ABROADERS

【日本人】に関するノート一覧

  • シンガポール
    シンガ在住者必見!シンガポールでの友達の作り方6選

    皆さま、はじめまして! シンガポール在住3ヶ月目のLisaです。念願だった海外就職の夢を叶え、シンガポールでの生活にも慣れてきました。 まず、私の経歴について簡単にお伝えします。1996年東京生まれで、英語の勉強は中学生から始めました。その頃ハワイに家族旅行で行ったのが初海外で、そこで海外への憧れを抱くようになり、大学にてアメリカ、オーストラリアへの留学&15ヶ国へ旅行。オランダと日本で就活した末、新卒×海外という軸でReeracoen Singapore へ就職しました! さて今回、シンガポールでの気になる出会いについて、お伝えできればと思います!海外就職、お仕事、孤独な週末……いろんな ...

    Posted on 2019年09月04日
  • ベトナム
    知ってる?ベトナムの首都ハノイ!住んでみた感想と、現地基本情報

    はじめまして。ベトナムのハノイで暮らして9ヶ月の山士家(やましげ)です! 突然ですが、皆さんベトナムの都市といえば、どこを思い出されますか? たいてい、観光地としても大人気のホーチミンですよね。分かります(笑)。でも、ベトナムの首都って実は「ハノイ」なんです。   まずはハノイの基本情報から!ベトナム北部に位置する都市で、日本からのフライトでは5時間程度で着く。ホーチミンが同国の経済中心と言われるのに対し、ハノイは政治の中心地。時差は日本のマイナス2時間です。 ただ、ハノイと聞いても思い浮かぶものが何も出てこないというのが実情……。私は以前、2年間タイに住んでおり、会社に希望を出してハノ ...

    Posted on 2019年05月27日
  • インドネシア
    インドネシア・ロンボク島でゲストハウスを営む女性にインタビュー!勤務先の倒産からの転機とは…?

    右に座るのが、さださん 皆さまこんにちは! 先日、初インフルエンザにかかって3日間で4kg減り、その後見事V字回復した岸野 彩花です。 昨年末に、元派遣先のロンボク島を再び訪れた際には、大好きな生徒たち・お世話になった人々とうれしい再会を果たしました。実は帰りにはトラブルがあり、日本に帰れなくなって泣いたのですが……それはまた別の機会にお話しますね。   弾丸旅の中で、現地で人気のゲストハウスを営む、さだとき かおりさん(通称:さださん)に面白いお話を聞くことができました。さださんは、元銀行員。優しい笑顔でみんなを癒し、元気な息子さんふたりを育てるさださんがロンボクに移住するまでには、ド ...

    Posted on 2019年02月14日
  • 台湾
    【台湾医療事情】台湾で病気になった日本人におすすめしたい病院3選

    歯医者と皮膚科の看板   你好! 台湾在住の吉本です。 日本と比べると南国なイメージのある台湾ですが、12月~3月あたまは気温が下がる時期。私の住む台北は湿度が高く、さらに気温の変化が激しいので、日本と同様に台湾でも風邪やインフルエンザになる人が続出しています。私も先月、発熱と腹痛で病院にかかってしまいました。 そこで今回は、台湾の病院事情をご紹介します。     ...

    Posted on 2018年03月26日
  • タイ
    日本人のタイ転職市場は大きい?タイ転職した著者がタイの働き方を語る

    最近タイで転職した日本人著者が、日本人のタイ転職市場を、昨今の感触を交えてまとめてみます。 日本でも徐々に転職がポジティブな意味合いで受け入れられるようになってきているようですが、それ以上のスピードでグローバルな環境がどんどん流入してきて、競争相手が従来は社内、はたまた国内だったのが、今や世界……という風潮になってきているのを感じます。 タイは観光業や農業のイメージが強いですが、実は製造大国でもあり、世界中の製造業が集結しています。そんなタイは実にさまざまな国から人が集まる、日本以上にグローバルな環境であり、今後その勢いは更に高まるのではないかと思います。 ...

    Posted on 2017年09月25日
  • タイ
    タイで暮らして5年。70年前の書籍『菊と刀』から気づく、自分のルーツと世界との差

    かれこれ海外で生活して5年が経過しました、つっちーです。5年も海外で生活をしていると、たとえタイとはいえど、さまざまな世界を垣間見ることができます。 首都バンコクでは、ローカルの町並みに市井の人々と外国人が住んでいたり、もはや日本人居住区と名高いプロンポン地区、アラブ人街で中東の香りが漂うナーナー駅周辺、一歩足を踏み入れば90年代の香港のようなヤワラート・チャイナタウンなど様々な人で入り乱れています。 人種別でなくとも、階級、セクシャル、思想、宗教等、ここバンコクはさまざまな場が用意されていて、各人が自然ににおいを嗅ぎ分けて自分の応分の場(落ち着く先)を見つけることができる街だと感じます。    海外に初 ...

    Posted on 2017年06月23日
  • ベトナム
    ベトナム就職した日本人たちの生の声をお届け!若者たちはなぜ海外を目指すのか

    こんにちは。 以前の記事で予告したように、私の知人2名に、海外就職までの経緯や現在、将来の展望についてヒアリングしたので、今回はそれをまとめてお届けします。 現地で働く日本人たちのリアルな声を知って、ご自分の海外就職の参考にしていただければ幸いです。 ...

    Posted on 2017年03月16日