすめ王道モデルコース2018


過去記事リンク:台湾旅行3泊4日!インスタ映え台北スポット5選!


 


 

目次

淡水中学


・テーマ「初めての3泊4日台北旅行~男3人でアクティブ旅猿編~」


・【見る】映画の撮影もされたちょっと怖い写真スポット《剝皮寮》


・【見る】北側にはおいしいもの・面白いものがたくさん《淡水》


・【遊ぶ】超ディープ夜市は現地人の遊び場!《景美夜市》


・【食べる】王道の魯肉販といえば絶対ココ《金鋒魯肉販》


・【食べる】牛肉麺は、現地人が多い店へ行け!《永康牛肉麵》


・参考スケジュール


・おわりに


 


 

テーマ「初めての3泊4日台北旅行~男3人でアクティブ旅猿編~」

剝皮寮


雑誌やテレビで紹介される旅行情報は、女性向けのものばかり……。でも! 最近、男性だけでの旅行も珍しくはありません。私の知り合い(35歳以上)の方々も仲間で集まって海外旅行を楽しんでいる様子がFacebookでよく見かけます。子どものようにはしゃぐ姿は、女性にとっても、とても魅力的ですよね(笑)。


それでは、そんな素敵な旅猿たちへ贈る! 台北旅行での人気スポット、おすすめスポットを紹介していきます。


 


 

【見る】映画の撮影もされたちょっと怖い写真スポット《剝皮寮》

台北の中でも特にディープなスポットといえば、龍山寺周辺。


卸問屋の街「迪化街」がきらびやかな繁華街であるのに対し、古い建物が並び、ヤ〇ザの拠点があったりもする、実はちょっと治安が良くない萬華エリア。そのため夜は実はあまり勧められませんが、昼の観光地としては「ザ・台湾」な雰囲気が味わえます!


その中でも「剥皮寮」は、最近男性観光客に人気のスポットです。壁にイラストが描かれていたり、映画撮影に使われたセットがそのまま残っていたりと、レトロな雰囲気が絶好のフォトスポットになっているんですよ。


 


☆ポイント!
そんなディープな剥皮寮&萬華地区ですが、ここは有名なヤ〇ザ映画『モンガに散る(艋舺)』が撮影された場所。かなり昔の映画なので、風景が変わっているところもありますが、ぜひ鑑賞して事前学習してから訪れることをオススメします!


 


 

【見る】北側にはおいしいもの・面白いものがたくさん《淡水》

台北からMRTに乗って北へ1時間。終点にある「淡水」をご存知でしょうか?


そこは昔オランダやイギリスの宣教師たちが上陸したエリアで、台北市内と比べて、元オランダ、イギリス、日本の領事館として使われていたレンガの建物「紅毛城」があったり、キリスト系の大学「真理大学」があったりと、市内とはまた違った雰囲気が楽しめます。


ちなみに紅毛城周辺はドリンクスタンドがありませんので、淡水川沿いで飲み物をゲットしておいてくださいね。


また、世界で最も有名な台湾人歌手ジェイ・チョウ(周杰倫)の生まれ育った場所としても有名で、ジェイ・チョウの出身校でPV撮影にも使われたことのある淡水中学は、制限はあるものの一般開放されていて、今も使われている歴史ある木造校舎を見学できます。


 


☆ポイント!
淡水は魚介類が有名で、特におすすめはムール貝! 川沿いの「佘家孔雀蛤大王」というお店は老舗でとても有名です。また、他にも「海風餐廳」というレストランも新鮮な魚介類がリーズナブルに食べられますよ。おやつに路上で2ヶ所売られている、チーズカステラもオススメです。


 


 

【遊ぶ】超ディープ夜市は現地人の遊び場!《景美夜市》

夜市といえば、どこを思い浮かべるでしょうか? 士林夜市? 寧夏夜市? 実は私が個人的に一番面白い夜市だと思っているのは、台北の南にある景美夜市です! ここには、絶対と言っていいくらい観光客を見かけません。屋根があってちょっとほの暗く、迷路のように道がたくさん分かれている夜市。


それだけでもディープで楽しいのですが、夜市の中間には遊戯エリアがあり、ズラーッと並んだパチンコは1元で遊べてしまうんです。子どもたちと混じって試しに遊んでみてはいかが? 景品もさまざまで、盛り上がりますよ♪


 


☆ポイント!
遊戯エリアの先に食事エリアがあるのですが、そこの豆花やかき氷が格安でかつ絶品です☆
かき氷はトッピングし放題で、好きなだけ盛ってもせいぜい50元ほど、とリーズナブル。その奥にあるチャーハンもどれもおいしい、これぞ現地飯! リアルな台湾を感じたい方には、かなりオススメできる夜市です。


 


 

【食べる】王道の魯肉販といえば絶対ココ《金鋒魯肉販》

台湾料理といえば、肉そぼろの乗った「魯肉販(ルーローファン)」を連想する方も多いと思いますが、北と南で味が違うのはご存知ですか? 台北は比較的薄めの味付けで、南下するにつれて甘辛い味付けに具も大きくなっていきます。


私は九州出身だからか、南部のほうの味が好みで、友人が台北へ来る時は甘辛な金鋒魯肉販を紹介しています。ここはとっても人気店なので、現地人だけでなく観光客も多く、お客が絶えません。並ぶのは承知で行ってくださいね!


 


☆ポイント!
もし長蛇の列に耐えられなくなったら、もうひとつの私のオススメ甘辛魯肉販が、東門市場内ある「東門城滷肉飯」。ここもかなりの絶品ですよ! ここは午前~昼過ぎしか開かないので、行く時間に気をつけてください。ちなみにその隣にあるビーフンスープも美味☆


 


 

【食べる】牛肉麺は現地人が多い店へ行け!《永康牛肉麵》

牛肉麺は、中国料理ではなく台湾料理です。昔、中国大陸からやってきた軍人が大陸にあった料理を改良し、現在の牛肉麺になったと言われています。


私が勧めるお店は東門の永康街の西側にある「永康牛肉麵」。お昼時になるとサラリーマンでごったがえします。客層はほぼ男性。ちょっと辛めのスープでがっつり肉食な方にオススメです。


 


☆ポイント!
牛肉麺にも「清燉(薄めのスープ)」「紅燒(醤油ベースの濃い味付け)」「清湯(野菜や牛骨がベースの薄めスープ)」「川味(四川風の辛いスープ)」とさまざま。濃い味が好きな方は「紅燒牛肉麵」、辛いのが苦手な方は「清燉牛肉麵」がいいですよ。


 


 

参考スケジュール

淡水の、ムール貝のにんにく炒め


《1日目:移動と九份の日》
15:00 台北到着 ホテルチェックイン
16:00 ホテル出発
17:30 九份 ☆芋団子を食べて、レトロ提灯写真を撮る
20:30 鼎泰豐101店 ☆小籠包で王道台湾料理
21:30 通化街夜市 ☆定番夜市散策(コンビニで買ったビール片手に)
22:00 ホテルへ帰り作戦会議


 


《2日目:郊外へ遠出探検の日》
09:00 金峰滷肉飯 ☆朝から魯肉販を
10:00 台北出発、MRTに乗って淡水へ
11:30 淡水到着 散策開始!
12:00 佘家孔雀蛤大王 ☆ムール貝のニンニク炒めを食べる
13:00 ドリンクを購入し、散策再開
      馬偕の銅像→キリスト教教会→淡水中学→真理大学→紅毛城
15:30 淡水川を見渡せるカフェ休憩
16:30 淡水駅を出発して、台北へ戻る
17:30 台北到着
18:00 ホテル休憩
19:00 長安東路一段 ☆台北駅裏の台湾居酒屋街で現地飯
20:30 森林北路 ☆台北イチの繁華街で飲直し(駐在員のたまり場)


 


《3日目:市内観光&お土産の日》
10:00 周記肉粥店  ☆地元の人と一緒に肉粥と紅燒肉を食べる
11:00 剥皮寮 ☆写真スポットで遊びまくる
12:00 龍山寺 ☆占いをしてみる
13:00 永康牛肉麵 ☆がっつり紅燒牛肉麵を食べる
14:00 永康街 散策
15:00 迪化街 散策
      カラスミやドライフルーツをお土産買い
      かき氷やカフェで休憩
16:00 ホテルへ戻って荷物を置く
17:00 台北からMRTに乗って景美駅へ
17:30 景美夜市 ☆夜市散策
      パチンコゲーム、エビチャーハン、トッピングし放題かき氷!
20:00 台北市内へ戻り、マッサージで疲れを癒す


 


《4日目:帰国の日》
10:00 ホテル or 近くの朝食屋さんで朝食
11:00 パッキングと整理
12:00 チェックアウト
12:30 台北駅→桃園空港:バス移動(所要時間90分)


 


 

おわりに

景美夜市の食べ物街


いかがでしたでしょうか。


今回は、男性が好きそうながっつり系、アスレチック系(?)路線でまとめてみました。私自身かなり男勝りな性格で、おしゃれカフェやショッピングも嫌いではありませんが、今まで見たことのないような場所、ちょっとドキドキする冒険にも強く惹かれます。映画インディー・ジョーンズも大好きです(笑)。


私が好きなワクワクするような場所ばかりをチョイスしてみました。現地の空気を肌で感じて、日常からちょっと冒険気分で台湾を見てみるのも楽しいですよ^^


 

経験した日: 2018年05月12日

Ambassadorのプロフィール


RIE

一人旅で訪れた台湾で「ここに住もう!」と決意し、猛勉強、お金を貯めて移住しました。旅や探検が大好きで、台湾だけでなく東南アジアにも頻繁に旅しています。

RIEさんが書いたノート


台湾 に関するノート